【ガチ評価レビュー】プライムイングリッシュの評判と効果まとめ

「【ガチ評価レビュー】プライムイングリッシュの評判と効果まとめ」のアイキャッチ画像

プライムイングリッシュの全てをまとめます

リスニング力とスピーキング力を同時に高められるプライムイングリッシュ。

この記事では、英会話教材として評判になっている結果にコミットする英会話教材【プライムイングリッシュ】を実際に使ったガチレビューを書いていきます。

買おうか迷っている人、気になっている人にとって参考になるよう、実際に著者が使ってみた感想、本当に英語学習に使えるのか、みんなの評判などもまとめていきます。

プライムイングリッシュの主な特徴

f:id:kei_ta1211:20170509011706p:plain

特徴まとめ

  • ★「音声変化」でネイティブらしい発音が学べる
  • ★独自のサンドウィッチリスニング手法で上達
  • ★現地で使われる自然な英会話表現だけを厳選
  • ★CDかけっぱなしでラクに効果的に練習できる

一番の特徴は音声変化を英会話フレーズで学べること。プライムイングリッシュは英会話用の教材なのですが、実はリスニング教材としてもかなり使えるんですよね。

単なる聞き流しではなく「リスニング」「スピーキング」ことに特化して鍛えられる教材です。

プライムイングリッシュを使うメリットは??

メリット

一人でも英会話練習ができる

英語の音声変化を学んでリスニング力UP

CDかけっぱなしでラクに取り組める

特に英会話初心者で「スピーキング」だけでなく「リスニング」も同時に鍛えたい人にかなりおすすめです。

これまで聴き流し教材はいくつか出てるけど、本当に聴き流すだけでした。

f:id:kei_ta1211:20180728145444j:plain

聴いているだけの教材は、集中できない、学びがないという理由でそもそもの効果が薄いです。

プライムイングリッシュは、音声の中にはあえて空白部分があり、口に出すことを求められるので他の聴き流し教材とは全く違います

f:id:kei_ta1211:20180728145452j:plain

擬似会話と言って、CDの中で英語を話しているような感覚になるよう工夫されています。本当に使える厳選されたフレーズをとにかく聴き、それをアウトプットできる仕掛けがあるのが良いところです。

プライムイングリッシュの個人的な評価

まずは、僕自身がプライムイングリッシュを使ってみた総合評価をまとめてみます。

GOOD

・教材がネイティブが使う自然な表現で飽きない

・ちょうど良い教材量

・独学でも迷うことなく簡単にできる

・サポートが万全

BAD

・毎日繰り返すための仕掛けがない

・文法や単語の詳しい説明が少ない

教材の英会話表現を読むとわかるのですが、実践的な内容や場面を想定しているので実用性はかなりあります。

f:id:kei_ta1211:20170510230125j:plain

1ページの英会話の量は多くなく繰り返すのに負担にならない

プライムイングリッシュを使ってみて、一番大きかったのがリスニングした瞬間の発話力が高まったことです。相手の話を聞いた瞬間に口から英語を話す練習をしたので、聞く力と話す力が同時に上がったと感じました。

プライムイングリッシュを購入した人たちの本音

プライムイングリッシュの会話は登場人物の会話の面白かったです。また、スロースピードで吹き込んだ音声が入っているのも魅力的でした。

スロー音源のおかげで、英語で聞き落としていた音声変化をつかむことができました。

今までは頭で考えた英語を話していたのですが、使用後はプライムイングリッシュのセリフが自然と口から出てきました。英語が口から溢れ出すという体験を実感することができ、驚きです。これからも使っていきたいと思います。

40代男性40代男性
これまで独学で英語を学ぼうとして参考書を開いても、ネイティブのような発音はいつまでたってもできませんでした。

プライムイングリッシュはゆっくりスピードの発音があるので、無理なく繰り返し練習できます。 今まで知らなかった音声変化に驚くと同時に、英語の発音に対してますます好奇心が出てきました。

単語の発音に対する固定概念を破って、頭を柔軟にして繰り返し練習すれば、カッコイイ英語の発音が身につくと同時にリスニングにも強くなれるのではと期待ができます。

20代女性20代女性

プライムイングリッシュは本当に効果あるの?

使ってみて実感したのは「瞬間的な英会話力」と「リスニング力」の向上です。

  • 音声変化で英語の細かい音まで聴ける
  • 日常英会話でのリスニング力アップ
  • ネイティブの使う英会話フレーズを学べる

特にリスニングに関しては音声変化を学べるのが一番のメリットです。

音声変化ってそもそも何?知らないという方も多いと思うのでちょっと補足説明をします↓

音声変化とは単語が単体もしくは複合で一部の音が脱落したり弱くなったり全く違う音になったりすることです。音声変化は特別なことではなく、むしろ日常会話ではそれが自然です。例えば”Thank you”もそうです。”thank”と”you”を別々の単語ではなく結合して発音しています。公式サイトより引用

実は、僕たち日本人が英語ってこう聞こえると思い込んでいる発音とネイティブが会話の中で使う発音って全然違ってます。この音が変化すること(音声変化)を理解していないことが英語が聞き取れない原因なんです。

本質的に聴き取れない原因は速いからでもなく、周波数でもなく、音声変化そのものを知らないからなんです。

この音声変化を学べば、リスニングでネイティブの自然な英会話を聴き取る力がつき、同時にスピーキングにも良い影響が出てきます。

f:id:kei_ta1211:20191008103601j:plain

音声変化を知らないとリスニング力は一生上がらない!?

