イングリッシュカンパニーとライザップどっち?評判・口コミを徹底比較

「イングリッシュカンパニーとライザップどっち?評判・口コミを徹底比較」のアイキャッチ画像

ENGLISH COMPANYとRIZAPイングリッシュを徹底比較

英語の短期集中スクールとして有名なイングリッシュカンパニーライザップイングリッシュの2社を徹底的に比較していきます。

英語を短期集中で学ぶ場所ですが、それぞれの強みと特徴をまとめていくと大きな違いが見えてきました。

特徴と強み

ENGLISH COMPANYは専門性を武器にした「課題発見」に強み、RIZAPは独自のRIZAPメソッドで「モチベ継続」に強みを持ちます。

イングリッシュカンパニー
特徴
ライザップイングリッシュ
特徴
アカデミックタイプ。

予備校から事業をスタートして一貫して教育に根ざしており、言語学を研究する大学との繋がりなど教育的ななバックグラウンドがある。

第二言語習得研究の専門性の高さが売りで講師はその道のプロばかり。学習を続けることに関しても行動科学という知見をベースに「習慣の獲得」を目指す。教育に一貫して根ざし、課題発見による学習の無駄を省くことを強み。

言語学の専門性が高い専属パーソナルトレーナーが対応。

結果にコミットタイプ。

世界標準の英語教育体系と13万人で証明された「人に寄り添う」RIZAP流メソッド※を英語学習に当てはめたプログラム。

科学的な理論をベースとした英語脳育成法をもとに、英語を英語のまま理解できる「英語脳」へとスイッチさせる手法。

そこにRIZAP流の手法として「なりたい自分」から逆算する英語学習プランを提案。これまでのRIZAP流学習継続メソッドが一番の特徴。

イングリッシュカンパニーは第二言語習得研究の専門性が高く、学習生産性を高めるのがポイント。アカデミック型で「英語学習」における専門性を探求して正しい方法で学んでいくタイプです。

ライザップはRIZAPメソッドをフル活用して「なりたい自分」を目標にした結果コミット型。他にはない知名度と英語学習を挫折させない目標設定・トレーニング・継続サポートでガンガン英語を学習するタイプです。

学習スタイルを比較

f:id:kei_ta1211:20200202213322j:plain

イングリッシュカンパニー
学習スタイル
ライザップイングリッシュ
学習スタイル
課題発見&解決型。

時間あたりの学習生産性を高めることが目的。英語学習においてどこでつまづいているのかをアセスメント。課題を見つけ、正しく学習していくよう導いてくれます。

週2回、1回90分の対面トレーニングで英語のティーチング(英語の指導)が入っているのが最大の特徴。

学習時間を増やすのではなく、学習時間あたりの効果を最大にするスタンス。

英語脳をつくる型。

個人の目標設定を英会話なのかTOEICなどのテスト系かを明確にする。その「なりたい自分」に合わせてPDCAを回しながら英語脳を鍛え上げていく。

週2回x50分〜の対面トレーニングでアセスメントテスト、英語ビジネススキル指導のトレーナーが対応。

目標ありき、そのゴールに向かってトレーナーがRIZAP流に優しくときに厳しく指導してくれるのが特徴です。

イングリッシュカンパニーは専門性を武器に、学習の無駄を無くす=時間あたりの「質」を高めることが強み。トレーナーと一緒にトレーニングをして、毎日のサポートを受けながら学習生産性を高めていく感じです。

ライザップはライザップメソッドをもとに英語学習の継続を英語脳を徹底的に鍛えてことが強みです。

目標設定と学習継続についてはかなりのノウハウを持っているようなので、これは他社が真似できない大きな強みだと言えますね。

公式サイト>>英語のパーソナルジム ENGLISH COMPANY

公式サイト>>ライザップ英語脳メソッド RIZAP ENGLISH

学習コースを比較

イングリッシュカンパニー
学習コース
ライザップイングリッシュ
学習コース
全レベル対応コースとグループコース。

第二言語習得研究の知見から英会話力に絶対的に必要になるのが「インプット」。効率よく英語を学習するための課題発見と正しいトレーニング方法を教授していく。

英会話に特化しているというより、英会話に繋がる基礎力を鍛えるトレーニングがメインであるといえる。

トレーニングの成果はすべてTOEICの数値をモノサシとしており、総合的な英語力をアップさせることを一番の目的にしている。

英会話コースとTOEICコース。

イングリッシュカンパニーにはないのが英会話コース。ビジネス英会話力をJ-CEFRという独自の基準からレベル別に分類。瞬間英作文、ビジネス英会話フレーズを徹底して練習できるコースになっています。

