STAY MINIMAL

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

九州各県の方言で「すごく美味い」は何と言うのか面白おかしくまとめてみる

福岡 おすすめまとめ

スポンサーリンク

九州各地に根付く独特の「すごく」を表す方言

f:id:kei_ta1211:20170321011308j:plain

今回は九州全7県(福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、宮崎、鹿児島)の「すごく」「かなり」っていう強調表現にフォーカスを当ててみる。単純にこんなにあるの!?って笑ってしまうくらい沢山の種類がある。九州とはいえ地域によって全然方言が違うしイントネーションも違う。福岡で生まれ育った僕でも、九州のほかの県の人たちの方言って全然わからないし凄く新鮮に感じる。というわけで早速書いていくことにする。

九州の各県民の「すごく美味しい」表現

シチュエーション
九州の各県民がラーメンを食べて「すごく美味い」を方言で言ったら

シチュエーションは、過去記事の博多一風堂で出されるあのお茶の簡単お手軽な作り方の中でも紹介している全国チェーン化したとんこつラーメン店「一風堂」でラーメンを食べたイメージを想定してみる。

f:id:kei_ta1211:20170225162350j:plain

また、今回は福岡ブロガー会で繋がりのあったmalimoさん(ガケップティ – ガケっぷち人生を好きなことをしながら楽しむ。)にイラストを描いてもらった。普通のイラストじゃ面白くないので、極端にインパクトのあるマンガ絵の女性を描いてもらった。「とにかくやり過ぎ感を出してほしい」という無茶な要望に応えて頂いたmalimoさん、ありがとうございました!

福岡県民が食べた場合 

f:id:kei_ta1211:20170321012137j:plain

ちかっぱ、は誰でも使ってるわけじゃないけど使うときは使う感じ。僕の周りでは「ばり」とか「めっちゃ」がよく使われてる印象が強い。もう少し北九州寄りになってくると「でたん」、南部の筑豊地方なら「ぎゃん」とか言う。大牟田方面だと「くー」を使うらしいんだけど僕自身は聞いたことなし。同じ福岡県民でも住んでいる地域によって全然違うから面白い。

「ばり」は九州全域で使われており、九州北部から中部にかけて良く使われていてほぼスタンダードになりつつある。それぞれ婆さん世代はよく使ってたけど、今では死語に近い表現もあると思う。

佐賀県民が食べた場合

f:id:kei_ta1211:20170321012147j:plain

がばいばあちゃんで一躍有名になった「がばい」って言葉。「がっぱ」とかも使われるし、単純に「がぁ」とか一言で省略されたりもする。佐賀県の人って僕が知っている方達はみんな声が大きい人が多い気がするけど、単なる個人的な偏見だろうと思っている。

長崎県民が食べた場合

f:id:kei_ta1211:20170321012203j:plain

長崎県民の先輩と昔一緒にバイトで働いてたことがあるけど、「バリ」を結構使ってたので今はそこまで「いじで」などは使わないのかもしれない。いや、むしろ使っているところをぜひ聞いてみたい。

個人的には、言葉の語尾に「〜しとったっさ」と「さ」を付けるのがお気に入り。一時期は長崎弁に影響されていた若かりし頃もあった。

熊本県民が食べた場合 

f:id:kei_ta1211:20170321012214j:plain

くまモンの存在でだいぶ有名になった熊本県だけど、方言の強さと濃さもまた随一。たいぎゃは「大概」から来ているし、まうごつは「舞い上がるほどに」から派生していると言われている。どれも年配の方が使うことが多いらしい。

イメージは博多弁と結構似てるけど、独自の言い方があるのが熊本弁の特徴だと思っている。NAVERまとめなんかにはツイッターで実際に熊本弁つぶやきがまとめられてるのでこれはこれで面白い。

ユニークな響きで人情味ある“熊本弁”の魅力【方言・熊本県・肥後もっこす】 - NAVER まとめ

このイラストも好き。いやいや、食べてないし!とか思う(笑)

大分県民が食べた場合

f:id:kei_ta1211:20170321012237j:plain

大分も独特の方言が多い。「しんけん」は「真剣に」が由来になっている可能性が高いと言われている。おんせん県大分として有名で、 別府地獄巡りのおすすめコースと見どころをまとめる【観光グルメ】でまとめたように別府に行った時はそこまで方言は強くはなかった。大分弁は独特のおっとり感があるのが魅力的だ。

僕が知っているのは、「めんどくさい」を「よだきー」と言ったり、語尾が「〜っちゃ」(Dr.スランプアラレちゃんみたいな感じ)となったりする。大学時代に大分出身だった友達がいて、ちゃっちゃちゃっちゃ言いまくってたのは正直ちょっと面白かった。というのはオフレコで…

宮崎県民が食べた場合

f:id:kei_ta1211:20170321012249j:plain

宮崎県民の友人がほぼいないのでちょっと個人的にはイメージが湧かないけど、「てげ」とか「てげな」が宮崎弁の代表格。宮崎といえばチキン南蛮が有名で、高千穂峡など自然豊かな県として栄えている。malimoさんの今回の7県イラストの中でもセンスはピカイチ。いや、イラスト、箸折れとるけね!!笑 とツッコミたくなる。

鹿児島県民が食べた場合

f:id:kei_ta1211:20170321012301j:plain

鹿児島まで来ると少し東北訛りのようなイントネーションになる気がするのって僕だけ?昔、屋久島旅行に行ったときフェリーはいびすかすで屋久島ひとり旅!魅力と奇跡と失敗の全記録に電車の中で一緒になった中学生の会話を聞いていると、言ってること全然わかんない。 同じ九州でもこれだけ方言の違いが出るんだなって素直に驚いたことがある。

言葉の面白さ・方言の由来から地域の歴史を紐解く

以上、九州7県それぞれの「かなり」「すごい」の方言をまとめてみました。同じ九州でも方言は全然違うし、ほぼ通じない表現なのも面白い。強調表現は特に濁点が使われることが多く、大分を除く6県で濁点が入っている。

方言そのものについて調べるのも面白くて、その土地が持ってる独自の歴史を映し出してるんじゃないかって思う。例えば、福岡や熊本で使われる「ばってん」という言葉の由来は「but then」ではないかという説もあったりする。調べれば調べるほど方言の奥深さと魅力にハマっていきそう。

 

今回描いてもらった7県のイラストのうち大賞は「宮崎県」に勝手に決定しました!ここまで読んでくれた皆様も好きな県のイラストがあれば是非教えてくださいね。

今回イラストを描いてもらったmalimoさんのブログはこちら↓

ガケップティ – ガケっぷち人生を好きなことをしながら楽しむ。

 

お仕事の依頼があればCrowdWorksから募集されているようなのでイラスト描いてほしい方は依頼してみてはいかがだろうか。

malimoさんのプロフィール【クラウドワークス】

 

過去記事福岡博多のお土産選びで地元民おすすめの買って帰ってほしいお土産20選

過去記事博多もつ鍋お取り寄せで人気のある名店の味おすすめ8選ランキング 

過去記事福岡地元民が人気のおすすめ明太子選びのポイントを紹介【9社の特徴や違いまとめ】