【効果まとめ】ビジネス英会話の1ヶ月超短期間集中One Month Program

【One Month Program】英会話の超短期集中講座を取材してきました

f:id:kei_ta1211:20180522231356j:plain

プロの英語通訳人材派遣として有名なテンナイン・コミュニケーションが新しく「超短期集中英会話」のプログラム【One Month Program】を作ったということで内容を詳しく伺ってきました。

僕個人も週1回通う英会話学校に言っていたことがありましたが、効果をかなり感じにくいという悩みがありました。

1ヶ月間という超短期集中で英会話を身につけるコースとのことで、かなり短期間で英会話を集中して学びたい人におすすめです。

エントランスも北欧をイメージして作られていてかなりオシャレでした。電話ボックスみたいな絵が書いてある場所に受付の電話があります。

f:id:kei_ta1211:20180522234349j:plain
f:id:kei_ta1211:20180522234454j:plain

 

f:id:kei_ta1211:20180522235002j:plain

入り口の会社ロゴ。Ten-nineは9が10個で99.99999999%のサービスを目指すという意味。100%に限りなく近いけど、ほんの少しの改善点があることを絶対に忘れないようにという想いがあるそうです。

 

打ち合わせルームもかなりお洒落でした。ここで色々とお話を聞いてきました。

f:id:kei_ta1211:20180522234641j:plain

というわけで、ビジネス英会話を1ヶ月で集中して学ぶOne Month Programについて質問したことをまとめていきます。

 

本日はよろしくお願いします。せっかくの機会なので、ストレートに質問をぶつけていきたいと思います!

 

 

 

 

 

よろしくお願いします。

 

 

 

 

では早速…One Month Programとは具体的にどんな内容なんでしょうか??

 

 

 

 

もともとは弊社の取引先のIT社長様が「英会話を短期間で集中して身につけたい!」というというニーズに応えようとして生まれたんです。

超多忙な人が短期集中で英会話力を身につけられるプログラムになっています。

 

 

 

 

 

 

忙しいな人ほど短期間で身につけたい!という要望も多そうですよね。1ヶ月間で具体的にどんなことをするのでしょうか??

 

 

 

 

 

主にはテキストと週2回の弊社の通訳ネイティブ講師との60分マンツーマン英会話を行います。具体的にはこんな感じです↓

 

 

 

 

One Month Program内容

内容

初回カウンセリングでスキルチェック&ニーズをお伺いします。 専属の日本人トレーナーが付いて課題「シャドーイング」「英作文」「ディクテーション」を細かく添削、chatworkを使って課題提出と日々の進捗サポートを行います。加えて通訳ネイティブ講師との週2回プライベートレッスンがあります。

日々の学習流れ(毎日)

<テキスト学習>

リーディング、音読、シャドーイング、単語学習

(内容具体例)自己紹介・会社紹介・自社サービス紹介・仕事内容/道案内・ホテル・レストラン・買い物/アポをとる・仕事を依頼する・資料依頼する など(ニーズに応じてカスタマイズ可能

<課題>

ディクテーション、英作文

chatworkで提出、専属トレーナーが添削

ネイティブ講師と英会話(週2回60分)

指定した場所に派遣される出張マンツーマン英会話

受講期間と料金

1ヶ月/298,000円(税別)

公式サイト

One Month Program/テンナイン・コミュニケーション

詳細や申し込みは公式サイトで受付中↑

 

 

盛りだくさんですね。で、読者の皆さんが一番気になるところだと思うんですが、1ヶ月後にはどのくらい話せるようになるんでしょうか…??

 

 

 

 

 

受講して頂いたIT社長様ですと、受講前の自己紹介で1分間に4文25ワードしか言えなかったのが8文72ワードまで話せるようになりました。

単純な英作文ではなく、流暢性も鍛えてますので1分間に話せる量がかなり増えています。

 

 

 

 

 

他に受講した方々でも1分間で話せる量が倍以上になる方も珍しくありません。

口をついて英単語が瞬発的に言うクイックレスポンスや、流暢性を高めるシャドーイングなど通訳のトレーニング方法が英会話上達の鍵になっています。

 

 

 

 

 

 

巷でよく英語ペラペラになるとか簡単に言っちゃうことありますが(笑)こうやって現実的な数字があるとものすごく効果が分かりやすいですね。

 

 

 

 

 

ありがとうございます。

プロ通訳が教材を開発しているので「話す」「聞く」ためのメソッドが詰まってます。

瞬間的に英語を話せる量を徹底して増やしていきます。

 

 

 

 

 

 

