英語パーソナルジムENGLISH COMPANYの効果と3つの特徴をまとめる

英語パーソナルジムとして人気のENGLISH COMPANYの秘密

大人気の英語のパーソナルジム"ENGLISH COMPANY"は現在400人ほどが受講中で常時待ちの人が200名以上いるという活況ぶり。オシャレな学習スタジオと90日間で結果を出し続ける新しい英語学習ジムとして注目を集めている。

f:id:kei_ta1211:20170418231557j:plain

f:id:kei_ta1211:20170509212647j:plain今回は実際に恵比寿スタジオにお邪魔して、代表の岡社長に取材してきました。

英語のパーソナルジムって具体的にどんなことをやるのか、英語の勉強法について悩んだ僕もものすごく興味がありました。

ENGLISH COMPANYってどんなところだろう?を出来る限り分かりやすくまとめていきます。

取材の中で疑問を色々とぶつけてみました。英語学習の現状と課題、そして英語ジムとしてENGLISH COMPANYの担う役割を非常に丁寧に答えてくださいました。(ありがとうございました)

学校の英語教育の現状

そもそも僕たちって中学高校で少なくとも6年間は英語の勉強をしてきたはずなので、以下の知識はある程度持っています。

  1. 文法(接続詞、be動詞、関係代名詞など)
  2. 単語(記憶するだけ)
  3. 発音(発音記号などのルール)

でも英語を知識として教えることだけに終始しているのが現状です。

have+過去分詞で現在完了です、和訳をしてください、英単語の意味を答えなさい、などなど…

英語がテストのための勉強になってしまってます。

f:id:kei_ta1211:20170418010252j:plain

この英語の知識だけを学ぶ今の学校教育が悪いとは全く思ってません。英語を使うためには基礎基本の知識が絶対必要だし、中学高校でその基礎力は充分に身につけられると思います。

ただ、やっぱり英語はもともと言語だし、本来ほかのたくさんの国の人とコミュニケーションを取るために使っていきたい。でも英語が話せないし使えない…

このジレンマが今の僕たちの英語の状況です。

6年間+αの英語教育でも使えないのはなぜ?

答えはシンプルに「英語の知識」は知っているけど「英語を使うためのスキル」にはなっていないからです。

例えば、ネイティブの人から英語でいきなり話しかけられると英語がなかなか出てこない。

時間をかけて考えてひねり出せば答えられるかもしれないけど、瞬間的に英語を使おうと思うと思い通りにはいきません。

つまり、英語の知識がただ知っているだけのまま眠り込んでしまってるだけなんです。

f:id:kei_ta1211:20170418011102j:plain

これって英語の学校教育が悪いわけじゃなくて、単純に使えるようにするためのトレーニングを積んでいないだけなんですよね。 

 

受験勉強ではひたすら単語帳と文法書ばかりやってました。特に英語の聞き取りがものすごく苦手でしたね。

 

 

受験勉強でやった単語や英文法って知識、つまり「知っているよ」というだけなんです。
でも知っているだけじゃ全然使えませんよね。

 

 

じゃあ受験勉強が無駄かと言えばではないんです。
日本人に圧倒的に足りないのは「英語を使うためのトレーニング」なんです。

例えば、ワールドカップを何十回と見てもサッカーのイメトレにはなるかもしれませんが、サッカーそのものが上手くなるわけじゃないですよね。

 

 

確かに…頭では分かっててもいざ体を動かそうとすると、イメージ通りにはいかないですね。

 

 

そうなんです。英語で話したり、瞬間的に聞いて理解するのって「実技」に近いんですよね。
学校で習う英語だけで必要な知識は身につきます。でも、全然使いこなせない人ってたくさんいます。

だから、いつまでも英語に苦手意識を持ったままの人が本当に多いんです。

 

 

なるほど。受験英語って無駄じゃないんですね。あとは使うためのトレーニングが必要ってわけですね。

ENGLISH COMPANYの役割とは?

