STAY MINIMAL

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝塚記念2016の単複競馬予想【単複一点プロジェクト2016】

競馬・馬主ライフ

スポンサーリンク

今回は2016年6/26(日)阪神11R発走予定の宝塚記念の重賞予想と単複一点プロジェクトをまとめていきます。いつも通り、重賞は基本予想と単複一点プロジェクトで今週の買い目を紹介していきます。

基本的な予想の中のあくまでもかるく「参考」程度にご自身の予想に役立ててもらえると嬉しいです。

いよいよ上半期を締めくくるG1レースとなりました。今年の宝塚記念はかなりの好メンバーが揃いましたね。4歳世代のドゥラメンテ、アンビシャス、シュヴァルグラン、キタサンブラック、5歳6歳世代のラブリーデイ、ワンアンドオンリー、トーホウジャッカルとの世代がぶつかり合う熱い戦いになりますね。予想にもかなり力が入ります!早速予想していきましょう。

宝塚記念2016 全頭考察

いつも通りデータからきちんと確認していきましょう。データはJRA公式サイトのものが一番信頼できます。迷わずチェックしておきましょう。▶︎宝塚記念データーJRA公式サイト

僕が宝塚記念のデータを見て気になった点を上げていきます。

  • 重賞組は天皇賞春組が5-4-1-32、ヴィクトリアマイル組が0-2-2-6、鳴尾記念が1-2-1-6、安田記念と目黒記念は3着まで
  • 前走3着以上、5着以下は天皇賞春組が好走
  • 過去G1,G2の2000m以上で勝った馬は10-6-5-38に対し、勝った事のない馬は0-4-5-79
  • 枠順は6枠、8枠が好走で全体的に差はない
  • 4歳世代が最も勝ちが多く5-2-5-32、逆に7歳以上での勝ち馬はなし

やはり近走で好成績を挙げてきた馬と、G2以上の勝ち星は確実に必要。枠順は特に気にする必要もなさそうでファン投票で上位だった馬が好走する傾向にあり。

それから今週末は大雨ですね…土曜日開催を見てましたがかなり馬場も荒れてそうです。天気予報もイマイチ当てにならないしなんだか微妙な感じ。これを悪い予感ととらえるかどうかはご自身でお考え下さい。ただ、例年を見るとやはり人気馬で実力のある馬がきっちりと走っているイメージがあるので強い馬が上位にくるのではないでしょうか。

ちなみに土曜日開催はディープ産駒全滅!ダイワメジャーやジャンポケ産駒、クロフネ産駒などパワータイプか持続力のある脚が使える血統の馬が狙い目かもです。晴れでどこまで馬場が回復するかですが宝塚記念もディープ産駒は厳しいかもしれません。

それから、全馬58kg(牝馬56kg)を背負う必要があるため過酷なレースとなりそうです。今回は人気通りにいくのでしょうか。それでは以下、全頭考察していきましょう。

フェイムゲーム  B-

ハーツクライ産駒、柴山雄一騎手、サンデーレーシングクラブの馬。外厩ノーザンファーム天栄。美浦南Wやや重68.2-53.6-39.1-13.2。動きは悪くなくて調子は好調をキープしていそう。長距離路線でかなり実績を上げていたので天皇賞春は結構期待してたんだけど、あまりいい走りではなかった。内枠でいいところを引けたんですが今回は見送りです。

アンビシャス B+

ディープインパクト産駒、横山典弘騎手、外厩ノーザンファーム天栄。調教は栗東坂路重51.2-37.4-24.7-12.6で脚取られてますねぇ。道悪では自慢の末脚は厳しいかもしれません。大阪杯で同世代のキタサンブラックを破っているがこのとき斤量56kgでキタサンブラックが58kgだったことを考えると能力的にはキタサンの方が一枚上手な印象を受ける。ただこの馬もかなり力をつけてきているので警戒は必要。ちなみに2200mは実は初めてでおそらくは問題ないと見ている。あとは本当に道悪だけが気になるところ。

内枠で控える場合、展開予想にも書いているけど今回の先行馬多数の場合確実に大外を回る必要があると思うのですんなり行けるかどうかがポイントになってくる。内枠で直線の進路が空けば行けるかもしれないけど横山騎手なのでどういう戦法でくるか考えておく必要あり。

キタサンブラック S

ブラックタイド産駒、武豊騎手。調教は栗東CW重66.7-52.7-38.4-12.2、個人的には重馬場ながらいい動きだったと思っている。ついにファン投票1位で競馬界に名乗りを上げている北島三郎さん所有馬。毎回血統のことが話題に上がるのだけれど、僕個人の意見としてはサンデー系に短距離適性を持つ父母から生まれたシュガーハートがうまい具合にいい面を引き出して、父のスピード・スタミナと母の瞬発力・スピードがいい感じでベクトルを上に向けてくれたのかなと思っている。

