STAY MINIMAL

Zenfone Maxを1ヶ月使用したレビュー!バッテリーは充電なしで2日間余裕で持つ

SPONSORED LINK

Zenfone5からZenfone Maxへ切替

2014年の12月からSIMフリースマホに切替して1年半が経とうとしています。ASUSはもともと好きだったメーカーなのでZenfone5は買って正解でした。iPhoneからの切替だったのでiCloudで自動同期ができなくなってしまいましたが、それ以外は特に不自由なく使用できてる。

ただ、スマホの電池切れを毎日心配しながら使うのは嫌だなぁと思ってた。特に旅行とか出先で使ってるとその場で調べたいことも沢山あるし、Googlemapとか電車の時刻表とか調べてるといつの間にか充電が無くなってて。カメラもけっこう電池消費が激しい。

僕が普段どんなふうにスマホを使っているかをまとめるとこんな感じ。

  • ネットサーフィン
  • ニュースの確認
  • LINE, Twitterなど
  • 週末の競馬予想、レース動画見る
  • Kindleで本読む
  • たまにメモとか
  • ゲームあんまりしない
  • カメラはそこそこ使う
  • 旅行したときはGoogleマップ、電車確認とかフル活用

モバイルバッテリーを使ってたこともあるけど、意外と重いし手軽には持ち運べないってのが悩みだった。普段であれば夕方あたりで40%以下、旅行中は午後にはモバイルバッテリーで充電必須。

SIMフリーで僕が求めるのは高スペックじゃなくて、ある程度のスペックとバッテリー容量。そんな僕の要望を満たせそうな機種が2016/3月に風のように現れた。

大容量バッテリーで5000mAh!?比較は後ほどしてみるが、少なくともZenfone5の2倍のバッテリー容量は備えている。これでどうやら現状の不満は満たせそうな予感。あとは基本的な操作感と見た目と手触りを詳しく試していくことにした。

Zenfone Maxのスペックとか見た目とか

なにはともあれどれくらいの実力があるのかは気になるところ。僕個人が気になる点とちょっとデメリットとして気になる点を見ていきましょう。

Zenfone Maxのスペック

基本仕様
キャリア SIMフリー(キャリア契約なし) 販売時期 2016年春モデル
OS種類*1 Android 5.0 最大待受時間 3G:約914.4時間
LTE:約683.6時間
内蔵メモリ  ROM 16GB RAM 2GB CPUコア数 クアッドコア
文字入力 タッチパネル 外部メモリタイプ microSDXCメモリーカード
バッテリー容量 5000 mAh    
画面性能
タッチパネル 画面サイズ 5.5 インチ
画面解像度 1280x720 パネル種類 IPS液晶
3D対応      
ネットワーク
データ通信サービス   下り最大データ通信速度 LTE:150Mbps
Bluetooth Bluetooth 4.1 赤外線通信機能  
テザリング対応  NFC対応   
LTE対応 無線LAN規格 802.11 b/g/n
カメラ
メインカメラ画素数 1300 万画素 撮影用フラッシュ
手ブレ補正 サブカメラ
その他機能
防水機能   HDMI端子  
4K撮影対応    ワンセグ  
フルセグ   MHL対応   
おサイフケータイ   GPS機能
海外使用   認証機能  
ハイレゾ   テレビ電話  
センサー 加速度センサ/磁気センサ/電子コンパス/光センサ/近接センサ    
SIMカード
デュアルSIM  SIM情報 SIMフリー (micro-SIM)
コンテンツ保護
SeeQVault対応      
サイズ・重量
幅x高さx厚み 77.5x156x10.55 mm 重量 202 g
カラー
カラー ブラック
ホワイト
   

参照:価格.comサイト

そのほか基本スペックや特徴などについては公式サイトやまとめサイトを参考にするのが一番いい。
▶︎ZenFone Max (ZC550KL) | スマートフォン | ASUS 日本
▶︎大容量5000mAhバッテリー搭載!ZenFone Max スペックまとめ

僕がこのZenfone Maxで気になる特徴としてはこんな感じ。

いいと思う点

  • 連続待受時間は38日間(LTEで28日間)
  • アウトカメラ1300万画素、インカメラ500万画素

ちょっと気になる点

  • 画面5.5インチ
  • 重量202g

僕個人が特に気になるバッテリー容量画面サイズを比較表にしてみた。項目は単純にバッテリー容量、画面サイズを比べてみた。参考として「価格.com」のスマホランキング(2016年4月現在)の中からいくつか抜き出してみた。

f:id:kei_ta1211:20160410012324p:plain

単純に数字だけで見るとiPhone6sの約3台分の電池容量を積んでいるのがZenfone Maxになる。簡単な図にするとこんな感じ?