学校じゃなく英語スキルを鍛えるトレーニングを提供するジムをコンセプトをもとにできたのがENGLISH COMPANY。

f:id:kei_ta1211:20170417151804j:plain

英語を読む、聞く、書く、話すの4つに分け、このうち読む、聞くスキルを徹底的に高めるトレーニングを提供しています。

さらに、やみくもなトレーニングではなく第二言語習得研究(SLA)という学問をもとに効率的かつ無駄のないメニューを考えてくれます。

文法や単語についてはもう学校で必要な知識は学んでて英語の土台は出来上がっている人がほとんど。でもみんなそのまま社会人になって、仕事が忙しくて英語から離れてるって人も多い。

ENGLISH COMPANYは期間を90日間に絞って、忙しい人こそ無駄なく効率よく確実な英語力アップのトレーニングを行える場所になっている。

ENGLISH COMPANYの独自の強みって何?

今回の取材を通じて、他の英会話スクールや短期集中英語ジムとは違うENGLISH COMPANYの独自の強みを教えてもらいました。

 

他にもたくさん英語の短期集中ってありますが、ENGLISH COMPANY独自の強みを教えてください!

 

 

他と違う強みは3つあります。詳しく説明していきますね。

 

 

 

No.1

f:id:kei_ta1211:20170807085142j:plain

まず、自分専用の英語のパーソナルトレーナーがつきます。パーソナルトレーナーの大きな役割は2つ。

  1. 自分の今の英語における課題を客観的に把握してカリキュラム作成
  2. 今まさに1番必要なトレーニングを細かく指定してくれる

英語は独学でも充分に勉強できるし、シャドーイングや音読など英語力を上げるおすすめの方法として紹介されています。

でも、今の自分にとって何が一番必要で何をすれば最短ルートで英語を伸ばせるのか知っている人はほとんどいない。

どの英語教材を使えばいいの?どんな練習方法が上達の近道なの?今やってることってもしかして無駄なこと?音読って何回やればいい?時間はどのくらい?

一人でやろうとすればいくらでも疑問は湧いてきます。この上達への道筋をプロに完全お任せすることで英語力アップに必要なことだけに集中できるのが一番のメリットです。

 

特に他と違うのが「第二言語習得研究の専門性」です。本気で言語を学んで研修を受けた英語学習プロ集団がトレーニングを行なってくれます。

 

 

第二言語習得研究ですか。

 

 

はい。人がどんなプロセスで言語を学ぶのかを研究する学問です。課題は生徒さん一人ひとり全く違います。その人の今まさに解決すべき課題から優先的にアプローチしていきます。

 

 

なるほど。僕はリスニングが苦手なのでがむしゃらに英語を聴いたり、海外のニュースを音読したりしてます。

 

 

それがSTAYさんにとって今本当に必要な学習方法かって言われるとどうでしょうか?

 

 

そ、そうですね。よく聴いているつもりですし、時間もそれなりに使ってますが効果があるかって言われると、ちょっと自信がないかもです…

 

 

リスニングで「聴けない」原因は2つあります。一つは「音」をそもそも聴けてない、もう一つは「音→意味」に繋がってこない。どちらが今の課題かを見極める必要がありますよ。

 

 

なるほど。そういう視点から考えたことなかったです。ただひたすらに英語を聴き込むくらいしか考えてなかったです。

 

 

パーソナルトレーナーが今STAYさんがなぜ英語が聴けないのか?を正確に見抜いて、そのためのカリキュラムを独自に組むことができます。これが1つ目の強みですね。

 

 

英語学習のプロがそばにいてくれると、本当に今まで苦労してたリスニング力に光が見えてきそうですね。

 

 

 

 

