STAY MINIMAL

全ミニマリスト達が愛用する小さくて薄い財布15選を調べてみた

SPONSORED LINK

f:id:kei_ta1211:20170816012457j:plain

2017.8.16更新

僕自身、財布はできる限り薄くて小さなものを選びたいと思っている。小銭やお札はかさばると嫌だし、長財布にも僕はあまり魅力を感じていない。もちろん、ポケットが多くて沢山のカードやレシートが収納できる財布は魅力的かもしれないが、あまりにも必要のないレシートやポイントカードで満たされた財布を常に持ち歩くのはちょっと気が引ける。

日本では「持たない暮らし」が流行ってきているし、僕自身もできる限り外出する時は最低限で手ぶらで身軽な格好をしたい。そこで、日本や海外で使われているミニマリスト財布を調べてまとめてみた。今回紹介する財布は合計で15個。僕自身もできる限り薄くてコンパクトな財布を探し求めているのでいいものがあれば買って試してみたい。

ヘッダーの見方としては「メーカー名 - サイフ名(いくら)」でまとめている。財布の名前が見つからなかったものについてはWalletとしておく。ドルは2017年8月時点で110円換算して簡易計算しているので目安としてみて欲しい(送料含まず)。
実際の費用についてはご自身でお調べ下さい。

1. JAC HENRI - wallet(10000〜36000円)

f:id:kei_ta1211:20160403225146p:plainf:id:kei_ta1211:20160403225347j:plain
photo:JAC HENRI, LLC.

相当シンプルな財布。ほぼカードと同じ大きさしかない。カード社会のアメリカならではのお札とカードだけをコンパクトにしまう機能に特化している。価格はどんな生地を使っているのかによって変わってくる。例えば、写真以外ではワニ革やトカゲ革などがあり、見た目の高級感やテカリ具合が全然違って価格も260$ほどになっている。ゴムが若干安っぽいかも?

▶︎JAC HENRI, LLC. - Slim Functional Wallet - USA

2. CAPSULE - wallet(8000円〜)

f:id:kei_ta1211:20160403233912j:plainf:id:kei_ta1211:20160403233939j:plain
Photo:http://capsulewallets.com/collections/minimalist

 こちらは9種類のカラーから選べるようだ。お札をクリップに挟んで、カードは中に収納するタイプ。かなりシンプルだけど、日本円はちょっとはみ出してしまうかもしれない。マネークリップにかなり近いと思う。ただし、普通のマネークリップよりはお札の形も維持できるし全体的な見た目も非常にスリム。

▶︎The Minimalist™ Wallet Collection

3. Madera - Poquito minimalist wallet (6000円〜)

f:id:kei_ta1211:20160620232406j:plain

Photo:http://gearmoose.com/

海外で主流になってきているのは木製の財布。カードやお札の形を崩さなくていいので重宝する。基本は木製のマネークリップと思ってもらっていい。画像を見てもイマイチ使い方が分からなかったので動画を調べてみた。日本の財布にはない独特の使い方が魅力。マネークリップがあまり浸透していない日本で木製の財布が使われる日も近いかもしれない。

Poquito Wallet KickStarter

送料はかかるが日本からでも購入できるようだ。ちょっと裏側が裸で見えてしまうのは人を選ぶかもしれないが日本ではまずないユニークな財布だ。

▶︎Madera - Poquito Wallet in Walnut

4. Most Rad - minimalist Wallet (4000円〜)

f:id:kei_ta1211:20160405234803j:plain f:id:kei_ta1211:20160405234817j:plain
Photo:http://mostrad.co/

安くてシンプルなMost Radの財布。外側によく使うカードを差し込むポケットと中にカードポケットとお札を挟み込むバンドが付いている。構造は非常にシンプルでポケットにも名刺入れのように気軽に入れられそう。お札を表向きに出したくない人にはいいデザインになっている。色は4種類ある。

▶︎Most Rad

5. FIRETI - Omega Titanium Wallet (5000円〜10000円)

f:id:kei_ta1211:20160406001100j:plainf:id:kei_ta1211:20160406001118j:plain
Photo:http://gearmoose.com/omega-titanium-wallet/

チタン製のカードケースのような財布。チタンは素材としてはかなり優秀で錆びないし強いし軽いしでかな重宝しそう。その硬さを利用して栓抜きになんかも利用したりと、もう財布という域を超えてる感のあるケース。これはちょっと欲しいかも。ただ、公式サイトに入ってみたがemail登録画面のみ。登録が必要なのかもしれないので、販売が行なわれているかどうかは僕が確認してみてまたここにアップしようと思う。