f:id:kei_ta1211:20160410225714j:plain

こんだけあれば1日じゃまず使い切れねーよな。その分、画面サイズが5.5インチで大きくなっているけど「kindleで本も読みたい」という目的もあるので問題ないんじゃないか。もちろん、iPhoneには独自の機能が沢山あるし他の機種もそれぞれに特徴は持っているだろう。その中でも、自分が求める機能としてバッテリー容量から見ればベストな選択だと思う。

Zenfone Maxの実際の見た目、使用感

なにはともあれどのくらいのサイズ感なのか実際に持ってみる。

https://www.instagram.com/p/BED1SW8GLDp/

やっぱり5.5インチってのは大きい。前回持ってた5インチのZenfone5でも結構大きい印象だったけど、0.5インチでかなり違ってくる。片手じゃまず操作はできなさそう。ただ画面が大きいぶん操作はかなりしやすい。文字も読みやすいしいい感じじゃないか。

https://www.instagram.com/p/BED1UyomLDv/

ワイシャツのポケットに入れてみた。やっぱり大きい。顔が飛び出してますよZenfone Maxさん。落とさないように注意しないとなぁ。ちなみにズボンのポケットにはしっかりと入る。

f:id:kei_ta1211:20160411215050j:plain

kindleアプリを起動してみた。本の文字はやはり読みやすい。隣にヤマダ電気のポイントカードを大きさ比較目安で並べてみた。ポイントカードはクレジットカードとか一般的なカードのサイズなので目安にしてみてほしい。kindle端末を持っていたけど、これならもうZenfone Max1台で事足りてしまいそう。

見た目と感覚的にはある程度想定していたイメージのままだった。iPhone6plusを持っている人であればほぼ同じサイズなのですんなり受け入れられると思う。なにより、裏フタのザラザラとしたデザインとか全体的にはかなり洗練された印象を受けた。

Zenfone Maxの実際の電池寿命

気になるバッテリー消費だが、買ってからどういう使い方をしてどのくらいまで電池が持ったかを記録していく。どのくらい電池持ちがいいのか、という一つの目安にしてほしい。

4/12(火)

午前7時時点で電池100%。一度も触らず、午後21時まで放置したら99%だった。

4/13(水)

12日から充電を行わず使用。(アプリの設定・ダウンロードなど)午前7時の時点で80%。それから通話用のガラケーの電池が残り1になっていたのでモバイルバッテリーとして使用73%。会社で休み時間にネットサーフィンして20時ごろの時点で60%

4/14(木)

午前7時時点で100%。会社で適当に休み時間にLINE, Twitter, ニュースを閲覧。帰宅後にもネット接続を行ったりし、午後23時時点で82%

4/15(金)

14日から充電なしで午前7時時点で76%。会社で適当に使用してそのまま飲み会へ。帰宅した0時で55%。まだまだいけそう。

4/16(土)

午前7時で100%。休日なので競馬の動画とかネットとか結構見てた。飲み会が始まる18時時点で90%。飲み会が終わった0時過ぎで82%だった。

好き勝手に使用してみたけど、通常のネットサーフィンであれば1日の消費量はだいたい20%あるかないかあたりということが分かってきた。モバイルバッテリーとして使用した場合、電池の減りは早かった。それでも10%程度の使用でかなり充電できた。

2016.6.13追記

使い始めて2ヶ月ほど経つが「充電なしで2日持つ」のはほぼ間違いない。僕はソフトバンクのガラケーと2台持ちで使っているけど、そのガラケーの充電がなくなったときのモバイルバッテリーとしても十分使える。まったく不満はない。

2016.8.22追記

非対応だったポケモンGOがzenfoneでも対応になったので早速ダウンロード。ヘビーに1日歩き回るとさすがに夕方ごろには30%を切ってくる。ただ、1日は普通に充電が持ちそうなのでこれで充分。

AppleのMacユーザーでありながらAndroidを持つ不安

数年前まではiPhoneユーザーでこれ以上の機種はないと思っていた。自分の持っているPCはMac Book Airだし、PCやスマホを選ぶときには同じメーカーでそろえていった方が絶対にいいに決まってる。同期とかデータ保存とかのストレス量が全然違ってくる。そんな僕がスマホをAndroidにしてしまう不安をかき消してくれた2つの理由がある。

1.SIMフリー端末の充実と高性能化

ある程度スマホ市場も活況に入っていて、ついに日本でもかつてのガラケーよりスマホ利用者の人口が上回ってきている。

www.itmedia.co.jp

ガラケーが日本特有なだけに、国内だけに目を向けるのは避けたいけどそれだけ世界中でスマホが溢れてきている。そうなってくると、ある程度の高性能を保ちつつ非常に安価にスマホを手にいられるような流れになってきている

