STAY MINIMAL

MacでWordやExcelを無料で編集・保存できるOneDriveがかなり便利

macユーザーになってもwordやexcelは結構使う

f:id:kei_ta1211:20170630211549p:plain

MacBookAir13インチをこれまでずっと使ってる。ここ1年でブログを書くようになってからを本当に操作の幅とかデザインがしやすくて購入して良かったなぁと思う。ただ、仕事関係でメールをやり取りしていると付いてくる添付ファイルのほとんどはWordやExcel形式なのは変わらない。

Macにはある程度互換して表示してくれるPagesNumbersっていうソフトがあるけど、これがなかなか使いづらい。というか完全に互換しないし編集したらまたExcelやWord形式に変換するのって相当にめんどい。大抵は上手くいかないパターンに終わる。

しかも、個人的にExcelの方が使い慣れているのもあって、Numbersはなかなか使いづらくて困ってた。

そこで出会ったのがMacでExcelやWordを編集・保存できるOneDriveというサービス。

すごく便利だったのでまだ知らない人のためにOneDriveについて紹介しておく。

OneDriveならネット上でExcelやWordの編集が出来る!

f:id:kei_ta1211:20170630212328j:plain

OneDriveは自分のPC上ではなく、Webサイトのアカウント上にファイルが保存されるのでインターネットに接続出来る環境があればどんな端末からでもアクセスが出来る。

Microsoft OneDriveのWebサイトに直接アクセスしてMicrosoftのアカウントを取ればいつでも始めることができる。

f:id:kei_ta1211:20170630220113p:plain

作成できるのはWord, Excel, PowerPoint, OneNote, Excelアンケートなど基本的なOfficeソフトは全て網羅している。

既存で持っているファイルをアップロードする場合は「アップロード」を選択するか、この画面に直接ドラッグ&ドロップすればOK。

僕は基本はMicrosoft OneDriveのWebサイトに直接アクセスして編集しているけど、Mac用のアプリもあるのでダウンロードして使うのもいい。使いやすい方を選んでみてほしい。

Microsoft OneDrive - ファイルと写真向けのクラウド ストレージ
Microsoft OneDrive - ファイルと写真向けのクラウド ストレージ
無料
posted with アプリーチ

OneDriveで出来ること

  • Excel, Word, PowerPointの編集・保存
  • ファイル・フォルダを別の人と共有
  • ファイルのクラウド保存およびあらゆる端末からのアクセス
  • クラウド保存

Officeソフトの編集用として使っているけど、自分の写真やデータをクラウド保存するオンラインストレージとしても使うことが出来る。複数端末からデータを一括で一箇所に管理したい場合にも有効だ。

無料プランで5GBなら必要十分

もう1年近く使ってるけど、正直なところOfficeソフトを使うだけなら無料プランで十分すぎるし5GBのファイル保存も個人で扱う分には申し分なし。ただし、写真なんかをアップデートしてOneDriveを自分の持っているあらゆるデータのクラウド保存倉庫としてフル活用する場合には5GBの容量だと物足りない。

そういう人のためにOneDriveでは有料プランが用意されている。

ヘビーユーザーなら月額料金でストレージ解放

データ容量をたくさん使いたい場合は50GBプランプレミアムプランも用意されている。

f:id:kei_ta1211:20170630212604p:plain

出典:https://onedrive.live.com/about/ja-jp/plans/

コストを抑えて容量だけを増やしたいなら50GB容量プランが月額249円

フル活用して1000GB+アルファで色んな機能を追加したい場合はプレミアムプラン月額1274円

個人でのOfficeソフトの閲覧・編集程度なら無料のプランで十分だけど、もしある程度ガッツリ使うよって場合は上記のプランも検討してみてもいいかもしれない。 

クラウド保存で誰かと共有も楽々できる。もちろんスマホからも閲覧可能

クラウドでネット上に保存されるので、手持ちのスマホからでもサイトやアプリを通じてファイルを確認出来るのはかなり便利いい。

さらに、OneDriveの中にあるファイルを誰かと共有することもできる。

f:id:kei_ta1211:20170630213434j:plain

共有ボタンを押すとリンクが発行されるので、あとはこれを共有したい人に知らせるだけ。 

f:id:kei_ta1211:20170630213623j:plain

リンク形式なのでLINEとかメッセンジャーでもすぐ共有が出来る。 クラウド上で共有するメリットは重たいファイルのやり取りが無くなることだ。例え5MBでも10MBでも、リンク発行のみで済むのでメールで送れないっていう状態も避けられる。これは誰かと共同作業で使うときはかなり便利。

今回はWordやExcelをMacで使うためにOnedriveを紹介してるけど、自分の写真やデータを一括管理するためにOneDriveを使うのもアリだと思う。クラウドサービスはDropbox, Google, Amazonなど沢山有りすぎるので自分にあったものを選べばいい。一カ所にまとめるもよし、それぞれの無料プランをハシゴで使い倒すもよし。

スマホでの編集は専用アプリが必要なのでご注意を

スマホからアップデートと閲覧は出来るけど、編集したいなら以下のアプリを取る必要がある。これも無料なので必要なら即ダウンロードしよう。ただ、スマホだとかなり編集がしにくいのがちょっと難点かな。

Microsoft Excel
Microsoft Excel
無料
posted with アプリーチ

 

他にもWordやPowerPointもあるので、スマホやタブレットでもOneDrive上で編集がしたい人はそれぞれダウンロードしておこう。

Macでも快適にOfficeソフトを使いこなそう

f:id:kei_ta1211:20170630214718j:plain

あとはご自由にどうぞ。ちなみに個人的にはExcelでブログ収支や経費をまとめたりしている。Wordは履歴書を作成するときに役立ったし、いざとなればパワポも起動できた。無料でここまで出来るなら十分すぎる。

もしMac使っててOfficeソフトを無料で使いたいって方がいればぜひOneDriveを自分の作業の役に立ててみて欲しい。

公式ホームページはこちら→Microsoft OneDrive

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

過去記事サラリーマンの生き方しか知らない僕の価値観と人生観を180°変えた本9冊

過去記事国内旅行をミニマルに楽しむための便利な持ち物リスト&アプリ

過去記事長ったるいビジネス書の有益な要点だけ読める要約サービスflierが便利