No.2

f:id:kei_ta1211:20170807085356j:plain

短期間で徹底的に英語を鍛える英語ジムは他にもたくさん出てきてます。

その中でもENGLISH COMPANYが持っている独自の強みは、予備校から派生というバックグラウンドを持っていることです。

少人数制と個別指導【医学部・京大・難関大】京都の烏丸学び舎を運営している受験勉強のプロだからこそ「日本人の英語の勉強に何が足りていて何が足りていないか」がを他のどこよりも経験値として持っています。これはかなり強い。

つまり、「どうすれば使える英語が身につくか?」について知り尽くしているわけです。

さらに第二言語習得研究(SLA)という「人がどうやって英語を身につけていくのか」を研究する学問を応用しています。

英語力を無駄なく効率良く上げるための最適なトレーニング方法を練り上げているのが他にはない強み。

 

先ほどの第二言語習得研究の知見から、今まさに課題を解決するために必要なトレーニングをお渡ししていきます。

 

 

リスニング全体を鍛えるためのトレーニングが必要そうですね。もっと詳しく知りたいです。

 

 

もちろんリスニング力全体を鍛えられればベストですが、もっと細かく今必要なトレーニングだけやっていきます。

 

 

英語の音を聴くのがまず苦手なんですよね。全然、耳に入ってこないというか…

 

 

であればディクテーションが良いですね。英語の音が変化する「音声変化」の知識がないために雑音になってしまっている可能性が高いかもですね。

 

 

そうなんですよね。全然、耳に入ってこない音があるというか。早くて聴き逃しちゃうんです。

 

 

まずは音そのものを認識する必要があります。その課題をクリアできたら、次はシャドーイングで自分の脳内にある英語の音をネイティブ発音に切り替えていくと良いと思いますよ。

 

 

あれもこれもせずに、まずは今の自分にとって必要なトレーニングだけ行う感じなんですね。

 

 

そうです。プロセスが分かっているからこそ、課題をクリアすれば次の課題が見えてきます。課題一つひとつに集中するから短期間で効果が出せるんですね。

 

 

とにかくやりまくる!ではなく、本当に効果のあることだけをやれるわけですね。なるほど。

 

 

第二言語習得研究と予備校という学びの専門性があるからこそです。これが2つ目の強みです。

 

 

 

 

No.3

f:id:kei_ta1211:20170807085812j:plain

「さぁやるぞ!」と思っても3日くらい経つと本すら開かなくなってしまう経験は誰もが持っているはずです。

僕のいつものパターンは計画だけでものすごく満足する癖があることですね。はじめに完璧な計画を立てるとそれだけで満足して、最初の1,2日目は頑張るけど、だんだんとやらなくなってTHE ENDがいつものパターン。

でも、ENGLISH COMPANYの考え方はそもそも頑張らないでやれる仕組みや仕掛けを作っていくことが出発点になっている。

やる気ナシでも継続できる、極端に言えば「歯磨きするのと同じレベルで英語を毎日学習する」ような仕組み作りをENGLISH COMPANYは目指している。

 

英語を続けなきゃって頭では分かってても、なかなかモチベーションって続かないですよね。

 

 

英語を続けるって大変ですよね。
でも行動科学をベースにすると「続ける」と「モチベーション」「やる気」って実はあまり関係無いことが分かってるんです。

 

 

え、そうなんですか。

 

 

やる気に頼っていると気持ちに頼ることになるので信頼性が薄いですね。気持ちって必ず浮き沈みするものです。

 

 

それよりも大切なのは「習慣」にできているかどうか、なんです。

 

 

習慣ですか。なるほど。
確かに勢いだけで今までやっていて、冷めてしまうとやらなくなるんですよね。

 

 

例えば、シャワー浴びる、歯磨く、とかは何気なく毎日やってることですね。やる気がないから今日はシャワー浴びないとかってないですよね。

 

 

(笑)

 

 

英語も同じように習慣化させることが大事です。家に帰って英語をやらないと寝れない、くらいまでトレーナーと続ける仕組みを作っていきます。

 

 

英語を習慣化させてくれるわけですね。具体的に使っている方法とかあれば教えてください。

 

 

例えば、どうしても忙しくてまとまって時間を確保できない方には「GRITCARD」というのを導入します。

 

f:id:kei_ta1211:20180607001151j:plain

 

 

おしゃれなカードですね!どんな風に使うんですか??

