高城剛のSOUND MEDITATION VOL.1に参加してきた【感想】

f:id:kei_ta1211:20180305074755j:plain

2018.3.3

高城剛さんの企画、SOUND MEDITATIONに参加してきました。

新しいもの好きにとっては前からものすごく気になっていて試してみたかった企画の1つです。

参加した個人的な感想とか雑感とかもろもろ書いていこうと思います。

SOUND MEDIYATIONとは…

世界の最先端を追いかけ続けるクリエーター・高城剛氏。そんな高城氏が現在取り組んでいるプログラムが「次世代のマインドフルネス」とも言える「SOUND MEDITATION」だ。
2年以上にわたるオックスフォード大の研究では、抗うつ剤とマインドフルネス認知療法(MBCT)の効果をくらべると、ほぼ同様の効果があることがわかってきた。
このあたらしいメソッドは、自己の持つエネルギーを最大限に高める効果があるとされ、現在、米国西海岸を中心に世界中で爆発的な人気を博している。
本プログラムでは、医療にも使われるCBDオイルを摂取し、複合周波数の音が会場全体に響き渡るスーパーサラウンド空間で、いままでにない瞑想を体験する。
副交感神経を高め、リラックスと覚醒を同時に味わうという未知なる世界へと体験者を誘い、脳のパフォーマンスが最大限発揮される状態へ導く効果を目的としている。
瞑想に先立てて、高城氏によるスペシャルトークも開催予定。全く新しいマインドフルネスの形を、ぜひ体験してほしい。 引用:https://newspicks.com/academia/events/94

とまぁ普通の人が聞けば怪しさ120%なワケです。でも、常に新しいモノはいつも「怪しい」からこそやってみる価値ありです。

今回、ほぼ写真撮ってなかったので次回以降はもっと撮るようにします…

エントランス

入り口に入るとさっそく受付。

PayPal支払いのスマホ画面を見せて名前を言うと5秒くらいで終わりました。

ミネラルウォーターと謎の銀パックをもらいました。中にはCBDのカプセルが2つ入っており、セッション前に飲むように指示がありました。

物販エリアにはCBDオイル

奥に行くと荷物置き場と物販エリアが併設されてました。

前回の大忘年会と同様に売られていたのがCBDオイル。試飲も出来ました。

自律神経を正常な状態にする効果があるらしい、がモノは試し。自分の身体での変化をポジティブに捉えられるかどうかが大切。

シナモン味とミント味の2種類でヘンプ量が100と300。ネットでの販売も普通に行われてます。

HEMP CBD OIL |エリクシノール

一言で言うと食用のココナッツオイルです。色々訊くといろいろ教えてくれて、副交感神経のバランスを整えてくれるらしい。怪しい感じが良いですね。ヘンプ量によって値段が違うとのこと。

いよいよ会場へ

f:id:kei_ta1211:20180305080847j:plain

会場には音響設備が四方八方に設置されており、天井にも張り巡らされていました。
ヨガマットが全体に引かれてて好きな場所に陣取る感じです。

いよいよスタートです。

セッション内容

高城剛さん登場

呼吸リラックス

ヨガ

SOUND MEDITATION1

SOUND MEDITATION2

高城剛さん登場

サクッと登場して、身体について、マインドフルネスについて、チャクラについて、特定の周波数についてなど説明がありました。

身体のどこに不調があるのか、自分の身体に耳を傾けるために心地よい音の波を探してほしいとのこと。

そんな難しいことは知識人でもないんで正直分からないのですが「音の流れを感じながらリラックスしてね」というメッセージを受け取りました。

呼吸リラックス

音声ガイドと共に瞑想を開始。まずは呼吸を整えるセッション。

呼吸そのものに意識を向けていきます。

ヨガ

これは…全然ついていけませんでした…(笑)

初めの動きからシヴァーナンダヨガに近いのかなって思ってたけど、途中からめまぐるしく身体を動かしまくってました。

とはいえ、身体も温まってポカポカしてきました。

SOUND MEDITATION1

身体の7つのチャクラに響く周波数の音?を聴きながら20分間の瞑想。心地よい周波数の音が自分にとって欲している(つまり、満たされてない)音らしいというか、まずチャクラって何?感じ取れてないってのが本音ですが…

食べ物でも、甘いものが食べたい、すっぱりものが食べたい、など身体が意図的に欲する味(足りない栄養素)があるのと同じように、音で自分の身体が欲している音を観察して身体の不調を探るのが本来の目的。

高音域の音・低音域の音によってある程度特定できるらしいが、当日は低音ほど身体の下、高音であれば身体の上に響くとのこと。

SOUND MEDITATION2

2回目のセッションは10分。

ここは音声の数をグッと減らして3曲だけ流れました。

さっきの耳に響く周波数の音ではなく普通の音声。

この2回目のセッションに実は仕掛けがあったのですが、それは参加者だけが楽しんだ仕掛けだし文字には起こさないでおきます。

 

音源が随時公開されているのでシェアしておきます。

iTunes▶︎Apple Podcats 内の高城未来ラジオ「高城未来ラジオ」

SoundCloud▶︎高城未来ラジオ | Free Listening on SoundCloud

 

瞑想のちょっと夢見る感覚に入っていけたので、頭がかなりすっきりしました。CBDオイルがどこまで効いたか不明ですが、ネガティブな反応は全くなくむしろスッと瞑想に集中できていたので良しとしました。

というわけで、記念にCBDオイルを購入。

f:id:kei_ta1211:20180305081200j:plain

睡眠前に試してみてどんな効果が出るのかちょっと楽しみにしておきます。

SOUND MEDITATIONについて個人的感想

アーユルヴェーダでスリランカに旅した時、カルマヨガを広める活動で全世界を回っている人から聞いた話を思い出しました。「瞑想って睡眠に近い状態になるからスッキリする。自分の身体を回復させるのは自分の身体しかない。」

瞑想って、なんだかものすごい高尚で全く新しい自分を見つける旅をするみたいな印象でした。

深い意識とか、悟りの境地みたいなものに入ろうとか変に考えすぎると逆にリラックスできない。リラックスできないからこそ焦って落ち着こうとしてまた身体に力が入るみたいな。

今回のSOUND MEDITATIONではこれまでの瞑想に加えて、耳から入る音で瞑想しながらリズムに揺れるっていうもう全くワケの分からない状態でした

だからこそ逆に考えるのは止めようと、ただただ感覚的に気持ちの良い状態に浸ろうと、それだけで音に耳を傾けてました。

結果として最後の10分間の瞑想の後で、スッキリした感覚と同時にいわゆる「ニュートラルな状態」に戻った感覚がありました。ゼロの状態、不調でもなければ絶好調でもない、ネガティブでもポジティブでもない、どんな状態にもなれる自分。

ものすごい新しい自分発見した!とか、ものすごいことが起きた!とか全然なくてありのままの、何でもない自分と向き合ってるような感じでした。

突き詰めるともっと何かを発見するのかもしれないし、何も変わらないのかもしれません。もう少し修行が必要かもですね。

 

最後に高城剛さんの次に繋がる一言をシェアしておきます。

「ひとり孤独では見つけられないことも、みんなでこうやって集まれば何か新しい発見があるかもしれません。また次回もこうやってみなさんで集まりましょう。」

怪しい瞑想が、いつしか世間一般のトレンドになるかもしれません。

というわけで次回のSOUND MEDITATION GATHERINGに期待です。

 

ともあれ、2018年の春が近づいてきていい旅日和になってきました。今年はどこに出かけようかな…と考えつつ新しいことをする準備を始めようと思います。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。