ビジネス英語特化の瞬間英作文で話す力を鍛える3つの方法

f:id:kei_ta1211:20180110032850j:plain

仕事で英語を話せるようになりたい。日常英会話ではなく、交渉に役立つビジネス英語だけに集中して「話せる」ようになるための学習方法をまとめていきます。

この記事を読んでほしい人

英語で言いたいことを瞬発的に言えるようになりたい

ビジネスに特化した英会話力を鍛えたい

英語での会議に参加して発言したい

英会話の応用力を鍛えたい

ビジネス英語ってそもそも何?

英語がいくら完璧に流暢に話せても、自分の働いているフィールドに合った英語で交渉したり相談したりする仕事スキルがないと意味がない。英語がいくら完璧に流暢に話せても、自分の働いているフィールドに合った英語で交渉したり相談したりする仕事スキルがないと意味がない。

仕事ができることが大前提。英語はその仕事の可能性を広げるツールでしかない。

であれば、あくまでもビジネス英語ってビジネス上の契約とか交渉で使える英単語と英語表現を使いこなせるかどうかだけなんじゃないかって思う。

ビジネス英語というと高度な英語表現を使うようなイメージを持つかもしれないけど、結局はいかにシンプルで相手に伝えたいことを伝えられる英文を即座に組み立てられるかにかかってる。

ビジネス英語って?

ビジネスで使える英語力=英語を自由自在に応用できる力

英語で言いたいことが言えない4つの原因

じゃあ英語で簡単な文が作れるようになろう!と言うだけならものすごく簡単だけど、そもそも自分の言いたいことが瞬間的に言えないのが問題なわけで…(言えれば苦労はしない)

言いたいことが英語で瞬時に出てこない主な原因は以下の4つが考えられる。

(1) そもそも英語表現を難しく考えすぎている

英会話をすごく難しく考えている人もたくさんいる。難しい単語や表現を使える人が英会話できると考えがちだけどそれって実は違うんじゃないかって思う。結局は、いかに伝えたいことをシンプルで簡単な英語表現にするかなんだと思う。 

(2) そもそも表現に必要な英単語を知らない

大前提として自分の言いたいことを表現する英単語そのものを知ってないと表現したくても表現できない。自分が言いたいことを表現するために最低限でも必要な英単語は850単語と言われている。(英語を850語で使えるようにしよう ~ベーシック・イングリッシュを活用して~より)

そもそもの語彙数がないと英語が話せないのはある意味当たり前のことだし、とにかくまずは覚えることから始める必要がある。

(3) 英単語は知っているが瞬発的に使える状態にない

知っていることと使えることは全く違う。どんなに知識として頭の中にしまっていても、それを即座に引き出して使えないと意味がない。瞬発的に使うためには瞬発的に使う練習を積むことが大事。

(4) 言いたいことを簡単に言い換える応用力がない

僕も経験したことがあるのですごく分かるのが「こう言いたいのにとっさに表現が出てこない!」っていう状況。これ一番悔しいし、あとで英単語とか調べ直して「あの時こう言えてれば…」って思い返したりする。 

そもそも僕たちって日本語の会話の中で小難しい表現を使うことないなって思う。

基本的によく使う表現をいくつか自分の中にストックしておいて、その引き出しから毎回応用して使っている。常に難しい表現を使おうと頭を使い続けることってまずないと思う。

本当に簡単でシンプルな基本表現を「応用」して会話している。

つまり、ある程度自分が言いたいことをシンプルに表現できる応用力を絶対に身につける必要がある。そこに自分のビジネスに必要な英単語や表現を上乗せしていく方が絶対に上達スピードは早いはず。

英語で言いたいことをシンプルに言える"応用力"のつけ方

  • ビジネス英語に必要な基礎単語だけを厳選して覚える
  • 覚えた単語を瞬発的に使えるまで鍛える
  • 難しい表現をシンプルに言い換えて伝えられる応用力を鍛える

むやみやたらに英語表現をたくさん学ぶことがいいことだとは思えない。もちろん、大量のインプットは必要だけど必要最低限の単語を「使える状態」にしておかないと意味はない。その応用力を徹底的に鍛えることに時間をかける必要がある。