もうね、文句なしにまぎれもなく「強い」って言葉が出てくる。だって大阪杯は負けたにしても斤量58kgながら前にいてあがり33.6だからもう非の打ち所がない。ファン投票1位という結果がみんながその実力に確信をもった証拠だと思う。

ちなみに金子オーナーの所有種牡馬ブラックタイドの仔が北島三郎オーナーの手に渡って、ラブリーディと対決ってのは個人的にちょっと見ものだと思う。

ワンアンドオンリー B-

ハーツクライ産駒、田辺騎手。調教は栗東CW66.0-51.1-37.7-11.7。日休み明けってことでかなり目一杯追われていた印象。日本ダービー以降、なかなか戦績を上げられていないことをどう評価するかと当日の状況を確認したい1頭。3歳の日本ダービーの頃はすごく応援していたんだけど、今はもっと強い馬がたくさんいるのであえて選ばなくてもいい1頭になってしまっている。復活劇となるかこのまま沈んでいくか…

シュヴァルグラン A-

ハーツクライ産駒、福永騎手、外厩ノーザンファームしがらき。調教は栗東CW重67.0-52.0-38.0-12.3。大魔神佐々木オーナー所有。

去年の暮れから1600万を勝ち上がり、日経新春杯2着、阪神大賞典1着と長距離路線で活躍している。天皇賞春もキタサンブラックに迫る上がり34.5の0.2秒差3着で、直線で一度進路を切り替えている。個人的にはこの1戦を見てかなり強くなってきていると評価している。追い込みという戦法をどれだけ上手く組み立てられるかがポイントで、宝塚記念で後ろに控えてしまうと厳しい戦いになるかもしれない。そのあたりをどうやって福永騎手がさばくかで順位が変わってくると見る。

個人的には勝ち負けする実力は充分あるんじゃないかと思ってる。他の馬よりも勢いがあるし狙っていい一頭だと思ってる。

ラストインパクト  B-

ディープインパクト産駒、川田騎手56kg、調教栗東CW重66.5-51.8-37.9-11.9、シルクホースクラブの馬。3ヶ月間の休み明けということでこちらも目一杯追われていた。阪神競馬場の戦績を見ると0-2-1-2で勝ちはないものの適性は全くないとは言い切れない。海外ではなかなか強い競馬をする。ただ、両教師の角居氏は「悪い馬場は得意じゃないと聞いているので…」とこれまでの道悪成績0-0-0-2がやはり引っかかる。

ラブリーデイ A-

キングカメハメハ産駒、ルメール騎手、調教栗東CW重67.5-52.6-38.9-12.0。金子オーナー所有馬。調教の動きは全く問題なくデキはそれなりにいいと思う。去年度の覇者で2連覇を狙っている。枠順もバッチリだし正直4月の海外遠征は結構こたえたんじゃないかと思っている。一番心配なのは体調面と調子でこのレースに向けてどのくらいまで上げてこれているかがポイントになってくる。阪神競馬場もきっちり走っているしあとは力をつけてきている若い世代と比べてどのくらいの実力かが問われる。

ドゥラメンテの若さが勝るかラブリーデイの実績が勝るかは見もの。僕はキンカメは早熟寄りだと思ってるのでドゥラメンテ推し。あとはこの馬まだ重馬場で力のいる馬場は厳しそうだ。

ステファノス B

ディープインパクト産駒、戸崎騎手、調教栗東CW重51.3-37.8-12.0。キャロットクラブの馬。富士S以外で重賞勝ちの戦績がないためデータを元に今回は切る事にした。前走は長期休み明けながらサトノノブレスに迫る2着で力は衰えていない。右回りも左回り得意なのでコースは問題なし。あとは道悪になったときどのくらいまで切れ味が落ちるか。阪神コースは新馬戦のころから勝っているので問題はなさそうだが、東京競馬場とか広いコースの方が向いているような気がする。

ドゥラメンテ A

キングカメハメハ産駒、M.デムーロ騎手、調教美浦南W稍重53.7-39.2-12.5、サンデーサラブレッドクラブの馬。こんな馬を一口で持てたら本当に楽しいんでしょうねぇ…妄想は膨らむばかりですが。

中山記念は9ヶ月ぶりで絶対に厳しいだろうと思っていたけど終わってみればかなりあっさりとした勝利だったと思う。ドバイシーマクラシックからの海外帰りと58kgの斤量が一つのポイントになるが、全く気にしなくてよさそう。ただ、中山記念を見て分かると思うけどメンバーが意外に手薄だったことと5歳以上の強豪とまだ一度も戦ったことがないことをどう評価するかになってくる。この馬の売りはキンカメ譲りのパワーだから、道悪も案外こなせるかもと思ってます。