相手の気持ちを「受け止め」、自分の気持ちを「伝える」力を高めるトレーニングをこなしていく。

他にはないJ-CEFRというスピーキング基準が明確なのが魅力で、ビジネスマンが英会話力を高めるための他にはないコースです。

ENGLISH COMPANYは第二言語習得研究の知見から英語の運用力を鍛えていくトレーニングが強み。

TOEICを実績のモノサシとしており、全体的なレベルアップはもちろん英会話力にも繋がる英語の運用力を鍛えられます。

自社オウンドメディアにもある通り課題への科学的アプローチがイングリッシュカンパニー最大の魅力と言えそうです。

ライザップはイングリッシュカンパニーよりも「英会話」に力を入れている点が魅力です。J-CEFRという日本独自の英会話レベルを設定し、目標を決め込みます。その目標に向かって英会話力をビシバシ鍛えるライザップ式のトレーニングを行っていきます。

目標=自分がなりたい姿を想像し、そこに向けてトレーナーと一緒に突き進めるのがライザップの大きな魅力です。

公式サイト>>英語のパーソナルジム ENGLISH COMPANY

公式サイト>>ライザップ英語脳メソッド RIZAP ENGLISH

学習時間と管理方法を比較

イングリッシュカンパニー
学習時間と管理方法
ライザップイングリッシュ
学習時間と管理方法
スキマ時間を活用して1〜2時間。

ガッツリ3〜4時間取り組むようなことはせず、1日の中のスキマ時間を有効活用して1時間から学習を無理なく行っていく。

行動科学という学問をベースに無理なく毎日やっていく「習慣作り」をメインで行っていく。

具体的かつ明確な学習スケジュールはなく、毎日のLINEでやるべきことを伝えてくれる。インタビュー記事を見る限り、個々人に合わせて柔軟に対応しているとのこと。

1日2〜3時間を寄り添いで。

目標を軸にした英語学習計画を立案。1日にどういったことをやるか決定。ライザップのボディメイクと同じように、1日のうちに決められたことをやっているかLINEを使って確認を取ってくれます。

学習の継続も「寄り添い」で圧倒的な見守りを実施。これでもかというくらいに濃密なサポート体制でやらざるを得ない環境づくりを行っています。

イングリッシュカンパニーは「行動科学」をベースにした効率重視なタイプ。

継続のために必要な「習慣化」を行動科学で徹底的にサポート。学習そのものも無駄なく、効率よく、正しく英語学習をすることを目標としています。

ライザップはライザップメソッドを活用した「寄り添い」をベースにした徹底援助タイプ。目標と学習計画を綿密に組み立て、そこに向けて圧倒的に寄り添ってサポートしてくれます。目標に向けて1日ずつ積み上げ、挫折しないようメンタル面を徹底して支えることを目的としているイメージですね。

この比較を見て公式サイトを見てみると、それぞれのポイントが見えてきます。ぜひ参考にしてみてください。

公式サイト>>英語のパーソナルジム ENGLISH COMPANY

公式サイト>>ライザップ英語脳メソッド RIZAP ENGLISH

実績とスコアアップ比較

どのくらいの実績が出ているかも参考にしたい情報の一つ。それぞれの実績を分析してみました。

イングリッシュカンパニー
実績一覧
ライザップイングリッシュ
実績一覧
<TOEIC>

455→855(+400UP)

665→870(+215UP)

690→845(+155UP)

540→835(+295UP)

645→845(+200UP)

680→945(+265UP)

655→895(+240UP)

インタビュー合計56記事以上

<TOEIC>

565→745(+180UP)

590→775(+115UP)

720→800(+ 80UP)

インタビュー合計6記事以上

イングリッシュカンパニーとライザップを比較すると、その差はかなり大きくなりました。TOEICの点数の伸びを見ても数値から差は歴然です。

f:id:kei_ta1211:20200103130114j:plain

圧倒的にイングリッシュカンパニーの方がインタビュー数も実績も多く、ライザップも巻き返せないほどでした。

こちらの記事にもまとめているので、参考までにどうぞ。

 

ライザップは英会話ベースのビジネス面での効果をインタビューする記事が多かったのですが、数はそこまで多くはありません。

f:id:kei_ta1211:20200103130358j:plain

実績で選ぶならイングリッシュカンパニーということになりそうです。

それぞれの公式サイトにも実績が多数掲載されていますので、気になる人はぜひチェックしておくことをおすすめします。

公式サイト>>英語のパーソナルジム ENGLISH COMPANY

公式サイト>>ライザップ英語脳メソッド RIZAP ENGLISH

講師のタイプを比較

それぞれの公式サイトに加えて求人サイトも確認してみました。どんな人たちが講師として担当してくれているのか?そのこだわりが見えてきました。

イングリッシュカンパニー
募集要項
ライザップイングリッシュ
募集要項
《求める人物像》

●先進的なことが好きな方

●英語の専門的な知識がある方(大学等で専門的に英語を学んだ方は特に歓迎)

●新しい英語教育に取り組みたい方

●学校・塾等での英語の指導経験のある方歓迎

【具体的には】

▼TOEIC850点以上または同等以上の英語スキルがある方

▼大学等で専門的に英語を学んだ方

▼新しい形の英語指導に挑戦したい方

《求める人物像》

●業界経験は不問

★万全のオリジナル研修制度があるから安心!