で、この応用力を鍛えるのに一番最適な方法が瞬間英作文。

その中でもビジネス英語に特化した瞬間英作文ができるSpeaKing Bizだ。

f:id:kei_ta1211:20180110000609p:plain

ビジネス英語を「言えない」を解決することだけに特化した教材。話す瞬発力と応用力をとにかく鍛えるために作られている。スマホ表示にも対応している点も非常に魅力的。

ビジネス英語の瞬間英作文で鍛えられる3つの力

①あらゆる文を自在に組み立てる力

f:id:kei_ta1211:20180110004441p:plain

例えば、英会話表現の丸暗記をしたところで本当にドンピシャな場面なんてまずもってない。丸暗記の記憶力頼みの英語の覚え方だけは絶対に避けたい。

SpeaKingBizで一番鍛えられるのは「応用力」。ひとつの動詞をパズルのように組み合わせを変えて何通りも文章を作る応用力を鍛えることに特化したトレーニングができる。きちんとした英文法の基礎を元に英語を組み立てる力をつけることで圧倒的に英会話力を伸ばせる。

②練習量と発話回数で鍛える瞬発的に言える力

f:id:kei_ta1211:20180110004735p:plain

対面で人と英会話するのももちろん大切だけど、英文をひたすら繰り返して「瞬発的に組み立てられる」レベルまで持っていくなら英文作成を一人で何百回と繰り返したほうが確実に早く身につく

英会話は練習ではなく、あくまでも自分が覚えた表現を試しながら言いたいことを言えるようにする実践の場であるべきなんじゃないかって思う。

覚えた単語を瞬時に使えるレベルまで持って行くために何度も何度も繰り返す仕組みがSpeaKing Bizの中に整っている。

③厳選したビジネス英単語だけを”引き出しから取り出せる力”

f:id:kei_ta1211:20180110005352p:plain

SpeaKingBizではMBAの学位を持つ人がビジネス英語の基礎表現に必要な160単語だけを厳選している。

たくさん覚えるのではなく、徹底的に絞りに絞った英単語だけを何度も繰り返すことで長期記憶に入れ込むことで自由自在に表現できる応用力が身につく。

ここまで紹介したSpeaKing Bizを使ってどんな感じで応用力を鍛えていくのか、詳しい使い方については別記事にまとめているので参考にしてみてほしい。

ビジネス英会話力を厳選120英単語で伸ばす教材"SpeaKing Biz"レビュー

SpeaKing Bizはこんな人におすすめ

  • ビジネス英語の言い回しを集中して学びたい
  • 集中して必要な表現だけを確実に言えるようになりたい
  • ビジネス英語の「使える」基礎語彙を増やしたい
  • 会話表現の丸暗記ではなく自分で応用できる力を身につけたい

このブログ限定で1000円OFFのクーポンコードを発行しています。

クーポンコード

dtw9_uHnQSesvsm5plKdZQ

申し込み時に入力してもらうと自動的に適応になるので気になった人は試してみてください。

いきなり始めるのではなく、まずは無料トライアルから始めてみよう。

f:id:kei_ta1211:20180110005630j:plain

不明点があれば下記のお問い合わせフォームからご連絡ください。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

英語学び方ガイドマップ

まず読んでほしい記事
英語勉強法と計画のすべて

英語学習に役立った参考書まとめ
┗ 英語の基礎基本を学べる「11冊

話す力をつける学習方法
┣ 最強はやっぱり瞬間英作文
┗ 厳選120単語の「ビジネス瞬間英作文」が使える

英語を聞く力をつける学習方法
◆具体的なリスニング力の上げ方
┣ 英語の音をモノにする「シャドーイング
┣ 聴けない原因を探る「ディクテーション
┗ 英語の音を聞き取れる「発音の上達
◆聞く力にテコ入れする「音声変化」
┣ 音声変化を学べる「おすすめアプリ
┗ アウトプットしながら学べる「おすすめ教材

英単語を増やすためにやったこと
英単語の覚え方

やみくもな独学より英語パーソナルジムを選ぶべき理由
◆英語ジム一番おすすめは「 ココ
┣パーソナルジムは「 なぜおすすめなのか?
主な英語パーソナルジムまとめ
┗ 英語パーソナルジムの「実績ってどうなの?