STAY MINIMAL

美味しい水出しコーヒーを自宅で手軽に作ってみた【iwakiウォータードリップサーバー使用】

スポンサーリンク

水出しコーヒー作ってみました

コーヒーは普段からそれなりに飲むけど、自宅でもっと美味しいコーヒーを手軽に作れたらいいなぁ…という漠然とした思いがあったので色々と調べていると水出しコーヒーなるモノを発見。

もともとはタリーズコーヒーなんかで夏季限定で水出しコーヒーが販売されてて、たまに目にしてたし気にはなってたけど手を出していなかった。色々と調べると、自宅で簡単にできるらしく水出しコーヒー専用器具と挽いたコーヒー豆があればいいらしい。

そもそもスーパーで売ってるインスタントの溶かすタイプのコーヒーは日常的に飲んでた。簡単だし、手軽だし、何よりお湯沸かすだけで面倒くさがりな自分が行き着いた先でもあった。昔、美味しいコーヒー作ろうとドリップ式の道具を一通り揃えてみたりしたけどなかなか続かず撃沈。

今回は、水出しコーヒーに興味があったし、新しい挑戦の意味も込めて器具を揃えて作ることにした。

iwakiウォータードリップサーバーを使って水出しコーヒー作り

というわけで、さっそく購入したのがこちら。

水出しコーヒーの器具って高いのかなって思ったけど意外とリーズナブルだった。ついでにコーヒー豆の挽いたやつも必要なので小川珈琲店 有機珈琲オリジナルブレンド 粉 170gも合わせて購入した。

f:id:kei_ta1211:20161025010818j:plain

Amazonにセットで販売されてたので購入。ドリップサーバーはそれなりの大きさで存在感はそれなりにあるサイズ。コーヒー粉末は水出しコーヒー用の中細挽きで、挽きたてがベスト。

ちなみに、中挽き、荒挽きだと味が薄くなってしまうし、細挽き、極細挽きだとフィルターに目詰まりしてしまう。基本は水出しコーヒー用のものを選べば間違いない。ちょうどいい挽き加減の粉を使用するようにここだけは注意しておきたい。

じゃあさっそく水出しコーヒーの作り方の手順を踏まえて作っていくことにする。

フィルターにコーヒー粉をセットする

iwakiのドリップサーバーは1回分で作れる量が決まっていてコーヒー粉約40g(1杯あたり10g程度)で4杯分になる。とりあえず、まずはコーヒー粉を開封。

f:id:kei_ta1211:20161025010850j:plain

開けた瞬間、コーヒーの香りがふわっと溢れ出る。

思わず深呼吸…(ココでかなり癒された)

キッチンがコーヒーの香りで満たされたところで、早速フィルターに入れ込んでいく。

 

f:id:kei_ta1211:20161025010902j:plain

綺麗に洗ったフィルター内にコーヒー豆をこんな感じで敷き詰める。先ほどの40gはフィルター内部に線が引いてあるので、そこまでを目安に粉末を入れ込んでいく。

コーヒー粉を湿らせる

f:id:kei_ta1211:20161025010931j:plain

次に抽出する前にコーヒー粉末全体を湿らせる作業。水45mlを3回に分けて流し込み、そのつど粉末をかき混ぜていく。専用のマドラー などがあれば良いらしいが、そんなオシャレなモノは持ってない無いのでお箸を代用。この行程げかなり大事らしく、水出しコーヒーの味を決めるポイントになるとのこと。

 

f:id:kei_ta1211:20161025010953j:plain

こんな感じで徐々に全体を湿らせていく。グッドデザイン賞のシールにピントが合ってるけどまぁそこは気にせず次へ。

 水タンクに450mlの水を注ぎ入れる

f:id:kei_ta1211:20161025011028j:plain

続いて水を一滴ずつドリップするための器具が登場。使う前は不純物など入らないようによく洗っておこう。

 

f:id:kei_ta1211:20161025011058j:plain

裏側はこんな感じ。ここから水を一滴ずつコーヒー粉末の中に落とし込んでいけるようになってる。

 

f:id:kei_ta1211:20161025011124j:plain

本来は水タンクをセットした状態にして水を入れるんだけど、キッチンが狭かったためセオリー通りに出来ず…

ということで、カバーをつけて450mlの目安線のところまで水を入れていく。入れ終わったらホコリが入らないようにすぐに蓋をする。下から一滴ずつ水が垂れてくるので素早くテキパキとタンクを先ほどのフィルターの上に乗せる。