 

 

このカードの裏側はこんな感じになってます。

 

f:id:kei_ta1211:20180607001151j:plain

 

 

右側のマス目が15分ごとの区切れ目です。

1日の中で15分のスキマ時間を決めて、その時間で何をやるのかをトレーナーと決めます。

15分ならどんなに忙しくても確保できますし、やることさえ決まれば習慣化させることができます。

 

 

なるほど、習慣化させるための細かい工夫があるんですね。

 

 

忙しい人ほど英語が必要だったりします。多忙な人が続けられる仕組み作りができるのもパーソナルトレーナーならではです。これが3つ目の特徴ですね。

 

気になる料金体系と受講生の英語学習の成果

f:id:kei_ta1211:20170419232430p:plain 

入会金50,000円、1ヶ月あたり150,000円でトレーニングで3ヶ月間に凝縮された金額は50万円。単純な金額だけだと明らかに高額に見えるけど、他の英会話学校でのプライベートレッスンと15分あたりの金額をざっくりと比較してみた。

f:id:kei_ta1211:20170420225326p:plain
それ以外の英会話学校のプライベートレッスン料金を比較してみたところ、ほぼ平行線でだいたい3000円前後に収まっている。1レッスンあたりの時間やコストを正確に比べてみれば差はほとんどないですね。

ダントツでコスパが良いのはやはりオンライン英会話。場所を選ばず気軽に、15分単位で見ればコーヒー1杯分くらいの値段でレッスンが可能。

でも、正直「オンライン英会話だけで英語力が伸びた!」っていう人はほぼ聞かない。英語力を鍛える場所ではなく、単にコミュニケーションを取るだけだからだと思います。

f:id:kei_ta1211:20170419232324p:plain

代表の岡社長もおっしゃっていたが、確実に英語が上達するトレーニングを凝縮して効率よく結果を出すのに必要な期間が90日間とのこと。だらだらと長く続けても勿体無いだけだし、期間を区切ることでメリハリも出てくる。

必ず上達させる自信があるからこそ1ヶ月間無条件返金保証という制度付いている。

受講している人ってホントに英語力伸びてる?

ENGLISH COMPANYに来ている人の大半は20代〜40代の学生や社会人。就職活動で英語を武器にしたい人、社会人になって急に英語が必要になった人など必要に迫られて受講しているっていう人が多いらしい。

英語力はある程度、中学高校のときの英語の基礎が身についている人でTOEICだと400〜600点ほどの人たちが多いみたいです。

*ただ、英語そのものの知識がほぼ0(TOEIC350点以下)の人は対象外になる可能性があるとのこと。

具体的な結果については公式サイトもしくはイングリッシュカンパニーの評判と実際の英語力アップ実績まとめの記事でもまとめているのインタビューを確認してみて欲しい。300点以上アップしている人たちも沢山います。

とはいえ、TOEICの点数はあくまでも指標。ENGLISH COMPANYが提供している3ヶ月間の目的は正しい英語のトレーニング方法を習慣化させることにあるようです。

自分の課題に沿った英語力アップのトレーニングを積み重ねることで英語の基礎体力が伸び、必然的にTOEICの点数も上がっていくとのこと。

どんな人が受けるべき?

