STAY MINIMAL

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ヴィクトリアマイル2016の単複競馬予想【単複一点プロジェクト2016】

競馬・馬主ライフ

スポンサーリンク

今回は2016年5月の2週目、京王杯スプリングカップ、ヴィクトリアマイルの重賞予想と単複一点プロジェクトをまとめていきます。重賞は基本予想、G1レースは全頭考察、単複一点プロジェクトで今週の買い目を紹介していきます。

あくまでも個人的な意見と価値観で予想しております。「参考」程度にご自身の予想に役立ててもらえると嬉しいです。

先週のNHKマイルカップは前が止まりませんでしたね。メジャーエンブレムが桜花賞の雪辱を果たした形ですが、あれだけ大外回して迫ってきたロードクエストに僕は今後注目していきたいと思っています。

確実に伸びてくるサトノアラジンが重賞勝利する/京王杯スプリングカップ

まずはいつも通りデータを分析しておきましょう。

  • 1、2、8枠で勝利馬はなし
  • 6枠3-2-1-14、7枠4-1-2-17で他の枠より好成績
  • ローレルゲロイロ産駒は3-0-1-2で注意必要→アイライン
  • 差し馬の戦績が圧倒的に多く、追い込み馬の勝利馬は0
  • 斤量は56、57kgが最多連対で狙い目、58kgでの勝利馬は過去1頭のみ
  • 5歳世代が圧倒的に強いが、4歳でも勝利馬はいる。上は8歳まで幅広い

気になる馬を紹介していく。

まずはエイシンスパルタン(栗東坂路不良50.7-37.0-24.2-12.2)一番時計。半年以上の長期連休明けだった2走前は危なげ無く勝利し、そのまま前走でオープンを勝利。もともと力のある馬だと思っていたけど一気に重賞まで駆け上がってきた印象。ただ、マジックタイムやダンスディレクターとはクラス時に戦った実績がある。今回のペースと展開次第だがレースの重要な鍵を握る。

オメガヴェンデッタ(栗東坂路不良52.8-38.3-24.7-12.0)も連対して安定した戦績でここまできている。前々走は着外だったけどやっぱり久々というのもあったんだと思う。阪急杯のレベルは決して高いとは言えず、あの時の調教と比べると今回の調教は前回よりは若干割引か。

クラリティスカイ(栗東P良64.7-49.6-36.2-11.4)はG1馬だけど6ヶ月の休み明けがどう響くのか。東京コースは2-0-0-1と相性抜群だが、1400mは未体験。

サトノアラジン(栗東CW不良67.2-52.3-38.4-11.5)もかなり力をつけてきている。香港への遠征では結果を出せていないけど、今回はまた上位に食い込む可能性はある。川田騎手はこのレースで一番の戦績を残しているだけに期待感は高まる。枠順も問題ない。

ダッシングブレイズ(栗東坂路不良53.4-39.0-24.8-12.1)は浜中騎手との再コンビ結成。内ラチ沿いはもう攻めないだろうから今回こそはしっかりと進路を確保して突き抜けてほしい。能力的にはサトノアラジンとほぼ同等と見ているけど、こちらの方がパワーがあるタイプという感じがする。スピードに乗せるまでが長いため、ちょっと後ろで競馬してしまうと届かないかもしれない。さらに大外枠を引いたことで買いづらくなってしまった。

プラヴィッシモ(栗東坂路不良51.5-36.7-24.2-12.5)は血統的な面でも期待感はある一頭。まだ十分な結果を残せていないので手は出しづらい。阪急杯を見てもちょっと能力的にまだ重賞級ではない印象は受けた。

ロサギガンティア(美浦南W不良69.4-53.1-39.3-13.0)は戦績が素晴らしくレベルの高かった阪神カップでしっかりと勝ちきっている。デムーロが乗るのも頷けるが、今回は休み明けがどう響くか?調教の動きを見ると…うーん。