音声変化って何なのか?まずは以下の英文を見てみよう。

f:id:kei_ta1211:20170815175144j:plain

普通に読むと「ハヴィングアカップオヴコーフィー イズ ワンオブザベストタイム フォーミー」となるが、実際にネイティブが英会話の中で話すと全く違う発音に変化する。

例えば、”cup” と “of” は音がつながって“カップォヴ”となります。さらに、この”of”は「オヴ」ではなく、「ヴ」もしくは「ゥヴ」のように弱形という母音の音で弱く短く発音されます。

f:id:kei_ta1211:20180728152119j:plain

なので”of”は「オブ」だと思って聴くけど、音声変化してもはや「オヴ」なんて発音していないんです。これじゃ聴き取れるはずがない。

こうした英語の音声変化には一定のルールがあるので、覚えてしまえば一気に会話の英語が聞き取りやすくなります。逆に言えば、この音声変化のルールを知らないと英会話の英語を聞き取れなくて当たり前なんです。

プライムイングリッシュにはこうした音声変化がかなり詳しく解説されており、特にカタカナ表記で視覚的に音の変化が理解できるようになってくる。そうすると一気に聴き取れる英語が増えていきます。

英会話と同時にリスニング力も高められるのがプライムイングリッシュでしかできない大きなポイントです。

\より詳しく公式サイトでチェック/

 

ネイティブの発音を聞き取るためのトレーニング方法

聴き流して英語のリスニング力が伸びるわけはなく、なんとなくシャドーイングや音読をしていても英語の細かい音を聴き取れるようにならない。

自分がこう聴こえてくるだろうと想定している音と実際に英語がどう発音されているか、このギャップを埋めることが大事。

プライムイングリッシュにはスローモーションで吹き込まれた発音がCDで聴けるのがものすごくリスニング力アップに効きます。

f:id:kei_ta1211:20171225002343p:plain

英語を聴き取れるようになるためには「自分で発音できる」ことが非常に大切。自分で言えない発音は聴き取れず、脳の中で雑音として処理されてしまいます。

英語の発音・リズムに深く踏み込んだ工夫がされているのがプライムイングリッシュの最大の強みです。

プライムイングリッシュの動画で聞き取りのコツが学べる

サマー先生が英語の音声変化講座をYoutube動画にアップしてくれているので、教材と合わせてチェックしてみよう。

ネイティヴが会話の中でどうやって英語の音を変化させているか、分かりやすく学べるようになっている。動画と合わせることで学習効果は何倍にも跳ね上がります。

プライムイングリッシュのデメリット

デメリット

英語フレーズの丸暗記になりがち

カタカナで音を理解してしまうかも

英文の単語・文法の解説がサラッとしている

英文の単語・文法について事細かくて詳しい解説はないため、「なぜこういう意味になるのか?」を十分に理解できない可能性があります。ここがおろそかになるとただ音の丸暗記になってしまいます。

また、音声変化についてカタカナ日本語の補助が付いているけど、「英語の発音は日本語で表せない」のは大前提だということを理解しないといけない

このカタカナ英語は一度染み付くと厄介なので注意が必要です。あくまでも補助として使い、最終的には英語の音そのものを理解できるようにしておこう。

デメリットをカバーする方法はある!

デメリットを充分カバーできるサービスがプライムイングリッシュには整っています。

デメリットをカバーする方法

<その1>会話文の文法や単語について必ず理解を深める

<その2>カタカナ(日本語)発音から最終的には離れる

<その3>単なる丸暗記ではなく英文を自分で組み立てる

まずは英文の単語・文法を確実に理解すること。分からなければメールサポートなど受け付けてくれるのでどんどん質問しよう。

それから、カタカナ表記はあくまでも補助的で音が繋がっている手がかりとして理解すること。最終的には、英語には英語の音があることを理解することが大切。

ちなみに、プライムイングリッシュでこの点がサポートされてないか確認したところ「フレーズ添削サービス」という特典があり、自分で作成した英文をネイティブが添削してくれるそうです。

教材学習ではなく、アウトプットまで想定して手厚くサポートしてくれるのはかなり魅力的でここまでのサポートがある教材はなかなかない。

プライムイングリッシュはこんな人におすすめ

f:id:kei_ta1211:20170510231732j:plain

  • 英語力はそこそこ(TOEIC400〜600)
  • リスニングに苦手意識が強い人
  • ネイティブの流暢な英語になると途端に聞き取れず意味不明な人
  • 自然な会話フレーズを確実にマスターしたい人

自然な英会話表現を学びつつ、音声変化でリスニング力を高められるのがプライムイングリッシュの最大のポイント。

特に、リスニングに対する苦手意識が強い人には心強い教材になっています。

教材費は6ヶ月間分で29,800円ですが、1日あたりで換算すると165円です。

14日以内であれば全額返金保証が付いているので、もし教材が合わないと感じた場合のバックアップ体制もしっかりしています。

さらにメールサポート付きで、疑問点は全て質問に答えてくれるサポート付き。

今から始めて6ヶ月間毎日やることで圧倒的な差がつきます。何もしないまま半年を過ごすのか、毎日5分だけでもCDをかけて英語に慣れていくのか、その差はかなり大きくなります。何か試したい!と思ってるならぜひ試してみてください。

\\ 14日間全額返金保証付き!! //

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。