STAY MINIMAL

外国人に喜ばれるおすすめの日本のお土産15選をまとめる【留学・ホームステイ】

SPONSORED LINK

留学やホームステイで持っていくべき日本のお土産

f:id:kei_ta1211:20170316002412j:plain

もし、海外に留学やホームステイをするならどんな日本のモノを持って行けば喜んでもらえるのか?実際に僕も大学時代に留学した時は何を持っていけばいいのか分からずあたふたしてしまった。僕なりに海外のサイトなどを調べて、外国人に人気のお土産や間違いない製品をいくつかピックアップしてみる。

もちろん、その土地の風習や住んでいる人たちの好みまでは分からないので、ある程度の個人的で大まかな情報になるけど参考にしてみてほしい。

ちなみに、僕自身はお箸と扇子を100均で買って行ったけどそれなりに好評だった。折り紙などは教えながら英語が上達するのでイイかもって思ったけど、あまり興味を持ってくれなかった経験がある。本当にその土地ごとで好みが変わると思うので、ざっくりと参考までのお土産として考えていただければと思う。

食品サンプルUSB

食品サンプルが外国人に人気っていうのは有名だけど、やっぱり実用性って無い。飾りだし、もらえると確かに一時的に嬉しいかもしれないけどどうせなら長く愛用してほしい。食品サンプルUSBメモリなら日常生活で使えるし、日本ではこんなバカバカしいもの作ってるんだよ、ってネタにもなる。

HOMESTAR ホームスター

日本独自のおもちゃって海外では考えられないほどクオリティの高いものが多い。ホームスターはセガトイズから出ている自宅用プラネタリウムで、実際にホームパーティや自宅クラブ化する人たちも多いので一つのサプライズネタとして重宝するはず。

iPhone cover 

iPhoneを持っているかは別として、クールな日本ならではのデザインカバーは確実にウケるはず。漢字や和柄など、海外の人向けなデザインも多いのでまずは自分自身のスマホに装着しておいて、話題に上がったら日本での購入方法などを教えてあげるとイイかもしれない。

弁当箱 曲げわっぱ

海外にたまーにいる友好的な日本好きな人、特に女性は弁当箱を良く知っていることがある。僕の留学時代、チャイニーズ系アメリカ人が熱心に弁当箱に埋め尽くされたランチをネットで見て作っていたことがあった。お土産としていきなり持っていくのはハードルが高いけど、例えば食べ物を持ち運ぶ用として持参して反応を見てみるのはアリかもしれない。

けん玉

けん玉もある程度できるようになっておくと現地での会話のきっかけになる。実際に、言葉よりも一芸があった方が海外の人からの反応も良く名前と顔を覚えてもらえる。仲良くなって来たら、フリースタイルのけん玉WorldCupのパフォーマンス動画を見せるとさらに興味を持ってくれるかもしれない。


けん玉世界選手権 1on1Final/ Kendama World Championship 1 on 1 Tournament CATCH & FLOW 2015 #TadaimaJapan 

フリクションペン

アメリカに行って驚いたのは、シャーペンと消しゴムを使う人がほとんどいないこと。ボールペンで書かれ、間違いは二重線などで消す「上書き」文化を目の当たりにした。そして日本ほど筆記用具が進化している国も珍しいだろう。摩擦で消えるフリクションペンは実際に日本に観光に来た外国人が買って帰るお土産としても人気だ。

カルピス

とにかく甘党な外国人のニーズにばっちし合うのがカルピス。ダンキンドーナッツで砂糖が溶けきれないくらい注ぎ込まれたコーヒーを見た時はさすがに驚いた。相当な甘党だけど、正直このカルピスのパッケージを見ただけで買っていく外国の人はほとんどいない。というか知名度自体もそれほどない。だからこそ、日本を代表する甘党向けのジュースとしてオススメできる。単純に割って飲むだけじゃなく、お酒を割るときにも使える。

伊藤久右衛門 宇治抹茶のお菓子

もう有名すぎるけど抹茶系のお菓子は鉄板。どのサイトを調べても出てくるし、特にキットカットは海外でも有名で、日本限定の味がたくさんあるので人気だ。ちょっと渋いけど、京都 宇治 伊藤久右衛門は京都宇治に店舗を構えるお茶屋で抹茶のお菓子を数多くラインナップしている。

食べ物なので重すぎず軽すぎず挨拶代わりに渡せるし、初対面で挨拶するときなんかにはオススメのお土産だろう。

マンナンライフ蒟蒻畑

なぜか中国・韓国で大ブレーク中の蒟蒻畑。実際に博多駅のドラッグストアではこれでもかというくらい買い物かごに蒟蒻畑を敷き詰めるアジア系の観光客で溢れかえっている。お手軽だし、歯ごたえがクセになるのでこれも初対面のお土産として便利だ。

出ない順 試験に出ない英単語

日本の英語を使ったギャグのくだらなさはホント随一。去年、外国人の友人と京都旅行(京都観光で外国人を観光案内して評判・ウケが良かったおすすめ観光名所7選【英語観光案内】をした時にたまたま宿泊したドーミトリーにあったのがこの本。

他の泊まり込んでいた外国人が本屋でたまたま発見したらしく、かなり爆笑していた。自分の国で売り出したら間違いなく大ヒットすると豪語するくらい気に入っていたけど、中身は本当にくだらない英単語帳の一言。逆に言えば、現地でネタに困った時の最終手段として使えるはず。

扇子

扇子はスタンダードなお土産として考えておけば良い。場所は取らないし、100均にも売ってあるので手に入りやすいし喜んでもらえる。特に暑い地域ではかなり重宝する。和のデザインのものが数多くあるし、浮世絵の扇子なんかも日本的で喜ばれるだろう。

ゴリラポッド

お土産、というか留学先やホームステイ先で仲良くなったらみんなで写真を撮る、を目標にできるのがコレ。渡すだけがお土産の全てじゃなく、例えばこのゴリラポッドを持っていくなら現地の人と絶対に仲良くなって写真撮る!という一つの目標にもできる。

目標が達成できれば記念にお土産として渡してもイイだろう。どんな物でも考え方一つで単なる道具から自分の想いを達成する道具に変えることは可能だ。

漢字Tシャツ

日本好きの外国人なら間違いなく食いつくのが漢字Tシャツ。特に着るものに関しては抵抗なく受け取ってくれるのでいくつか仕込んでおくと重宝する。ちなみに僕はTシャツをあげるなら、必ずある程度仲良くなってからにしている。いきなり渡されてもちょっと戸惑うだろうし、日本にそう言えばあんなヤツがいたなぁって思い出してくれた方が絶対に嬉しい。

ただ、日本サイズとアメリカンサイズは一回り違ってくるので、もし事前に準備するのであればサイズ感だけは注意しておきたい。

これもアジア系なら鉄板のお土産。実際にアメリカやイギリスではフォークやスプーンが主流だけど、チョップスティックもアジア圏の食事の時に使うものとして認知度は常識並。ただ、使い方に慣れていないことがほとんどなので、逆に使い方を英語で言えるようにしておくと英語力も上達するので一石二鳥でオススメだ。

 

以上、外国人に喜ばれる日本のお土産15選でした。最後までお読みいただきありがとうございました。 

過去記事アメリカ留学で僕には日本人としての価値なんてなかった【海外留学体験談】

過去記事英語の勉強に役立つおすすめアプリを厳選して8つだけ紹介

過去記事英語で日本の文化やおもてなしを紹介したい人向けおすすめ本10選【2016年度版】