ローレルゲロイロ産駒のアイラインも念のため穴馬として押さえておくべきか。枠順といいかなりいい条件が整っている印象。

京王杯スプリングカップ 展開予想

当日の天気予報は晴れ時々くもり、おそらく良馬馬で迎えられるだろう。当日の1R〜10Rまでを観察してみないとまだ分からないが、今年の5月の東京コースは前回までは逃げ・先行でもしっかりと前に残れるコースになっている。今回は後ろから差しにいきたい馬が多いため、おそらくスローペースになることが予想される。馬群が凝縮された形で4コーナーから直線へ。枠順のごちゃつきからすんなりと抜け出せる3枠以上、データから見てもできれば6、7枠に入った差し馬を狙いたい。

先頭はエイシンスパルタン、内側でそのまま粘り込み。スローの影響もあって差が縮まらないが、調教の動きが良く粘り込めればそのまま上位に食い込む可能性がある。瞬発力が高くすんなり抜け出してこれた馬、長く脚を使える持久力のある馬が1着の上位争いをするのではと思っている。

となるとここ近走で確実に差しで3Fタイムの上位を出し続けている馬をピックアップしておく。

まずはダッシングブレイズ。

f:id:kei_ta1211:20160512204921p:plain

競争中止になった前々走以外の近走で上がり33秒台を確実に出している。プリンシパルSは距離2000mのため無視していいだろう。東京マイルコースで2-0-0-1と抜群の相性。前走の勢いも一番あった。

サトノアラジン

f:id:kei_ta1211:20160512204837p:plain

この馬の魅力はとにかく大崩れなくしっかりと伸びてこれている点。どんな位置取りでも競馬ができるのが最大の魅力。安定感は間違いない。

もちろん、ペースがかなりのスローに落ち着けばエイシンスパルタンが浮上してくるがここは戦績の安定しているサトノアラジンを本命にする。ダッシングブレイズは応援したかったけど、大外枠を引いてしまったので今回は1着予想はしない。

◎サトノアラジン

◯エイシンスパルタン

▲ダッシングブレイズ

△ロサギガンティア

×プラヴィッシモ、アイライン

しかし、平凡な予想になってしまった…

ちなみに穴予想をすると

◎クラリティスカイ

◯サクラゴスペル

△アイライン

でもやっぱり先行馬がいないのでこれにエイシンスパルタンは関わってくるんですけどね。

→サトノアラジン、1着。単複頂きました。しかし、短距離適性を見せる快勝でしたね。川田騎手、相変わらずイケメンやw

ヴィクトリアマイル 全頭考察

まだ歴が浅いためあまりデータは参考にならないかもしれないが、どういうレースなのかという部分は押さえておきたい。

  • 4、5枠は勝利馬なし。中団は揉まれる?
  • 種牡馬別の勝率上位はハーツクライ、ディープインパクト
  • 前走重賞組が上位、1400mからの距離延長でも戦績は良い
  • 4、5歳が連対率高く、8歳以上は勝利・連対なし
  • 脚質の勝利数は差し・先行・逃げの順、東京コースは前有利なので先行勢が有利か

外枠でも上位に来ているため、枠順での有利不利は考えずらそう。圧倒的な勝利数を上げるディープ産駒は確実に押さえてハーツクライ産駒も注意。前走重賞組で好走している馬を軸に選びたい。

ウインプリメーラ B+

ステイゴールド産駒。川田騎手 (栗東坂路不良55.3-40.1-25.5-12.4)。安定感のある走りは見せているけど右回りの京都と阪神での戦績がほとんど。東京のマイルはアルテミスSで3着の実績があるので全く適性がないとは言えない。1枠というのも今の東京にとってはプラス材料。調教の動きはまずまずだけど前々で粘ればしぶといので安易に外すことはできないだろう。

スマートレイアー A+

ディープインパクト産駒。武豊騎手(栗東坂路不良52.5-38.2-24.9-12.6)。ここにきて本格化した感があり初のG1タイトルも十分にあり得る。調教中、レース中の力みが無くなってきたとのことで落ち着いたレースと勝負どころまで待つことができるようになったのが最大の成長だろう。今回ももちろん上位争いは確実。

シャルール B−

ゼンノロブロイ産駒。横山騎手 (栗東坂路不良53.6-39.0-25.1-12.4)。調教はしっかりと動けていた。横山騎手も心強いが実績がまだないのとマイル距離適性については疑問なので評価を下げた。

