タイムズカーシェアを3年間使ったのでメリットとデメリットを語る

タイムズカーシェアの評判とか使ってみた感想

f:id:kei_ta1211:20160420005203p:plain

 2013年からタイムズカーシェアに契約して3年経ったので僕なりの使い方とか感想とかをまとめておきたい。

カーシェアってどんな感じなのかな?コストってどのくらい?使える?っていうことがほんの少しでも伝わればと思う。

2019年6月26日更新

タイムズカーシェアを使おうと思った理由

車を所有する必要性をあまり感じなかった、のが一番の理由

福岡って都会でもあり田舎でもある。バスや電車移動ができるし便利なんだけど、郊外であれば車がないとなかなか厳しい。

とはいえ週5日間は仕事だし、めったに車を使うことはない。

仕事から帰ってきて予定があればたまに乗るか、休日にちょっと遠出するときくらいしか使いません。

近所のスーパーとかコンビニくらいなら自転車があれば事足ります。

ってわけで、わざわざ車の維持費と駐車場代を毎月払い続けることにちょっと抵抗がありました。(そもそも車への所有欲もあまりなかったのもある)

何かいい方法はないかな、って考えていたときにたどり着いたのが「カーシェア」でした。

タイムズカーシェアの料金まとめ

タイムズを利用した場合の料金表をざっとまとめてみます。

初期費用 1,550円(1人/1枚)
プラン一覧 個人プラン/家族プラン/学生プラン/法人プラン
月額料金 1,030円(学生・法人は無料)
利用料金 ベーシック 206円/15分
プレミアム 412円/15分
6時間パック 4,020円
12時間パック 6,690円(16円/走行km)
24時間パック 8,230円(16円/走行km)
アーリーナイトパック(18:00~24:00) 2,060円(16円/走行km)
レイトナイトパック(24:00~翌9:00) 2,060円(16円/走行km)
ダブルナイトパック(18:00~翌9:00) 2,580円(16円/走行km)

*具体的な料金表は公式サイトもご確認ください。

個人であれば月1,000円くらいの基本料金と使った分だけを支払いします。学生や法人であれば基本料金は無料。お得ですね。

f:id:kei_ta1211:20180122141104j:plain

カード1枚というのも嬉しい。どこでもこのカード1枚でカーシェアできるので、財布の中に車を収納してる感覚です

車種はどこのステーションで車を借りるかによって違うけど、結構たくさんあります。特に、プレミアムクラスならなかなか乗れない車にも乗れたりします。

ベーシッククラスの車種【¥206/15分】

プリウス、プレマシー、デミオ、フィットシャトル、アクア、ノート、ヴィッツ、カローラフィールダー、スイフト、ミライース、ムーヴ、i-MiEV、NV200バネット、ハスラー、パッソ、インプレッサ、N-BOX、フリード、AD、ソリオ、キューブ、フィット

プレミアムクラスの車種【¥412/15分】

BMW 116i、MINI One、MINI One CROSSOVER、CR-Z、LEAF、Audi A1、プリウスα、セレナ、CX-5、ノア

カーシェアリングの会社の中でも種類はかなり多い。もちろん、予約さえすればすべて乗ることができます。

6時間パックであればここで紹介した全車両(プレミアムクラス含む)を4,020円で使えます。いろんな車に乗って楽しめるのも、カーシェアの良いところですね。

個人的なタイムズカーシェアの良い点・悪い点

使い始めるまではわからなくても、実際に使ってみていいなと思うことや不便だなと思うことって必ず出てきます。僕なりに感じたことをまとめてみます。 

良かった点・メリット

1. 思った以上に簡単、便利、快適

はじめは、本当に好きな時に好きなだけ車に乗れるのだろうか、と疑ってたんだけど使ってみるとかなり簡単で快適でした。

予約はネット上で簡単にできるし、ちょっと乗るのが遅れそうだったり延長が必要な場合でも柔軟に対応できるようになってます。

他の誰かが乗っていても、返却予定時間の15分後には予約が入れられます。(他の人の使用時間とかぶらせることはできない)

f:id:kei_ta1211:20160420204600p:plain

時間帯欄のピンクが誰かが使用中青が空きを表してます。

この場合、4月21日の0時15分から予約できます。もし、今すぐ乗りたいっていう場合は【空き待ち設定】を押しておけば、予約キャンセルや使っている人が早めに返却した場合にメールで知らせてくれます。

その他で例えば、なんとなく車でドライブしてスッキリしたい気分!ってときにちょっとだけ車を借りて好きな音楽流しながらノリノリでドライブしちゃう、っていうニーズにも答えてくれます。