▶︎FIRETI - TITANIUM MINIMALIST WALLETS

6. Milagroミラグロ - 二つ折り財布(5000円〜)

ミラグロの財布は実は僕の愛用品。小銭入れとカード入れ、お札入れをすべてまとめたような作りになっていてとてもシンプル。カードを入れる枚数も決まっているため、そもそも多くのカードが持てないような作りになっている。カード枚数が無駄に増えることもないし、必然的に断捨離する必要がある。

一つだけ注意してほしいのは、薄さはそれほど追求されていないこと。薄さを捨てて機能面も持たせたミニマル財布と言っていいだろう。かなりおすすめだ。

実際に使用したレビュー記事薄くて機能的でコンパクトな財布Milagroミラグロのおすすめレビュー【2年間使い倒し】も書いたので良ければこちらも読んでみてほしい。

7. JI Bussetto - Envelope Card Holder (6000円〜)

f:id:kei_ta1211:20160620232706j:plain

Photo:http://gearpatrol.com/

これまたざっくりした感じの財布。というか物入れ的な感じ?これも日本にはない財布の形で面白い。カラーの種類は結構あって調べた限りだと6色。カード、お札、小銭をひとまとめにして入れる感じでズボラな人には向いているミニマリスト財布かもしれない。財布というよりはネーミングからカードケースという位置付けなのかもしれない。ちなみに素材は柔らかそうに見えるが一応木製で厚みは1cmとのこと。これは実際に見てみないとわからないかなぁ。

▶︎Envelope Card Holder – Il Bussetto

8. Bellroy(ベルロイ) - SLIM SLEEVE (10000円〜)

日本でも有名なベルロイは海外でも人気あり。僕自身も正直この財布にしようか迷ったことがある。詳しい説明や実際にどういう収納になっているかは公式サイトが一番詳しいのでこちらを参考にするといい。この財布なら日本のアマゾンからでも購入が可能だ。AmazonBellroy メンズSlim Sleeve ウォレット

ベルロイの財布にはいくつか種類があってその人の趣向に合ったデザインを選べるようになっている。ここで紹介しているSlim Sleeveは結構上級者向けで、カードのみを収納する「現金持たない派」のミニマリストが愛用するモデルになっている。他にいくつか種類があるので紹介しておく。

Note Sleeve(ノートスリーブ)はお札を折らずに入れたくて、少量の小銭も入れたい、でもできる限り薄くしたい!という人向けの財布。一番スタンダードで機能的。

Mochaは旅行好きの人のために工夫を凝らした財布で、パスポートやチケット入れ、ミクロペンという独自の小さなペン、カードを保管できる極薄な財布。スキミング防止機能もついているので、国内だけでなく海外も飛び回るような人が使えるミニマル財布になっている。

かくれんぼの意味を持つHide&Seekは文字どおり隠しポケット付きの収納性の高い薄い財布になっている。とにかくシンプルでカードも10枚近く収納が可能、小銭入れも簡易的ではあるけど一応付いてます。何より、どんなに収納しても薄くなるような設計がもともと財布に施されているので他のどんな財布も厚く感じてしまうほど。

僕自身、この会社には非常に好感を持っていて財布をいかに薄く軽くしていくかという工夫が凝らしてある。ミニマリスト財布という目線から財布を製造しているので、軽くて薄い財布が欲しい人にはオススメだ。

9. ALTO - alto wallet (4000円〜)

f:id:kei_ta1211:20160406003635j:plain
Photo:http://www.altocollective.com

木製で形が牛乳瓶かと思ったw一応、持ちやすいように工夫された形状になっている。で、どうやって使うの?という疑問を僕自身持ったので公式サイトを調べてみるとYoutubeで使用感を紹介していた。

いやー挟み込みのタイプだったのか。めっちゃ振り回してるけど、本当に落ちないのだろうか(笑)でも動画を見る限り問題はなさそう。あとはその場でカードをババ抜きのように広げられるようになってるようで意外と便利なのかもしれない。

▶︎Minimal Wood Wallet - The Alto Wallet – Alto Collective

10. Madera - Union Wallet in Cherry (4000円〜)

f:id:kei_ta1211:20160406004431j:plain
Photo:Madera - Union Wallet in Cherry

3番目に紹介したブランドの別バージョンの財布。使い方は公式サイトを見た方が早い。やはり木製のミニマリスト財布は結構多くて、形もキープできるし使い勝手も良さそう。写真から日本札も入りそうだしカードポケットもある総まとめ的な財布として活躍しそうだ。