カレンミロティック B

ハーツクライ産駒、ベリー騎手、外厩ノーザンファームしがらき。調教は栗東CWやや重65.6-51.1-38.0-12.7。前回はまさかの走りであわや勝利というところまで伸びた。実は去年の天皇賞春が3着で10番人気と天皇賞春はきっちり走る。宝塚記念は2回出走して0-1-0-1。前走の結果から今回もすんなりは切れない存在だけど、3200mの距離を考えるとこの馬が実績上位だった気もする。ただ、8歳なので1着はないと思う。

トーホウジャッカル A-

スペシャルウィーク産駒、酒井学騎手。調教は栗東坂路重52.8-38.6-24.9-12.2。飛ぶような走りでタイムも良くかなりのデキではないかと思っている。体質が弱くなかなか思ったようなローテーションが組めていないが、今回は天皇賞春からのローテで調教も抜群の動きだった。今年に入ってからの戦績をどう見るかだけど、調子は悪くないし他のディープ産駒と比べればまだチャンスはありそう。穴馬として押しておきます。

サトノノブレス  B+

ディープインパクト産駒、和田騎手。調教は美浦坂路やや重58.6-42.9-28.1-13.4。川田騎手から和田騎手へ乗り替わりですか。ただ、この馬は今年に入って本当に安定していて充実期であることに間違いはない。鳴尾記念からのステップもなかなか不気味。58kgの斤量でも勝利しているし、調教師も「良でも道悪でも同じような上がりになるタイプなので、少し渋るぐらいならかえっていいかも」とコメントしている。上位争いはあり得る。

タッチングスピーチ B

ディープインパクト産駒、浜中騎手、調教は栗東坂路重52.8-38.4-24.8-12.3、サンデーサラブレッドクラブの馬。調教の動きは問題なさそうだけれど、ここ2戦である程度の実力が見えたような印象を受ける。まだ4歳だしもう少し成長させられると思う。やはり同じ牝馬であればマリアライトの方が可能性を持っていそう。

ヒットザターゲット B

キングカメハメハ産駒、小牧太騎手。調教は栗東坂路重54.1-39.2-25.4-12.5とタイムはまずまず。脚も取られている気がするけど一応重馬場で勝ち実績があるので心配はいらないか。

この馬も忘れた頃に激走するが好メンバーが揃った今回はどうだろうか…8歳というのも気になるし長い直線の方が向いている気がする。でも去年はなんだかんだ4着だし位置取りとかすんなり決まれば一気に差してくるかもしれない。一度エンジンかかると誰にも止められない。

サトノクラウン  B+

Marju産駒、岩田騎手、調教美浦南Wやや重68.5-53.5-39.0-12.5、外厩ノーザンファームしがらき、里見さん所有馬。実力馬で京都記念は道悪ながら全く苦にせず勝利。今回はマークされずに単体で先行ですんなり行かれると上位に絡んでくるかもしれない。気がかりなのは枠順と海外帰りの状態だけ。大負けしたり好走したりと走るときとそうじゃないときの差が大きいので気性面での成長がまだ必要なのかなと思っている。岩田さんもG1制覇で復活したいだろうから思いっきり乗ってくると思う。

マリアライト  B+

ディープインパクト産駒、蛯名騎手、調教は美浦南Wやや重70.8-54.7-40.0-12.9、キャロットクラブの馬。この馬も牝馬ながらかなり力をつけてきてますね。前走の目黒記念は不利な位置取りながら2着と好走。ディープ産駒って長距離はなかなか走らないイメージなんですが、こういう馬もいるんですね。前に粘られると意外と厄介かもしれないが、サトノクラウンと被っているのでこの辺りが揉まれると厳しい競馬になるかもしれない。

ヤマカツエース B-

キングカメハメハ産駒、池添騎手、栗東CW重65.8-51.1-37.7-11.7。単走で目一杯追われてたけど結構走れてた。調教だけなら警戒しておきたいけど、前2走の成績からやはり厳しいと思っている。動きはまずまずで調整程度。重賞勝ちはいずれも2000m以下なので距離的な不安もある。

宝塚記念2016の展開予想

展開予想にいきましょう。

逃げたい馬はいないので内枠のキタサンブラックが出て外からサトノクラウン、ラブリーデイ先頭集団はドッと固まる感じになりそう。差したい馬は控えるだろうし、全頭がねらいのポジションに付くのではないかと思ってる。ペースは平均以下になると予想。