【具体的には】

TOEIC800点以上、またはそれに準ずる英語力をお持ちの方専門研修を1ヶ月実施。

好きな英語をツールにしてお客様の喜ぶ顔を見たいというサービス精神の高い人たちが集まっていること。結果に対する貪欲さと「RIZAPメソッド」を学べます。

イングリッシュカンパニーは大学で専門的に英語を学んだ言語の専門家たちが集まっています。

f:id:kei_ta1211:20191110011420j:plain

さらにENGLISH COMPANYはトレーナーひとりひとりの経歴を載せています。例えばこんな感じです。

AKIHIROさん

幼少期をイギリス、ロンドンで過ごす。早稲田大学卒業後、大手英会話学校で英会話及びTOEICを指導してきた。英語指導歴は20年を超える。

一貫しているのは英語教育に関する経験をほぼ全員がもっていること。全員包み隠さずに公開しているのは信頼の証。TOEICの実績も公表しており、常にオープンな情報開示をしている点には好感が持てます。

ライザップは「英語ができる人にライザップ流のメソッドを研修する」という印象を受けました。ライザップの気になる点はまとまったコンセプトがないことであり、個々の力量にかなり左右されているのではないか?と考えています。

ぜひ、それぞれの公式サイトで講師の人たちもチェックしてみてください。無料の体験レッスンへ行くとよりイメージが湧くと思います。

通いやすさを比較

どちらも関東圏の主要な場所に店舗はあります。オンラインも開講しているので、関東在住の方以外でも特別場所の影響を受けるという感じではありません。

イングリッシュカンパニー
スタジオ一覧
ライザップイングリッシュ
スタジオ一覧
<関東11店舗>

池袋、新宿、恵比寿、有楽町、神田、銀座、品川、六本木、四谷、横浜、大宮

<関西4店舗>

梅田、北浜、四条烏丸、神戸

オンラインあり

<関東9店舗>

銀座、渋谷、池袋、新橋、新宿御苑、新宿、日本橋、秋葉原、赤坂見附

オンラインあり

金額・対面時間・オプションサポートを比較

料金体系とサービス内容についても徹底的に分析してみました。コスト面を比較すると大きくは変わりませんね。

イングリッシュカンパニー ライザップイングリッシュ
入会金 50,000円

全レベル対応トレーニング、初級〜上級向けグループトレーニング

3ヶ月/495,000円

支払い方法:振込のみ

分割最大15回払いまで対応

*30日間返信保証あり

入会金 50,000円

ビジネス英会話コース、TOEIC L&Rスコアアップコース

2ヶ月(16回)/328,000円

3ヶ月(24回)/450,000円

支払い方法:振込、クレジットカード

分割払い対応

*30日間返信保証あり

イングリッシュカンパニーとライザップイングリッシュを選ぶならどっち?

ここまで比較して、両者の強みを徹底比較。どんなひとが受けるのが良いのか?という最終的な個人的結論をまとめてみます。

イングリッシュカンパニー
特徴まとめ
ライザップイングリッシュ
特徴まとめ
・学術系タイプ

・無駄なく学習効率化

・行動科学による「習慣化」で継続

・講師からの英語学習指導あり

・オリジナル教材の開発力が高い

・寄り添いタイプ

・英語学習を徹底サポート

・目標・日々の積み重ね指向

・英会話中心のJ-CEFRを導入

・ライザップ流メソッドを英語に

<イングリッシュカンパニーに向いてる人>
英語の専門家からアドバイスを受けて、迷いなく正しい方法で英語を身に付けたい。毎日無理せず自分ができる範囲で効率よくやりたい。それから先生から英語を丁寧に教えてもらいたい。

<ライザップイングリッシュに向いてる人>
やり抜くこと、トレーナーからの手厚いサポートが継続のために大事。自分が挫折したり、心が挫けそうになったときに優しく寄り添ってくれるトレーナーの存在が必要。人の力を借りて英語力を伸ばしてほしい。

短期集中型の英語トレーニングは、貴重な時間とお金を集中投資することになります。判断材料を増やしたいなら、無料の体験レッスンにどちらも行ってみることを僕はおすすめします。じっくり検討して、自分に合う方を選んでみてくださいね。

イングリッシュカンパニー派はこちら

 

ライザップ派はこちら

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。