11. Whipping Post - Mojave Picker's Wallet (4000円〜)

f:id:kei_ta1211:20160405235323j:plain
Photo:http://whippingpost.com/collections/wallets

これはめちゃくちゃお洒落!ギタリストが持ってるとめっちゃかっこいいかも。ミニマルギタリスト的な人が増えてくるかもしれない。色は茶色と黒の2種類あるようで、価格もかなり安め。裏側には定期入れのような真ん中がくり抜きされたポケットがあり、シンプルにカード差込みポケットとお札を入れるポケットが付いている。

▶︎Mojave Leather Picker's Wallet - Whipping Post

12. FRUH(フリュー) - スマートショートウォレット(4600円〜)

この財布は調べてきた中でも一番薄い8mm。デザインもめちゃくちゃシンプルでジップ付きの小銭入れとカードポケット、お札もしっかりと入る。やはり日本の財布は財布の機能をしっかりと残したまま薄くなるように設計されている。色の種類も多いため、おしゃれ感を保ったまま使える点もいい。

はてなブログでも紹介されていて、写真でかなりわかりやすかったので紹介しておく。

買ってよかった薄い財布 FRUH スマートショート・ウォレット - kaztrellaの日記

13. the RIDGE- スマホよりも小さい財布

日本でも増えてきているスタイリッシュなマネークリップ財布。おしゃれ感を維持しつつ使いやすさにもこだわったデザインで男性に限らず万人受けすること間違いなし。

f:id:kei_ta1211:20170425012657j:plain
公式ホームページhttp://ridgewallet.jp/より

カードを12枚収納しても厚みはわずか2cmほどで、ポケットにいれても全くかさばらないように設計されている。何より、アルミやチタニウムっていう素材感がいい。

the RIDGE ザ・リッジ チタン マネー クリップ 

僕のお気に入りはこのチタン製のマネークリップ。チタンといえば錆びない、軽いで有名な合金で長く使うように考えられているのが素晴らしい。色味にもこだわったデザインでもあるのでカッコいいマネークリップとして使いこなしてみたい。

14. Ainste - Evan Wallet (4000円〜)

f:id:kei_ta1211:20160620232834j:plain

Photo:http://www.ainste.com/collections/products

色やデザインはいくつか種類があり、バンドのAINSTEというロゴが特徴的。Instagramでもこの財布の写真が数多く紹介されていて、日常シーンで使うイメージを想像させてくれている。これはかなり参考になるし、こういうのをみるとお洒落だし買ってみたくなる。

▶︎@ainste2013 • Instagram photos and videos

バンド部分にお札を挟んで、中にカードをしまい込める。シンプルでデザイン性を重視したミニマリスト財布。これ、海外のミニマリスト財布の中でも一番欲しいかも。

15. abrAsus(アブラサス) - 薄い財布 (10000円〜)

徹底的な薄さとポケットに入れた時の快適さを重視して作られた財布。素材の皮の重なりを極力なくす工夫が随所に見られる究極の薄い財布と言っていい。僕自身、ミラグロとこれでかなり迷った。カード5枚、コイン10枚、お札10枚が入って約13mmくらいの厚さ、収容力もなかなか高い。中身はある程度複雑でも構わないのでとにかく薄くてポケットの中がかさばらない財布が欲しい!という人におすすめ。

ミニマリスト愛用財布のまとめ

財布選びはなかなか難しい。現状はミラグロの二つ折りに落ち着いているけど、次はどんな財布にしようかと思っている。願わくばビットコインを世界中で使える共通通貨として保有しつつ、小銭は全て募金箱へ、お札とカードのみ保有するという究極へと踏み込んでみたいと思っている。

今回調べた海外のミニマリスト財布も日本から簡単に購入できるようになってきている。eBay公認海外オークションサイト セカイモンのサイトでは海外のオークションサイトの財布を探すことが可能。日本では手に入らない製品も多いのでチェックしてみてほしい。

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

おすすめ国内旅行をミニマルに楽しむための便利な持ち物リスト&アプリ

おすすめ薄くておしゃれな人気のマネークリップおすすめ10選【ミニマリスト愛用】

おすすめ一人暮らしで本当に買ってよかった物おすすめ15個まとめ【2016年】