かかりそうな馬がいない分思い切った策も打ちやすいかもしれないので勝負に出る騎手もいるかも…田辺騎手とか岩田騎手とか。

4コーナーカーブから直線へ。比較的前にいた馬が競り合うので内側コースは先行馬達で埋め尽くされそう。それか内側を避けてちょっと大回りになるかも。なので差し馬以下はある程度外を回されそうなので早めに仕掛ける必要がある。前に行けばやはりキタサンブラックの粘りは一枚上手だと思ってる。それからラブリーデイもそれなりに付いてくるんじゃないか。あとは重馬場でもガッツリ走りそうなサトノクラウンは内側の馬場が悪いところで伸びるとすれば手がつけられないかも。以下マリアライト、サトノノブレス。サトノノブレスもそのまま勢いで掲示板まで食い込んでくる可能性は充分と見る。

差し馬は中団の外にいたほうが確実に進路を取れるのでドゥラメンテとトーホウジャッカルあたりが有利と見る。シュヴァルグランはもしハイペースに近くなればチャンスはあるはず。

◎キタサンブラック

◯ドゥラメンテ

▲サトノクラウン

△トーホウジャッカル

×サトノノブレス、シュヴァルグラン

現時点での完成度と勢いから本命はやはりキタサンブラック。ドゥラメンテは初の58kgと古馬との対戦実績がないのがちょっと気にかかる。ただ、そんな心配はおそらく無用でキンカメ産駒らしい早めの充実期の今なら充分克服できそうだ。

それから▲にサトノクラウンを上げた。この馬は重馬場にはめっぽう強くて今回は絶好の機会なんじゃないかと思ってる。つぎは調子の良さそうなトーホウジャッカル。去年も何気に四着と掲示板まで来てるし侮ってはいけないと思う。それから実力も勢いもあるサトノノブレスとシュヴァルグラン。この二頭が一発ありそうだと感じている。

これまでの単複予想結果について

まずは2016.6.24時点でのこれまでの単複一点プロジェクトの回収率をまとめました。購入金額はすべて100円にて計算しています。

f:id:kei_ta1211:20160617221522p:plain

前回は賭けてなかったのでそのままです。また、これまでの自分の予想は無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】を使ってまとめています。

これは無料サービスでたくさんの情報が知れます。

簡易版の馬柱、オッズ、結果、レース傾向、競走馬詳細、競馬場コースの特徴 、I-PAT連携で馬券購入、予想印ほか8種の評価印の保存、馬メモの保存、レースメモの保存、出走馬一覧カスタマイズなど

これが全部無料でできるのでかなり役に立ってます。

最近のアップデートで競馬場別の戦績を出せたり、通算回収率をPDFデータにしたり色んなことができます。

無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

僕は"STAYMINIML"というユーザーネームで使ってますので、よければ探してみてね。

単複一点プロジェクト予想

今回はキタサンブラックにします。キャリーオーバー分は6000円分使います。単勝7000, 複勝5000(キャリーオーバー残り9000円)


暇つぶしに競馬ゲームアプリ”ダービーインパクト”にハマってます。

f:id:kei_ta1211:20160619004302p:plain
▶︎ダウンロードはこちら

レース時間まで時間がある時とかにやってます。課金しなくてもある程度いい馬作れるし、ダビスタとか競馬ゲームにハマった人なら確実に楽しめると思います。


単複競馬予想の独自ルールや参考にしてる情報サイトなど

予想に関する独自ルールについてはブログの別記事にて掲載しています。

それから最後に僕自身、非常に参考にさせてもらっているサイトを紹介しておきます。



日刊スポーツ《公式》競馬サイト「極ウマ・プレミアム」

元ジョッキーの佐藤哲三さんの印は毎回確認するようにしてます。騎手ならではの視点から展開と馬の能力を総合的に見た予想はかなり参考になる。他にも、厩舎からの生の情報が発信されてたりメインレースの調教採点、データのみに則った「データの達人」なんかもめちゃくちゃ参考になる。



無料の競馬予想データベース【KLAN.jp】

先ほども紹介した競馬無料データベースサイト。回収率や的中率を自動で計算してくれるし、他の個人で予想されてる方々の予想を知ることもできます。競馬新聞だけの情報だと絶対に予想や考え方が偏るのでこういう正当派な情報サイトも一つ持っていると強い味方になってくれます。



京大式推定3ハロン 実践攻略データブック (競馬王馬券攻略本シリーズ)

これはたまたま本屋で購入した京大式 推定3ハロンEXという本であがり最速をマークする馬を中心に考える買い方を学びました。 独自のテンと上がりを元に指数を割り出して馬の能力を見定めることに特化。個人の思い入れとか無しにこういう数字だけの無機質な情報って自分の予想にとってはかなり役に立ちます。


▶︎坂路調教タイムデータSTF

毎週、水曜日と木曜日に行なわれている坂路調教のタイムを集めているブログサイト。好タイムを出している馬順、出走予定の馬で好タイムを出している順などにまとめてくれていてかなり参考になる。出走馬限定、3歳限定とかでフィルタかけれるので、例えばめちゃくちゃいいタイム出してる馬がいたら狙い目要注意としてマークしたりしている。


 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。