好きなときに、自分のニーズに合わせて柔軟に使えるのが魅力の一つ。

2. 旅行や出張にかなり役立った

f:id:kei_ta1211:20160420205920j:plain

例えば、遠出の旅行計画を立てる時に「車を好きな時に使える」という選択肢が増えます。

事前にカーシェアそのものがあるかを確認しておけば、この時にここに行きたい!っていうときにタイムリーに使えたりします。

僕はこれで一気に旅行先での選択肢が広がりましたね。

それから、急な出張とかで県外に出たときも使えます。せっかくだから、ちょっと遠くにある美味しいものでも食べに行けます。レンタルの場合の面倒な手続きとかいらないし、カード1枚でできるのだから利用価値はむちゃくちゃ高いです

3. ガソリンとか車検とか車の維持費を気にしなくていい

f:id:kei_ta1211:20160420210255j:plain

給油は専用のカードが付いている。ちなみに、給油すると利用時間が15分サービスされるようになっているので給油によるデメリットはほとんどない。

それから、車検コストも全くかからない。車の維持費がすべて基本料金1000円と使った分の料金に含まれている。もちろん、他の人が利用したり車の駐車場所は指定されるが使い方によってはかなりお得に車を維持することができる。

4. 万が一の事故などの保険も完備で安心

車を運転する以上、事故のリスクは必ずつきまといます

特に、カーシェアだと毎回乗り慣れていない車を運転することが多くなります。もし何かしらの事故が起きてしまった場合どうなるのか?

大丈夫、そういうときのために事故補償がきちんと設定がされてます。

タイムズカーシェア補償制度

対人補償(他人を死亡させたり、けがをさせたりした場合の補償)/1名につき 無制限 (自賠責保険 3千万円を含む)

対物補償(他人の物や車に損害を与えた場合の補償)/1事故につき 無制限 (対物免責額 0円)

車両補償(タイムズカーシェアの車両に損害があった場合の補償)/1事故につき 時価額 (車両免責額 0円)

人身傷害補償(ご自身や同乗者が死傷した場合の補償)/1名につき 無制限

この料金も使用料金の中に含まれてるので、余計な心配は無用。とはいえ、事故を起こさないのが一番なので、できるかぎり安全運転を心がけよう。

(補償金額以上の場合や車を傷つけた場合などは自己負担になることがあるのでご注意を!)

悪かった点・デメリット

1. カーシェアする場所までの距離

全国にカーシェアできるステーションは少しずつ拡大されているとはいえ、まだまだすべての場所をカバーできているわけではないです。

もちろん、タイムズはカーシェア業界の中では利用できる車やステーションの数はかなり多いと思うけど自宅から遠い場所に点在する可能性は避けられません。

借りた場所に返却する必要もあるのでそれなりに歩く覚悟は必要。例えば、雨の日に10分先にあるステーションまで歩く必要があったりするとなかなかためらってしまいます

どこにカーシェアのステーションがあるかは事前に検索できるので、自宅の付近にあるかどうかだけでも確認しておくことをお勧めします。このあたりは自分の使用頻度どのくらいまで許容できるのかをじっくりと検討したほうが良いですね。

2. 他の人が使用中で肝心な時に使えなかった

みんなが使いたい時間帯が被ってしまうことが多々あります

特に、休日や連休期間になると結構使われてたりしますね。都心などであれば一つの地域にいくつか大きなステーションがあるので、探せば空きがあるかもしれません。

でも小さなステーションであれば、1、2台を利用者同士で取り合うことになります。例えば、6時間パックなんかを使われるとそれだけで使えるタイミングを一気に失ってしまいます。

使いたい日時が決まっているなら、なるべく早めの予約をおすすめします。

3. 時間を気にしながら運転してしまう

自分の車に乗っていれば考えることもないけど、カーシェアの車であれば基本的に使った時間に応じて料金がかかります。例えば、突発の事故、交通規制、長い渋滞なんかにハマるとその分かかった時間料金を払わないといけません。

気軽に利用できるけど、できる限り料金は抑えたい。そう考えるほど時間を気にして運転しなきゃいけません。これがストレスになる人もいると思います。

4. 車のカスタマイズができない

これは車好きの人にとっては致命的。みんなが使うものなので自分仕様に改造ません。

基本は純正のままだし、本当にただ車を使うためのサービスなので車を移動の手段と割り切れる人じゃないとカーシェアは向いていないかも。

カーシェアの幅広い利用体験の例

カーシェア使用例1:引っ越しの手伝いで家具を運んだ

f:id:kei_ta1211:20160420220558j:plain

友達が引っ越しする(県内)ということで荷物運びを手伝おうと思ったときにカーシェアを利用。大きい車が良かったのでノアを使って家財を持ち運んだ。

ベッドなんかもギリギリ入るし結構重宝した。友達は引っ越し業者に頼まずに済んだし、僕はカーシェアでかかった料金プラス気持ちくらいをもらった。時間的にもあまり猶予がなかったけど、こういう突発的な対応とかで大きな車を気軽に使えたのは便利だった。