 

f:id:kei_ta1211:20161025011148j:plain

これで組み立ては完成。セットした全体像としてはこんな感じ。

水が滴下し始めたらそのまま約2時間放置する 

f:id:kei_ta1211:20161025011348j:plain

セットした時点でタンクからフィルターに敷いたコーヒー粉の上にポタポタと水が落ち始めるので、あとは完成まで気長に待つだけ。だいたい2時間くらい待つと450ml4杯分のドリップが完了する。

 

f:id:kei_ta1211:20161025011239j:plain

30分後でこのくらいだった。ゆっくりと時間をかけて完成していくので、味が染み込んでるんだろうなぁと勝手な想像を膨らませながら待つ。

 

f:id:kei_ta1211:20161025011359j:plain

2時間後、ついに完成!ん?思ったより黒いかな?なんだかかなり味が濃そうな雰囲気だけど…大丈夫かな。

 

f:id:kei_ta1211:20161025011414j:plain

お、でも流し込んでみるとちゃんとコーヒーの色だった。他にも、ミネラルウォーターのミネラル分やその時の水温で微妙に味が変わってくるらしい。

気になる水出しコーヒーの味は…

コーヒー自体の香りは柔らかくてマイルド、でもコーヒーの芳醇な部分は強くてインパクトがある。

飲んでみると…

まず、口に入れた時に一気に鼻までコーヒーの香りが突き抜ける感じ。

それから飲み込むと喉から口全体にフワッとコーヒーが広がっていく。明らかにインスタントコーヒーとは違うし、むしろタリーズとかスターバックスで飲むブレンドコーヒーよりも断然美味しいかも。

僕的にはかなりアリ。なんて言うか、1回飲むとまた飲みたくなるようなクセのあるコーヒーだった。水出しコーヒーって思った以上にいい感じ。

f:id:kei_ta1211:20161025230213j:plain

ちなみに添付の説明書には様々な水出しコーヒーのアレンジ方法が記載されている。そのままお好みの味で楽しんでもいいし、こういったアレンジで水出しコーヒーを楽しむのもいい感じ。

水出しコーヒーのメリット・デメリット

最後に、実際に作ってみて僕が感じた水出しコーヒーのメリット・デメリットを紹介しておく。

メリット

  • 自宅で本格的でコクのあるコーヒーが楽しめる
  • 放置するだけなので仕込みさえ出来れば簡単
  • 器具がリーズナブルに揃えられる

デメリット

  • 使用後のコーヒー粉末の処理や洗い物が面倒
  • 飲みたいときにすぐ飲めない
  • フィルターのメンテナンスが面倒

やはり、器具の洗い物は増えるのでこの辺りを許容できるかがポイントになりそう。面倒くさがりな自分は続くかな?でも、実際に水出しコーヒーを飲んでもう普通のインスタントコーヒーには戻れない楽しみを味わったので確実にまた作ると思う。

あとはコストパフォーマンスだけど、今回購入した小川珈琲店 有機珈琲オリジナルブレンド 粉 170gであれば約16杯分になるので、だいたい1杯110mlとすれば1杯あたり約40円程になる。自宅でこれだけの水出しコーヒーが楽しめるのなら、これってかなりお得に楽しめるんじゃないか。

 

普段のインスタントコーヒーや缶コーヒーに飽きてきた…という人は水出しコーヒーを作ってみるとまた違ったコーヒーの楽しみ方を発見できるはず。自宅でコッソリと美味しいコーヒー作りをしてみるといいかもしれない。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

過去記事アパ社長カレーを食したので全力で美味しさをレビューする【評価・評判】

過去記事福岡地元民が人気のおすすめ明太子選びのポイントを紹介【9社の特徴や違いまとめ】

過去記事薄くて機能的でコンパクトな財布Milagroミラグロのおすすめレビュー【2年間使い倒し】