ウリウリ B+

ディープインパクト産駒。三浦騎手 (栗東芝やや重51.7-37.9-11.8)。弟にマカヒキがいる。三浦騎手に乗り替わるのが吉と出るかどうか。ディープ産駒で去年までは安定したスピードがあったし、何より牡馬との戦いをした中でそれなりの結果を出しているのが牝馬限定戦では強みになる。気になるのは今年に入ってから戦績がさっぱりなこと。それだけ気がかりだが能力は持っているし調教の動きも良かった。

レッドリヴェール C

ステイゴールド産駒。石川騎手(栗東坂路不良52.4-37.9-24.3-12.0)うーん、やっぱり戦績が残せてない馬はちょっと様子見した方がいいかもしれない。ちょっと調教にも勢いが感じられなかった。

マジックタイム A

ハーツクライ産駒。ボウマン騎手(美浦南W51.5-37.7-13.1)サンデーサラブレッドクラブ。東京マイルは走るし、力を徐々につけて差す競馬を覚えているので展開次第では注意したい1頭。

ルージュバック  B+

マンハッタンカフェ産駒。ルメール騎手(美浦南W不良51.4-36.6-12.8)。実はマイルで戦績を残せてない。調教の動きから確かに力強さは感じるけど今回は少し静観したいと思う。東京コースは合うと思うし枠順もいいけど連下までかなという印象。

メイショウマンボ C 

スズカマンボ産駒。武幸四郎騎手(栗東芝やや重49.3-36.5-11.9)実績は出せてないし買いづらい。

カフェブリリアント  B

ブライアンズタイム産駒。福永騎手 (美浦南Wやや重55.2-39.9-12.5)。血統はかなり渋い。ブライアンズタイムは渋とく長くいい脚を使えるので侮れない。戦績は正直、他の牝馬たちに劣るけど調子のいい福永騎手というのがかなり引っかかる。上手く流れ込めれば掲示板には食い込めるかもしれない。

ミッキークイーン S

ディープインパクト産駒。浜中騎手(栗東CW不良53.3-38.2-12.2)。いい枠順を引けましたね。広い東京コースでの競馬ならチャンスは十分だし調教の動きも抜群で調子の良さはかなりよさそう。当日の状況も確認しておきたいけど、今競馬をやらせれば確実に能力と調子では1番と言ってもいいだろう。

レッツゴードンキ A

キングカメハメハ産駒。岩田騎手(栗東坂路不良52.3-38.3-24.6-12.3)。東京マイルは走っているし、戦績を見てもやはりマイラーなのではという印象は受けた。牝馬限定戦の今回は少し見直しが必要か。岩田騎手がどんな競馬を仕掛けるかだが、土曜日開催は3勝でかなり調子良さげ。調教の動きも良く、今の東京コースも合う。ちょっと不気味な存在。

クイーンズリング B

マンハッタンカフェ産駒。Mデムーロ騎手 (栗東坂路不良52.7-38.5-25.0-12.5)。マイラーとしての資質があるのかは疑問だし、東京コースが合っている馬だとも思えない。でも騎手も魅力的、調教の動きも抜群であれば自然と上位争いに持ってこれるだけの能力があるのではないかと感じてしまう。しかし前走を見る限りは爆発的な末脚を持っているというより、競馬が巧いという印象がある。力の比べ合いになる今回のレースではどうだろうか。

ストレイトガール A-

フジキセキ産駒。戸崎騎手(栗東CW不良49.9-36.9-12.1)。去年のこのレースの覇者でもあり、2連覇がかかる。実績としては全く侮れないし、確かに相手関係は強化されているけど安易に軽視もできない。調教の動きもいいし今回は立て直してくる可能性は十分。

ウキヨノカゼ B− 

オンファイア産駒。四位騎手 (美浦南W不良51.8-38.5-13.2)。スプリントでは抜群の切れ味を持つ馬だけど、実は新馬戦のころは東京マイルのクイーンCで1着になってる。もともと実力のある馬だし軽視はできない。ただ調教の動きが微妙だったのでBとさせてもらった。

