STAY MINIMAL

聞き取れなくて悔しい英語の発音を聞き取るための4つの方法

f:id:kei_ta1211:20171013220358j:plain

英語の発音はコミュニケーションに効く

英語を話す上で一番大切なのはお互いにコミュニケーションが取れることだ。

きれいで完璧な英語を目指す必要はなく、一番大事なのは対面でお互いに言いたいことを言えるしそれを聞けるコミュニケーションを目指すことだと思う。

日本語だと当たり前のようにやっているけど、英語だとなかなか上手くいかない。

その中でも、相手が言っていることが全く分からないのは本当に悔しいし辛い。

僕も過去の留学経験で身を持って感じたけど、相手の言っていることがそもそも分からないとコミュニケーション自体が全く成り立たない。

それで「あ、この人通じないのかな?」と思われたことなんて何度もある。

このときに、そもそも英語の発音が全く分からないから聞き取れないってことは間違いなかった。

英語を聞き取れない一番の原因は発音にある

そもそも英語の発音自体を理解する必要があるけど、さらにその音から単語の意味も連想しなければいけない。英語が聞き取れない原因は主に以下の4つがある。

聞き取れない原因

1. 発音そのものを知らない

2. 音声変化が分からない

3. プロソディに慣れていない

4. 音から意味処理まで時間がかかっている

いま、自分が英語を聞き取れないとしたらこのどれかに当てはまってくるはず。自分がどの壁にぶち当たっているのかをきちんと理解しておこう。それぞれの解決策を一つ一つ説明していく。

1. 発音そのものを知らない

解決策英語の音素そのものを学ぶ

まずは英語の発音から学んでいこう。きちんと自分の口で発音できると音は聞き取りやすくなる。

英語の発音を学ぶ3冊

英語に本気で取り組める時間が沢山あるなら英語の音素からきちんと発音出来るようにしておくとかなり楽。子供のころにこれを学んでいればまた全く違ったかもしれない。ただ、これはホントにやる意志のある人じゃないとなかなか続かないかも…(僕は単体だと挫折したのは内緒)

とにかく複雑な発音も全編網羅。発音の仕方も口内の絵でかなり分かりやすく明確でとにかく分かりやすくておすすめ。CD付きで音声を確認出来るし、音声変化にまで触れられるオールラウンドな一冊。発音の本で一冊だけ厳選して!って言われたら迷わずこの一冊を推奨する。

めちゃくちゃ可愛い表紙だけど、実は優秀な1冊。一つ一つの発音を丁寧に分かりやすく教えてくれる。可愛い猫に癒されながらページをめくれば、単調な発音も楽しく学習できる。カバーしてる内容の範囲と解りやすさは申し分なく、特に女性は手を取りやすくておすすめ。

対面で学ぶ発音レッスン"START-UP ENGLISH"

f:id:kei_ta1211:20171013221103j:plain

発音矯正メインの対面コースがあるのが完全マンツーマンの英会話スクール【START-UP ENGLISH】。フィリピンの優秀な英語講師とマンツーマンながら他の英会話学校と遜色ないコスパが魅力。
発音メインで短期集中で特訓するならおすすめ。対面レッスンなので確実に身につくはず。こちらも無料体験が可能だ。

 


2. 音声変化が分からない

解決策音声変化を理解して身体に染み込ませる

音声変化は言われないとまず気づくことができないのが難点。参考書でも詳しく紹介しているものが少ないのである程度は自力で学ぶしかない。おすすめな方法は2つ。

リスニングハッカーアプリ 

Listening Hacker
Listening Hacker
開発元:KEIGAKUSHA COM.
無料
posted with アプリーチ

ENGLISH COMPANYが提供する音声変化に特化した練習アプリ。別記事Listening Hackerはリスニング苦手な人なら絶対入れておくべき英語アプリに音声変化についてもまとめているので興味があれば参考にしてみてほしい。独自に音声変化を6つに分けて集中してトライできる。点数も表示されるのでついつい挑戦したくなる。弱形とか特に難しい。

