STAY MINIMAL

空飛ぶスパゲッティモンスター教って何?目的や活動をまとめてみる

アメリカ発のパロディ宗教が熱いらしい

Church of the Flying Spaghetti Monster

ぶっ飛んだ国アメリカで一つ面白い宗教があって知らなかったので紹介しておく。その名も「フライングスパゲッティモンスター教 "Church of the Flying Spaghetti Monster"」通称でFSM。日本ではスパモン教と言って、スパゲッティの形をかたどったバケモノを信仰する宗教。

こいつね↓

f:id:kei_ta1211:20170628154357j:plain

出典:https://www.venganza.org/

この宗教のことを一言で言えば屁理屈ですわ。

発端は2005年にカンザス州の教育委員会の人たちが唱えたインテリジェント・デザイン説という理論。

宇宙自然界に起こっていることは機械的・非人称的な自然的要因だけではすべての説明はできず、そこには「デザイン」すなわち構想、意図、意志、目的といったものが働いていることを科学として認めよう』という理論運動

Wikipedia参照(インテリジェント・デザイン - Wikipedia

んーなんだか説明書きを見てもよく分からんけど、結局は「人間って神様が作り出したって時代遅れじゃない?ダーウィンの進化論にもあったろ?サルとか、いわゆる神様じゃない知能が高い誰かが進化していく過程で作られたんじゃね?」という理屈を押し通すための理論。

こんな意味の分からない理論(インテリジェント・デザイン)が正式に通るのであれば、フライングスパゲッティモンスター教という教えもまかり通るだろ?という皮肉を込めて作られている。

つまりは、人間は神様によって造られたことを肯定したい、否定するならスパモン教も宗教として認めろ、って感じかな。

本気で頭がおかしくなっている訳ではなく、あくまでもダーウィンの進化論からくる理論にケチをつけるためのもの。とはいえ、ここまで本気の宗教団体みたいなグループを作ってしまうところにアメリカの凄さというかくだらなさを感じる。

 

今現在は何人2015年前後に一度盛り上がったが、Facebookページは2017年になった今でも更新が続けられている。

Facebookページもチェックすべし↓

 

日本でもスパモン教へ入信は可能



スパモンJPNはもちろん、 信じられないほど薄くて軽い教義。 でも、パワフルであらゆることができ、 耐久性に優れ、使うのが楽しく、 バッテリーが1日中持続するように インテリジェントにデザイン されています。 ただ篤くて重いだけの宗教との 明らかな違いが、そこにあります。 スパモンJPN公式ホームページより

日本でも面白がった2000人近くが入信しているとされ盛り上がりを見せている?らしい。フライングスパゲッティモンスター教の日本支部でも2017年に公式ホームページが作成されている。(wixによって)

興味があれば確認してみてほしい。

ちなみに、アメリカのボビー・ヘンダーソン師によって公式に認められているらしいが、日本は日本独自のロゴを用いておりフライングスパゲッティモンスター教として何をしているのかは全く不明。その国々によって活動目的などは異なるようだ。(日本国内だと敵がいないので当たり前なんだけど)

公式ホームページでは以下の活動が紹介されている。

  • インターネットを中心に活動
  • 各種メディアからの取材
  • グッズ開発と販売
  • 悩み相談
  • 不定期パーリナイの開催

ちなみにほとんどの活動は信者以外でも参加が可能とのこと。いわば、一種のサークル活動化していると言える。

洗礼(お風呂)→ミドルネームもらう→信者、という流れ。

ミドルネームは以下の福音書から抜粋されるか、自分の好きな麺類を入れてもいいらしい。

タロウ・ペペロンチーノ・ヤマダ、てな感じになるってことかな。 ちなみに麺類は色とりどりで選べて、パスタ系・そば系・うどん系・ラーメン系となんでもありみたい。お気に入りの麺類を自分のミドルネームにしよう。

ちなみに、日本のスパモン教における活動目的は「世界平和」のためらしい。広義すぎるな・・・

出会いを求めて入りたい方は門を叩いてみては?