ショウナンパンドラ A+

ディープインパクト産駒。池添騎手(栗東坂路不良54.8-39.3-25.5-12.5)。前走の大阪杯はあれだけの休養明けで3着と好走。馬体重が増えたことで走りに安定感が増した印象。じっくりと乗り込んでいてちょっと不良だったけど調子は落としてない。やはり課題はマイルへの適応になりそう。過信は禁物だがすんなり1着もあり得ると思っている。

シュンドルボン A-

ハーツクライ産駒。吉田豊騎手 (美浦南W不良51.3-37.7-12.6)。中山牝馬Sは抜群の切れ味で1着。もともとは条件戦でずっと戦っていたが去年から一気に力を付けてきた。吉田騎手もゴールドアクターに加えて牝馬戦線でもいい馬を手に入れていると思う。今回は距離の短縮となるけど、マイル実績は持っているし今の実力であれば面白いと思う。

トーセンビクトリー C+

キングカメハメハ産駒。内田博幸騎手(栗東CW不良54.1-39.4-11.9)。オープン実績なし。調教は良かったけどどこまでやれるか。ただ、血統的には超一流なので一発は秘めているかもしれない。

ショウナンアデラ C

ディープインパクト産駒。蛯名騎手(美浦坂路やや重55.5-40.7-26.4-12.9)。1年半前に阪神JFを勝って以来の競馬。いきなりG1での復帰となるが、やはりまだ復調という感じの調教内容だった。いきなり上位を期待するのは少し難しいかもしれない。今回のレースをステップにまた次への期待を込めて今回はバッサリと切ります。

 

本命はやはりミッキークイーン。5枠の勝利馬はいないが、まだ歴史が浅いので気にする必要もなさそう。復帰した浜中騎手がどういう競馬を見せるかだけど、能力的に言えばG1勝ちはおかしくない。押さえておきたいのはストレイトガール、マジックタイム、シュンドルボン、スマートレイアー。マイル実績のないショウナンパンドラ、ルージュバックは少し割引で見ている。

穴としてはレッツゴードンキ、カフェブリリアントあたり。

NHKマイルカップの展開予想

2016.5.15更新

 前に行きたい馬もそれなりにいるのでミドルあたりの平均ペースで刻むのではないかと予想している。後ろの差し脚を活かす展開にはなると思うけど、先週からの東京コースならある程度早めに先行して仕掛けた馬でも粘れるのかもしれない。一瞬の切れ味を持った馬はやはりディープ産駒だとすればミッキークイーン、ストレイトガール、ショウナンパンドラあたりだろうか。

前で競馬したい馬がいないため、ウインプリメーラ、スマートレイアー、レッツゴードンキあたりが自分たちのペースで走る。そのまま馬群が固まった状態で4コーナーまで向かうと差し馬たちが一気に仕掛けるのがおそらく400mあたりの早めのタイミング。前を行く3頭はそのまま追い比べ。レッツゴードンキスマートレイアーが粘り込み、今の東京コースを活かして200m手前くらいまでは接戦になるか。すんなりいければウインプリメーラも絡んできそう。だと思ったけど、東京コースは差せる馬場になってきている。先行馬に対する過信は禁物そうだ。

それから後方から一気に差し込んでくるミッキークイーンストレイトガール。去年のこのレースを見る限り、ストレイトガールの瞬発力はやはり軽視できない。そしてやっぱりディープ産駒の切れ味を持つミッキークイーン、ショウナンパンドラがスローペースでも上位に食い込んでくる可能性が高そう。基本的には能力の高い馬がそのまま上位に来そうな展開を予想している。本命は調教が抜群だったミッキークイーンにした。

ハーツクライ産駒の2頭も見直しする。大型馬で東京適性の高いシュンドルボン、ここ2走から一気に勢いに乗るマジックタイムを予想印にあげる。

◎ミッキークイーン

◯ショウナンパンドラ

▲シュンドルボン

△ストレイトガール

△マジックタイム

×スマートレイアー

荒れるレースと言われるヴィクトリアマイルだけど、上位人気馬の実力馬たちがやはり能力通りに通用するレースだと予想する。

あとはルージュバックをどう扱うかがポイントになりそうだけど、やっぱりマイラーではない気がして仕方ない。

単複一点プロジェクト予想と結果まとめは記事の一番最後に掲載しています↓

これまでの過去予想結果について

f:id:kei_ta1211:20160512214655p:plain

僕はこれまでの自分の予想については前述の通り無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】 を使ってまとめています。自分で予想印をつけると勝手に勝率、連対率、複勝率を自動計算してくれます。