カーシェア使用例2:旅行先の沖縄でフル活用

f:id:kei_ta1211:20181211234244j:plain

昔、沖縄旅行に行ったのだけれどカーシェアをフル活用して旅行を楽しんだ。

ここで48時間パックを利用。料金は2日間で総額13,000円

レンタカーであれば基本料は安いもので6000円くらいのものはあったけど、カーシェアならガソリン代や保険料も無料だし借りた駐車場に停めれば駐車場料金も無料。予約だけしておけば面倒な手続きもなくてカード1枚で鍵が開く。

借りた車はスズキのソリオで結構大きいので荷物を積むのも楽だし、車を使わない時は国際通りで買い物して、また好きなだけドライブして、海に入って帰って来る。かなり自由に使わせてもらった。

カーシェア使用例3:レインボーブリッジ横断

f:id:kei_ta1211:20160420223445j:plain

たまたま仕事で東京の出張があったときのこと。前日入りでちょっと時間に余裕があるし、せっかく東京に来たのだからちょっと面白い楽しみ方ってないかと考えた。

そんなときにノリでカーシェアでアウディA1に乗り込んでそのままレインボーブリッジへドライブしようと思い立った。普段乗れない車に乗って、普段行けない場所をドライブするって実際にやってみるとめちゃくちゃ楽しい

もちろん、BlueTooth付きの車だったのでスマホに保存してあるお気に入りの音楽を聴きながら運転するってもう最高。

こういう使い方っていいよねって今更ながら思う。

カーシェア使用例4:どうしても欲しい車があると言われて・・・

f:id:kei_ta1211:20160427213042j:plain
写真:https://clubmini.jp/9218

友達から車を買いたいけど悩んでるって相談を受けた。乗りたい車がBMWのMINI ONEって車らしい。ミニって確かに人気あるからなぁ・・・と思ってたけど

「そういえばその車カーシェアにあったんじゃね?」

探してみるとちょっと離れたステーションだったけど福岡にも乗れる場所があった!友達めっちゃ大はしゃぎして夕方まで空きなかったからそのまま時間潰してそのステーションに直行。

車を買うときにどんな乗り心地か確かめる、という方法でも使えるなぁと思った。(もちろん狙いの車種があればだけど)結果的に友達はMINI ONE買ってた。

ちなみに契約車以外は基本は運転NGなのでご注意を。僕の友人はわざわざこのためにタイムズと契約してたけど。(笑)

カーシェアで車との付き合い方を見直してみよう

すべての人にカーシェアが当てはまるとは思わないし、自家用車の方がメリットが大きいケースもたくさんあると思う。ただ、あまり使ってない車の維持費だけを払い続けているのであればカーシェアという選択肢も全然ありだと思う

カーシェアというと普段使いのことばかり考えているけど、契約するだけなら毎月の維持費は1000円だけだし持っていればいざという時に使えたりして結構便利だったりする。

僕自身はできる限りモノを少なくミニマルにしていきたいという思いもあるし、カード1枚で運用できるカーシェアはかなり僕のニーズに応えてくれている。

東京都内でカーシェアするならカレコが断然お得

f:id:kei_ta1211:20181211234648j:plain

旅行などで頻繁に利用する機会が多いなら車の絶対数が多いタイムズカーシェアをおすすめしたい。ただ、それ以上に東京都内で利用するならカレコ・カーシェアリングクラブの方がかなりお得だ。

一番の魅力は一度でも乗ればその月の会費が0円になること。

タイムズカーシェアだと乗っても月額1000円かかってしまうけど、カレコなら無料。

f:id:kei_ta1211:20180122143000p:plain

f:id:kei_ta1211:20190519004453p:plain

実際にカレコカーシェアを使ったときに月々でいくらくらいかかるのか?は公式サイトでシミュレーションできるので気になる人はチェックしてみよう。

f:id:kei_ta1211:20190519004627p:plain

料金シミュレーションはこちら

都内だとちょっとした時間の利用にも便利な10分での料金設定も魅力的。

そして乗れる車の種類もタイムズカーシェアとほぼ変わらない数が準備されている。

なにより一番の魅力は乗れる高級車がとにかく豪華。レクサス、ベンツやロードスター、メルセデス・ベンツやボルボ、ジャガーなどの輸入車まで乗れる。

都内を高級車で疾走できるのもカレコの魅力。これはタイムズにはない一番のポイント。

f:id:kei_ta1211:20180122143840p:plain

f:id:kei_ta1211:20190519003858j:plain

高級車に乗ってみたい、旅行のついでに東京の街をドライブデートで周りたい、海外の高級車も試してみたいなどニーズに応えてくれる。

タイムズについで関東地域であれば乗り場はかなり充実してきているので、東京都内でカーシェアの利用を考えているならタイムズよりもカレコのほうがおすすめ

東京でカーシェアを検討している人、さらに情報がほしい人はまずは公式サイトを検討しよう。

具体的にカーシェアを利用した場合、どのくらいの見積もりになるかは申し込み画面で検討できるので気になる人はこちらもチェックしてみよう。

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

関連記事一覧