プライムイングリッシュ

英会話教材を音声変化の視点から作っているのが英会話教材プライムイングリッシュの教材。分かりにくい音声変化がカタカナ表記されており、分かりやすくまとまっている。独自のサンドウィッチリスニングでフレーズをモノマネすることで自然と身につきやすくなっている。

 


3. プロソディ(抑揚)に慣れていない

解決策音読とシャドーイングで英語のリズムに慣れる

抑揚は単語の持つアクセントと音節を意識しながら強弱をつけていく必要がある。リズム系の教材を使うのであればチャンツがおすすめだけど、この抑揚だけであれば音読とシャドーイングで解決することができる。

特にシャドーイングが聴いた英語をモノマネする学習法なので効果が高い。シャドーイングのやり方はリスニング力を上げるシャドーイングの正しいやり方を解説に詳しく載せているので参考にしてみてほしい。

 


4. 音から意味処理まで時間がかかっている

解決策英語音声→意味処理のプロセスを身体に染み込ませる

基本は内容を理解しているテキストを何度も音読することで自分に音と意味処理を染み込ませていくのが有効。

音読はお金もかからないし誰でもできる練習方法なのでおすすめだ。

ただ、自分だけじゃ間違ってるかも分からないし、どこをどう改善すれば良いのか全く分からない。可能ならマンツーマンで発音から音読までしっかりとフォローしてくれるサービスを有効活用してみよう。

f:id:kei_ta1211:20171013222728j:plain

第二言語習得研究の知見をもとに、マンツーマンで英語を使えるようにするトレーニングを提供している英語ジムがENGLISH COMPANY。僕もこのブログで取材させてもらったけど、考え方・価値観にすごく共感している。発音一つ一つというよりも、発音やプロソディから意味処理まで繋げるプロセスをガンガン鍛えてくれるのでおすすめ。マンツーマンだからこそ、細かな課題に寄り添ってくれるのも魅力。無料体験授業もwebサイトより随時応募が可能だ。

よければ別記事の英語パーソナルジムENGLISH COMPANYの効果と3つの特徴をまとめるの中でも紹介しているので参考にしてみてほしい。

ここまでのまとめ

ここまで発音によって英語が聞き取れない4つの解決策を紹介したけど、結果的に英語が聞けない解決策をまとめるとシンプルにこれに尽きる↓

認識できる英語の発音を自分の中にストックしていくこと

簡潔に言うと、言える英語の発音と分かる英語の発音を自分の中に増やしていくことだ。そもそも音をちゃんと認識できないとその音は雑音として処理されてしまう。

聴くだけじゃ効果は薄い。必ず自分の口で発音するようにしよう。

発音を学ぶ上で絶対に覚えておきたいこと

f:id:kei_ta1211:20171013224415j:plain

まず英語の発音を学ぶ上で必ず覚えておきたいのは完璧主義にならないこと、だ。

僕なりに考える英語の発音で一番大切なのは「伝わるかどうか」だと思う。アメリカ、イギリスでも発音は全然違うし、例えば中国には中国訛りの英語、インドにはインド訛りの英語の発音がある。

日本語を母語として持つ僕たちの英語は確実に日本語訛りのジャパニーズイングリッシュになる。日本語ってどうしても他の言語と比べても英語との言語的距離がかなり遠い。日本人の英語ってなかなか通じにくい。

だからこそ、発言するのがイヤになったり完璧な発音ができないと通じないのではと思いがちだ。

「伝えようとする気持ちがあるかどうか?」が一番大事。発音関係なしでもコミュニケーションは気持ちで通じ合える可能性は大いにある。発音をうまく味方につけて、より伝わりやすくするための手段だと思おう。

 

もっと世界中のたくさんの人と話して自分の視野を広げてみよう。

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

過去記事僕が英語を話せるようになるまでにやった勉強法と計画のすべて

過去記事海外の日常会話でよく使われるラフな英語表現&スラングまとめ

過去記事英語の勉強に役立つおすすめアプリを厳選して8つだけ紹介