基本は単勝・複勝の回収率が乗ってきます。これは単複を予想の基礎にしている僕だからこそ合っている方法かもしれませんが、予想した馬がどのくらいの勝率、連対率、複勝率を上げているのかが一目でわかるしかなり役立ってる。通算回収率も単勝回収ならまだまだ100%超えてるし、過去の自分の予想で何が悪かったのかを分析するのに役立ててますこれすごく大事。

僕は"STAYMINIML"というユーザーネームで使ってます。よければ探してみてね。応援宜しくお願いします!

単複競馬予想の独自ルールや参考にしてる情報サイトなど

予想に関する独自ルールについては別記事にて詳しくまとめています。私の馬に対する思い、予想方法、過去の回収率などをまとめています。時間があれば覗いていってね。

▶︎独自の単複一点プロジェクトのルールとこれまでの回収率まとめ - STAY MINIMAL

▶︎【競馬】自分の単複の予想理論について割とガチで考えてみる - STAY MINIMAL

単複予想については独自の買い理論、直感、そして各馬の調教の動きや4前走を見る現物主義で成り立っています。1頭を全力で応援する形で単複という方法をとらせてもらってますが、やはり人気馬ではなくある程度の穴馬を狙いに行くことも必要なのではと最近は思ったりもします。このあたりは徐々に考え方が変わっていきそうです。

引き続き皆さんの予想方法も参考にさせて頂きます。いろんな考え方を吸収していきたいと考えています。

競馬の予想で有益な情報として参考にさせてもらっているサイト


日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

元ジョッキーの佐藤哲三さんの印は毎回確認するようにしてます。騎手ならではの視点から展開と馬の能力を総合的に見た予想はかなり参考になる。他にも、厩舎からの生の情報が発信されてたりメインレースの調教採点、データのみに則った「データの達人」なんかもめちゃくちゃ参考になる。


無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

これは僕個人の競馬の回収率計算なんかでも使ってます。自動で計算してくれるし、無料だし、なにより他の個人で予想されてる方々の予想を知ることもできます。競馬新聞だけの情報だと絶対に予想や考え方が偏るのでこういう正当派なサイトも一つ持っていると強い味方になってくれる。


ハイブリッド競馬新聞

これはたまたま本屋で購入した京大式 推定3ハロンEXという本から知ったサイト。独自のテンと上がりを元に指数を割り出して馬の能力を見定めることに特化している競馬新聞。個人の思い入れとか無しにこういう数字だけの無機質な情報って自分の予想にとってはかなり役に立ちます。


▶︎|坂路調教タイムデータSTF

毎週、水曜日と木曜日に行なわれている坂路調教のタイムを集めているサイト。好タイムを出している馬順、出走予定の馬で好タイムを出している順などにまとめてくれていてかなり参考になる。出走馬限定、3歳限定とかでフィルタかけれるので、例えばめちゃくちゃいいタイム出してる馬がいたら狙い目要注意としてマークしたりしている。


 

単複一点プロジェクト予想

サトノアラジンでまずは勝負してみる。ヴィクトリアマイルは混戦で正直どの馬がやってくるか予想がつかない。サトノアラジンが今回の斤量なら上位争いは十分可能とみた。単勝2000円、複勝1000円(キャリーオーバー3000円)

サトノアラジン1着でした。やりました。日曜日はじっくりと静観しておくことにします。

5/14総予想まとめ→http://klan.jp/u02/45107?date=20160514

5/15総予想まとめ→http://klan.jp/u02/45107?date=20160515

単複一点プロジェクトのこれまでの回収率

2016.5.13(金)時点での単複一点プロジェクトの回収率をまとめました。

f:id:kei_ta1211:20160513195023p:plain

なぜ、あれほど本命に押していたメジャーエンブレムでいかなかったのか…自分でも笑いが止まりません。完全にレース選びをしくじっていますね。ここから鍛え直さないとなぁ…

土曜日はサトノアラジンを取りましたのでまた1勝を積み重ねられました。

 

最後までお読み頂き、ありがとうございました。