  • 多忙で時間がないけど英語がとにかく必須
  • お金を払ってもいいから短期間で英語力を伸ばしたい
  • 英語の勉強において無駄なことは出来ればしたくない
  • 英語の正しいトレーニング方法を一生の財産にしておきたい
  • 自分一人じゃ絶対に英語が続かない自信のある人

英語は自己投資だしこれからますます必要になるのは分かりきってること、でも日々の仕事が忙しいし時間もない。そんな人こそ、英語に無駄な時間を費やすのは本当にもったいないです。

とはいえ魔法のようなラクな方法はないけど、とにかく無駄なく効率よく英語学習ができる時代にきている。

まずは無料体験を受けてみよう

ここまで詳しく説明はしたものの、英語のパーソナルジムって実際にイメージがなかなか湧かない人も多いはず。

ENGLISH COMPANYでは無料の体験授業を随時募集しているので、少しでも気になる人は受けてみるのが早い。

体験授業は開始待ちの人も多いとのことなので、英語力を伸ばしたい!って意志がある人は早めに受けないと開始までかなり待つ可能性があるとのことでした。気になる人はぜひ受けてみよう。

 

ENGLISH COMPANYに対する僕なりの率直な意見

ものすごく個人的な意見だけど、英語の教材って本当にたくさんあるしうまく使いこなせば、わざわざ英語スクールに通わなくても英語力を伸ばせると思います。

でも仕事に追われたり、そもそもモチベーションを維持出来なかったり、英語の勉強法で試行錯誤する時間は正直ものすごくもったいないと思います。

アマゾンで星5レビューに近い「良さげ」な教材を買ってきて、自分なりのペースでだらだらと英語を始めても気がつけば勉強しなくなります。

どうせ世の中で英語力を上げる方法論はもう分かりきってることだし、あとは時間をかけて独学するか?それともお金を払ってプロに任せるのか?になってくるんじゃないかと思います。

 

ENGLISH COMPANYの一番のポイントはまさに英語のプロに完全にお任せできる点です。f:id:kei_ta1211:20170419014429j:plain

英語の勉強を自力ではなく、効率良く、できれば時間をかけずに、でもなるべくお任せしたい、という人におすすめです。

自由に体験レッスンを受けられるし、自分に合うかどうかはとりあえずやってみて判断してみるのがベストなんじゃないかって思います。

そもそも英語をやる上で必ずぶつかる壁は続かないことです。

「これだ!」っていう明確な目標でもない限り、毎日続けるのは相当意志の固い人じゃないと厳しい。90日間で英語の無駄のない効率的なトレーニングで負荷をかけるなら、独学よりトレーナーと一緒にやる方が確実に継続できるはず。

90日間で50万円という投資を高いと見るか、安いと見るかは人それぞれです。だからこそメリットと手に入るものをきちんと理解して判断できるようにしておきましょう。

取材の感想 まず取材を通じて英語に対する本気度が伝わってきました。ただ闇雲にトレーニングするのではなく、現状のレベルを客観的に見て足りない部分を徹底してトレーニングで補っていく。他にはない予備校っていうバックグラウンドがあるからこそ、教材から方法論まで緻密に考えられていました。英語のパーソナルトレーナーがいることで今まで続かなかった人、結果が出なかった人を90日間変える、その熱意がほかとは比べ物にならないくらいでした。

記事中のインフォグラフは全てにてSTAY MINIMAL作成

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

英語学び方ガイドマップ

まず読んでほしい記事
英語勉強法と計画のすべて

英語学習に役立った参考書まとめ
┗ 英語の基礎基本を学べる「11冊

話す力をつける学習方法
瞬間英作文

英語を聞く力をつける学習方法
◆具体的なリスニング力の上げ方
┣ 英語の音をモノにする「シャドーイング
┣ 聴けない原因を探る「ディクテーション
┗ 英語の音を聞き取れる「発音の上達
◆聞く力にテコ入れする「音声変化」
┣ 音声変化を学べる「おすすめアプリ
┗ アウトプットしながら学べる「おすすめ教材

英単語を増やすためにやったこと
英単語の覚え方

やみくもな独学より英語パーソナルジムを選ぶべき理由
◆英語ジム一番おすすめは「 ココ
┣パーソナルジムは「 なぜおすすめなのか?
主な英語パーソナルジムまとめ
┗ 英語パーソナルジムの「実績ってどうなの?