STAY MINIMAL

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

バギー初体験!河口湖で非日常アクティビティ体験を遊び尽くす

スポンサーリンク

目次

 

はじめに

日常では体験できないようなアクティビティを求めて河口湖に行ってきました。通常は富士山の登山客、特に外国人でにぎわう河口湖駅から出発。天気がいい日は富士山がくっきりと見えて最高の気分になれる。何もかも忘れるくらい夢中になれる遊び体験で、仕事なんかで溜まったストレスも一気に吹き飛ばせた。

今回は河口湖でオススメのアウトドアと宿とグルメの紹介をしていく。 

3つのアクティビティで非日常体験

お世話になったのはカントリーレイクシステムズ。ここでバギー乗り富士風穴の洞窟探索をすることができる。他にもたくさんのアクティビティがあるのでサイトを参考にするといい。ウエイクボードウエイクボード・フライボードキャメロット河口湖で体験することができる。

今回紹介しているアクティビティは初心者でも安心なコースがあるので全く経験がなくても問題ない。慣れてくれば普段では味わえないスリルや興奮を感じることができる。それから河口湖の天気は変わりやすいことで有名。着替え、傘、レインコートなど準備しておき濡れてもいい格好と予備の着替えを持つようにした方がいい。

僕はバギーに乗っている時に急に大雨になってビショビショになったことがある。着替えは多めに持っておいて損はないと思う。

f:id:kei_ta1211:20160509183429j:plain

アクセスに関しては、河口湖駅から路線バスを利用するか車で直接訪れるかになる。

バギーを乗りまわす

バギー体験 | 富士河口湖のアウトドア施設カントリーレイクシステムズ

僕は4輪駆動バギーを体験した。ヘルメットの装着が義務付けられているが、バギーはタイヤの安定性が抜群でタイヤ径の半分までの障害物なら問題なく乗り上げて進むことができる。夏場は比較的軽装でも遊びまわることもできる。

操作は簡単で原付バイクのようなイメージ。水たまりなど躊躇なく飛び込んでいくので汚れてもいい格好で思いっきり楽しんだ方がいい。初心者用のコースがあるので、そこで何度か練習してから実際の山登りの冒険に出かけることができる。

初心者用の体験コースから離れて、本当のバギー山登りコースに出られるのは2回目以降からになる。1回体験すればある程度操縦の感覚がつかめるので、ぜひ山登り体験をしてほしい。野生の感覚が研ぎ澄まされる。

f:id:kei_ta1211:20160212203247j:plain

イメージよりも小さめのバギーだがパワフルでどんな悪道でも突き進んでくれる

道なき道をひたすらルールなしに進んで行く体験は本当に爽快だった。上級者コースで山登りをまたしたい。

洞窟探索

樹海洞窟体験 | 富士河口湖のアウトドア施設カントリーレイクシステムズ

世界文化遺産に登録された富士山はその山自体に目がいってしまいがちだけど、富士山の手前には1400mほどある大室山という山が重なっている。富士山が子ども(大室山)を抱えているように見えることから「子抱き富士」と呼ばれている。

大室山の麓には青木ヶ原樹海という火山の噴火によってできた溶岩地帯が広がる。洞窟探索までの道のりでここを探索することになる。

本来この地域は落葉広葉樹という季節によって葉を全て落とす広葉樹の森林地帯であるが、溶岩地帯と混じり合っているためその境目を見ることができる。かなりマニアックな感じだが、樹海は似たような景色がずっと続くため迷子になりやすい。木々にはきちんと目印がされている。

この麓にある青木ヶ原樹海内にあるのが富士風穴

f:id:kei_ta1211:20160509183444j:plain

僕が訪れたのは夏場だったが、洞窟の地下に降りていくだけで体感気温の変化を感じた。洞窟内はかなり涼しく、氷柱は溶けずに光り輝いていた。その結晶にただ呆然と立ち尽くした。

f:id:kei_ta1211:20160212203401j:plain

神秘的な自然の壮大さを目の前にすれば自分がちっぽけにさえ思えてくる。一般では立ち寄ることができないため、専門のガイドとの同行が必要になる。バギーを乗り回した後にじっくりと体験してみるのもいい。