単純に英会話をやるだけじゃなく、きちんと「話す聞く」ためのトレーニングを鍛えていけるわけですね。

 

 

 

 

見学した打ち合わせスペースには通訳の機材が並んでいました。

f:id:kei_ta1211:20180523000411j:plain

会社そのものが通訳に特化しているので、「話す&聞く」ために本当に必要なトレーニングを集中して積めるとのことでした。

テンナインOne Month Programの2つの特徴

より詳しい中身の説明のためにテキストや資料を使いながら詳しく内容について教えてくれました。そのなかで、忙しいビジネスマン向けの短期集中英会話ならではの特徴を詳しく聞けたのでまとめていきます。

f:id:kei_ta1211:20180522235031j:plain

One Month Programの内容が記載されている冊子

 

全体の内容は分かってきました。テキストを見ると自己紹介など一般的な英会話フレーズがメインなのですね。

 

 

 

 

そうですね。特に要望がなければこの内容に沿って進めていきます。

あとは生徒様のニーズに応じて柔軟にカスタマイズもできますよ。

 

 

 

 

 

へぇ~どんな感じにカスタマイズ出来るんですか。

 

 

 

 

例えば、お医者様のニーズで問診票に関係する英会話を身につけたいというものがありました。

もともと通訳に精通しているので、実際に医療現場で使うことを想定した英会話表現にカスタマイズしました。

 

 

 

 

 

 

なるほど、問診票の英会話って普通の英会話学校だとまず学べないですよね。そんなこともできるんですね。

 

 

 

 

そうなんです。実際に使う場面に役立つように中身をなるべくカスタマイズしています。

「こんな場面で使える英会話を身につけたい!」という生徒様が使いたい場面に沿った英会話表現を短期集中で学べるようになっています。

 

 

 

 

 

 

なるほど、通訳に強みがあるからこそ色々なシチュエーションで使われる英語表現に精通しているわけですか!

 

 

 

 

ですね。現役通訳者と英語講師がタッグを組んで開発した教材なので、現場で使う生きた英語を学べるのも強みです。期間も1ヶ月単位で受講できますので、本当に多忙かつ緊急性が高い方たちに選ばれてます。

 

 

 

 

 

 

ものすごく実のある中身になりそうですね。短期間で必要な英会話だけピンポイントで身につけたい!というニーズは多そうですし、特に忙しい人にはありがたいですね。

 

 

 

 

 

そういった方々は実際に英語を使う場面もはっきりしているので、ピンポイントでニーズが満たせますしより効果のある学びに繋がります。

他にも、「ベンチャーキャピタリストに対するプレゼン」を想定した英会話表現を学びたいという要望もありました。

 

 

 

 

 

 

 

英会話が必要な場面を想定した英会話を練習するのって一番効率が良い学びになりますよね。

 

 

 

 

さらに会話は続きます…

 

 

でも超多忙な方だと本当に毎日続けられるか不安だったりしますよね。短期間集中となると毎日やること多そうですし…

 

 

 

 

 

いえ、逆に忙しい方にこそ続けやすいサービスになっています。そういった方々が続けやすい工夫をたくさんしているんです。

 

 

 

 

 

 

英語を続けるのって本当に難しいですからね…例えばどんな感じの工夫なんでしょうか??

 

 

 

 

 

週2回60分のネイティブ講師との英会話レッスンがあるのですが、都心部であれば、講師は指定の場所まで出張することもできます。
例えば、社内の会議室だったり、あとは東京で展開しているビジネスエアポートというワークスペースで実施できます。

 

 

 

 

 

 

 

ビジネスエアポートは都内の青山/品川/六本木/東京駅/丸の内などで展開している空港ラウンジのようなコワークスペースです。

f:id:kei_ta1211:20180522142401j:plain

忙しい業務をこなしながら、スキマ時間を有効に活用してお好きな時間にネイティブの英会話レッスンを受けられます。

 

つまり、英会話学校のように通う必要がないってことでしょうか?