ASUSはその中でも最も好きなメーカーの1つ。高スペックを保ちながら低価格を実現してくれるのでかなり嬉しい。

それから日本でもやっとキャリア3社の独占が崩れてきた。もちろん回線という意味ではこの3社に行き着くのであるけど、そこまで高速通信が必要ではないということがだんだんと浸透してきた。

無駄に速度を上げなくても3Mbpsくらい出てくれればある程度快適にネット閲覧が可能になるし、動画もサクサク動く。巷に溢れている100Mbpsなんてほんの一握りのユーザーに向けた宣伝文句に過ぎない。この低速域でもある程度の速度を保ちつつ使うことができる格安SIMも揃ってきている。

僕が使っているIIJMIOのSIMであればクーポンという一時的にキャリアと同等レベルの速度が出せる機能も付いているし、月々7GBでも3000円を切っている。ちなみに僕の使い方であれば3GBはほぼ超えないので月1000円以下で充分運用できる。

どのSIMを選ぶかは自分がどんな使い方をするのかによって選択できるし、そのための情報も今はかなり充実している。

▶︎格安SIMのメリットとデメリット: 格安SIMの比較サイト

▶︎【2016年版】格安SIM(格安データ通信SIM)主要10社の比較 - NAVER まとめ

本当に自分にとって必要な速度、通信量をしっかりと把握してそれに合わせたプランを安価に選べるようになった。

そうすると、必然的にスマホに対する考え方が変わってくる。これまではスペックの問題とか画面の解像度とかiPhoneが一人勝ち状態だったけど、わざわざiPhoneにすべてを求めなくても、それなりに満足のいく高性能のAndroid端末が揃ってきている。

携帯料金は固定費。できる限り安く抑えたい。その家計への優しさを保ちつつ、SIMフリーAndroid端末で求める通信速度を満たせるようになったというのが理由の一つだ。

2.iCloudは魅力だけどGoogleアカウントでも同じようなことができた

f:id:kei_ta1211:20160410153950j:plain

iCloudっていうのはかなり魅力的。パソコンのiTunesに繋ぐだけで、バックアップ、保存、なんでもできてしまう。他の人と写真を共有することもできるしこれほど楽なことはない。どんな種類のPCであってもiTunesアプリを落とし込んでしまえば完了する。

でも、結局そこに何を求めていくのかを突き詰めるとデータが定期的にバックアップ・保存できればいいってことに気づいた。それだったらGoogleのアカウントで常に自動的にバックアップしてくれてる

今回のZenfone Max購入時にも、自分のGoogleアカウントにログインするだけで自動的にアプリや連絡先など同期された。かなり楽だった。

写真とかスマホ内に保存されたものはパソコンとかに一度落としてしまえばいい。慣れてしまえばそんなに苦痛じゃなくなる。アプリもあるので有効活用すればそれなりに快適にパソコンとの通信はできる

▶︎Android File Transfer 

これで直接Androidスマホをつないでデータを保存・保管しておく。これに慣れてしまえばiPhoneにし続ける理由もなくなった、ということでAndroidに切替できた。

また気になる機種が出れば買い換えます

f:id:kei_ta1211:20160410162344j:plain

できる限り出かけるときの荷物を少なくしたい僕にとってモバイルバッテリーを持ち歩く必要がなくなったのが今回の一番のメリットだと思う。充電寿命切れを心配する毎日とはおさらばできそう!

SIMフリーのいいところは端末を自分で自由に選べるところ。キャリアだと機種にまで契約が縛られているけど、SIMフリー端末なら一旦購入してしまえば自分のものになる。ある程度綺麗に使っておいて換金すれば乗り換え時の機種代も抑えられる。

最近どんどんSIMフリーに切り替えている人たちが増えているようです。

www.hitode-festival.com

masudak.hatenablog.jp

azanaerunawano5to4.hatenablog.com

www.mayoinu.com

もっと日本のスマホ事情がキャリアのロック機種に縛られない本来の携帯電話のあるべき姿になっていくことを切に願う。

Zenfone Maxはまた数年くらい使っていくつもり。その中で自分の使い方とかスマホに対する価値観が変わるかもしれないし、求めるスペックとか性能が変わるかもしれない。そしたらまた自分の満足の行く機種に乗り換える。こんな感じで自由なスマホライフを送っていきたい。

ひとまず、今後数年はZenfone Maxで電池寿命を心配する生活とはおさらばできそう。

また使っていく中で気づいた点があれば追記していく。