ウェイクボードで河口湖の波を切る

f:id:kei_ta1211:20160212203435j:plain

ウエイクボード・フライボードキャメロット河口湖

天気のいい日に富士山を眺めながら湖の上を疾走する。夏には最高の遊びだと思う。ここでは初心者でも安心して体験ができるようしっかりとしたレクチャーがされている。ショップ内でも事前にイメージトレーニングを行う。

ある程度分かったらあとは実際にやってみるに限る。見た目は難しそうだけど、やってみると意外とすんなり立つことができる。バランス感覚を保ったまま湖の上を走る爽快感は是非体験してほしい。

フライボードホバーボードも追加されてますます遊びの幅が広がっている。

体験時間はそれほど長時間にならないため、遊ぶ場合は他のアクティビティもやる計画を立てておいたほうがいいかもしれない。

今回は「そとあそび」というサイトから全て申し込みを行った。河口湖のアクティビティの他、いろんな地域で遊べるアウトドアを予約できるので参考にしてみるといい。

レジャー・アクティビティの予約サイト「そとあそび」

富士山が見える絶景宿に泊まる

富士河口湖温泉郷 湖楽 | おんやど 富士吟景(旧ホテルニュー富士) | トップページ

f:id:kei_ta1211:20160509183501j:plain

窓から富士山がくっきりと見える

 僕が泊まったおんやど富士吟景はどの部屋からも富士山を一望できるようになっている。屋上に露天風呂を構えているので、朝風呂に浸かりながら富士山を堪能できる。アクティビティで疲れた身体を癒すことができる最高の場所だ。河口湖周辺は部屋から富士山を眺めることができるホテルがたくさんある。

団体客が多く、特に中国や韓国から旅行客が押し寄せてくる。宿によっては団体客お断りのところもあるのでゆっくりと過ごしたいなら宿選びは慎重にするべきだ。

f:id:kei_ta1211:20160509183516j:plain

湯加減も抜群で景色も最高

できれば温泉から富士山を眺められる宿をオススメする。どんな宿に泊まればいいのかはこちらのサイトが詳しくまとめているので参考にしてみよう。

www.fujikawaguchiko.net

ほうとう不動でグルメは決まり

f:id:kei_ta1211:20160509183531j:plain

ほうとう不動「ほうとう、河口湖、富士山、郷土料理」

河口湖で食べておきたいグルメといえば「ほうとう」

ここはほうとう一筋の専門店で店舗がいくつかあり、河口湖駅前に店舗があるのでぜひ立ち寄っておきたい。量はかなり多く、寒い時期であれば身も心も温まる。野菜多めで優しい味付け。遊びの前の腹ごしらえにはもってこいだ。

f:id:kei_ta1211:20160509183538j:plain

昔ながらの器に盛られた山菜と自家製麺。味噌の風味とコクで食が進む

ほうとうの美味しいお店は他にもあり小作も有名。

小作 河口湖店 (こさく) - 河口湖/ほうとう [食べログ]

おわりに

いつもの日常から飛び出して新しい体験をすることは同時に新しい出会いをすることでもある。僕が出会ったカントリーレイクシステムズの人たちは、楽しいと思える「遊び」を仕事にしている人たちだった。こういう生き方もあるんだと思った。河口湖は富士急ハイランドや富士山登山などで有名だが、遊びの選択肢はまだまだたくさんある。バギーを乗り回したり、洞窟で富士山の歴史を知ったり、河口湖の上を疾走したりすることできっと河口湖の新しい魅力を発見できるだろう。

今回参考にした本⬇︎

働くきみをアゲる 18の冒険 (Sanctuary books)

働くきみをアゲる 18の冒険 (Sanctuary books)