ちなみに、アメリカの正式団体への加入は怪しい金色のスパゲッティモンスターのシールが貼られた証明書を25$で購入する必要があるらしい。(金取るんかい)

主な教義について

以下、スパモン教の教義についてまとめてみる。

  • 宇宙は空飛ぶスパゲッティ・モンスターによって創造された。これは空飛ぶスパゲッティ・モンスターが大酒を飲んだ後の事だった。
  • 最初に創造したものは、山、木々、小人一人であった。
  • 進化はスパゲッティ・モンスターのヌードル触手によって推進されたことを示している。
  • 宗教上の祭日は毎週金曜日である。
  • 天国にはストリッパー工場とビール火山が約束されている。また、女性やゲイの信者のための男性ストリッパーも存在している。
  • 地獄はビールの気が抜けていてストリッパーが性病持ちであるという事以外天国と同じである。
  • 祈るとき、「アーメン」の代わりに「ラーメン」と言う
  • ヌードルはスパゲッティ・モンスター神の触手を象徴する聖なる食物である。
  • スパゲッティ・モンスター神が存在しないという明確な証拠さえ提示されるのであれば、スパゲッティ・モンスター神が存在しないという事さえ否定しない。
  • 教祖や教団にお布施をする代わりに、そのお金は「貧困をなくす」、「病気を治す」、「平和に生きて、燃えるように愛して、電話の通話料を下げる」のに使う。

色々と書いてあるけど、結局はギャグだってことに尽きる。

ギャグに満ちた活動事例

フライングスパゲッティモンスター教ってそもそも何が目的で作られたのか、については先ほど説明した。否定のための皮肉でここまで表立って活動できるのってやっぱりアメリカ人の気質というか、日本人には到底できないと思うし、理屈と宗教観があってこそ成り立つものだと思う。

あとはアメリカ人独特のジョークなんだろうけど。

一番話題になったのが運転免許証の顔写真にザルをかぶった顔を載せることを正式に認めさせたことだ。

f:id:kei_ta1211:20170628163928j:plain
出典:Church of the Flying Spaghetti Monster

免許証の写真を撮るときに頭にザルをかぶることは宗教上の理由によるものだ、と必死で訴えアリゾナ州でついに免許証のザルかぶり顔写真を載せることに成功している。これは公式ホームページの中でもビッグニュースとして書き込まれて話題になったみたい。

ニュージーランドではパスタ婚が行われる

ニュージーランドで世界初の「パスタ婚」をとりおこなった「空飛ぶスパゲティ・モンスター教」 | クーリエ・ジャポン

スパゲッティモンスター教として世界初の結婚式も話題になる。

結婚指輪はパスタ製、誓いの言葉は「パスタを茹でる時には必ず塩を入れることを誓います」、などなど。ただ、言ってることはそこまで理屈抜きのジョークではなくてある意味正論でもある。

教団の創始者ボビー・ヘンダーソンは、ほとんどの結婚式がいまだに宗教と行政とから自由になれないのはおかしいと主張する。 「普段は宗教とほぼ無縁なのに、結婚となると強迫観念のように伝統的なキリスト教の挙式をするのは悲しいことです。パスタ婚をする人々が幸せを感じてくれたら素晴らしいし、そういう彼らを非難しないでもらいたいね」

「私は天地創造を実際に見たわけではありませんが、それは他の宗教も同じです。だから、私たちの神の信憑性も、他の神と大差ないのです」

確かにこの引用はちょっと考えさせられるかも。日本でも結婚式になるとキリスト教スタイルで教会での挙式が普通。儀式的であることは否定しないし、そうじゃないと身が引き締まらないのかもしれないけど、本来は「新しい家族を交えて楽しく幸せに暮らすこと」でもある。

パスタ婚、スパゲッティモンスターなど興味なし・馬鹿馬鹿しいと言わず、考え方や価値観を広げるための一つのアイデアなのかもしれない。

お祈りを捧げるときはこの手の形で「ラーメン」

f:id:kei_ta1211:20170628170144j:plain
出典:FSM Prayer « Church of the Flying Spaghetti Monster

お祈りを捧げるときの合言葉は「アーメン」ではなく「ラーメン」だ。お間違えなく。これは正直、お世辞にもちょっとダサいかな。

 

ここまでくるともう人生楽しむのって何でも有りだなって思う。

ただし、何があっても「宗教上の理由によるもの」だ。 

ギャグ信仰で皮肉る日本にはないアメリカ人の批判

改めて、こういう報道って絶対に日本ではないし、無宗教・八百万の神と言われる中で何を信仰するのかはそれぞれの自由なはず。

でも実際に目の前で常識だとか当然と思われていることって、実はただ単純に信じているだけで理屈のないものかもしれないって思う。ザルかぶって運転免許証の写真撮れ!と言われてもそうする自信も根拠もないけど、こうやって馬鹿馬鹿しく皮肉めいたジョークをエスカレートさせるのはアメリカ人って大得意だなって思う。

文化とか宗教バックグラウンドの違いについて改めて考えさせられたスパモン教でした。また日本でもいつか話題に登るかもしれない・・・

 

過去記事英語で日本の文化やおもてなしを紹介したい人向けおすすめ本10選【2016年度版】

過去記事日本でもいずれブラックフライデーが流行するかもしれない

過去記事オトナ向けの基礎英語教材DARK HORIZONは放送禁止用語だらけだった