 

 

 

 

 

はい。「通う」となると面倒くさくて続かない原因になります。忙しい方だからこそ、なるべく続けやすくなるよう負担を減らす工夫をしています。

 

 

 

 

 

まさに忙しい人が続けられるようなプログラムになっているんですね。

 

 

 

 

 

生徒さんのレベルやスケジュールにもよりますが、1日の自習時間の平均は大体1時間~1.5時間です。時間ではなく、今日何を達成すべきか?を重視しています。例えば、「シャドーイングのミス個数が5個以下」にできた時点でシャドーイング練習は完了、などです。

 

 

 

 

 

 

自習まで忙しい人に合わせた内容になっているのですね。確かに多忙な人は1時間でも確保するのが難しそうですしね。

 

 

 

 

 

課題の提出はもっとも負担の少ない方法になるように工夫しています。例えばエクセルシートで進捗管理していますが、手間であればメモ書きを写真で送るだけでも大丈夫にしてます。
浮いた時間を自習に充てた方が生徒様の英語力アップにも繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

テンナインOne Month Program
3つの強みまとめ

①カスタマイズ

日常英会話だけでなく、自分が使いたい場面を想定した英会話になるべく近づけてカスタマイズ可能。実際のビジネスシーンで使われる英語を知っているからこそ、本当に使う英会話表現が学べます。

②続けやすさ

忙しい人が続けやすいように仕事先やワークスペースに講師を派遣。面倒くさいをなるべく無くして無理なく続けられる工夫がされています。

③達成基準の自習

やみくもに何時間と決めず、トレーナーと今できてない課題を共有し今日は何が出来たら合格か?を決め込みます。

より詳しく確認したい方は公式サイトへ↓

 

テンナインOne Month Programの3つの強み

取材の中でテンナインOne Month Programだからこそ出来る3つの強みも伺えたので改めてまとめておきます。

 

弊社独自の強みが3つあります。

通訳エージェントが母体

手厚いフォローと添削

フレキシビリティ

 

 

 

 

 

 

そのあたり、もっと詳しく聞かせてください。

 

 

 

 

 

まずは通訳エージェントが母体になっている点です。
通訳で使われている練習方法を使って「聞く」「話す」にフォーカスしたトレーニングを積むことができます。

 

 

 

 

 

 

なるほど。具体的にはどんな練習を行なっているんですか?

 

 

 

 

 

主にはシャドーイング、リプロダクション、ディクテーション、スラッシュリーディング、クイックレスポンスなどをやってます。すべて通訳学校で使われているトレーニング方法なんですよ。

 

 

 

 

 

例えば、クイックレスポンスは聞いた単語の訳を瞬時に出すトレーニングです。読むと簡単に思える英単語でも瞬時に口から出そうと思うとなかなか出てきません。その瞬発力を鍛えられるんです。

 

 

 

 

 

 

なるほど、通訳に精通しているからこそ「話す」ことに効果のある英語学習方法を行えるんですね。

 

 

 

 

 

そうですね。
2つ目は手厚いフォローも特徴です。日々のメッセージによる進捗確認はもちろんなんですが、さらにこうやって細かい分析シートを作成しているんです。

 

 

 

 

 

f:id:kei_ta1211:20180525120439j:plain

f:id:kei_ta1211:20180525120454j:plain

生徒様にお渡ししたものなのでぼかしてありますが、冊子で数ページに渡ってまとめられていました。出来ていない箇所が赤字になっており、なぜ間違えたのか?どんな英語表現の方がニュアンスに合うのか?などが細かく記載されています。

 

 

かなり丁寧に資料にまとめるんですね。何がなぜ出来なかったのか?などかなり細かく書いてありますね。

 

 

 

 

 

講師が専任で持つ生徒様の人数を制限してますので、一人ひとりに手厚いフィードバックをご用意しています。
英語力を伸ばすためには、自分が何が出来てないのか?をしっかりと自己分析しないと効率よく学習ができなくなってしまいます。

 

 

 

 

 

 

資料だとあとで見返すこともできるし、形として残るのもかなりありがたいですね。

 

 

 

 

 

はい。受けて頂いた生徒様にも非常にご好評を頂いています。
最後にフレキシビリティですね。先ほどお伝えした通り、お忙しい方が最大限続けやすいよう柔軟な対応をしています。

 

 

 

 

 

 

1ヶ月間の短期集中でかなり手厚くサポートを受けながら英会話力が伸ばせそうですね。

 

 

 

 

 

はい。忙しくて時間がない方にこそ受けていただきたいプログラムになってます。

 

 

 

 

 

なるほど、そろそろ時間になりました。いろいろと詳しい情報ありがとうございました!

 

 

 

 

 

f:id:kei_ta1211:20180522142814j:plain

取材した感想

最近かなり増えている短期集中マンツーマンレッスンの中で英会話に特化したプログラムはかなり少ないと思います。

強みは通訳エージェントが母体になっていること。通訳者が開発したからこそ分かる現場で本当に使われる会話表現、ニュアンスを知り尽くしている講師とのレッスンは学びも多いと思います。

通訳学校の「話す」練習を1ヶ月続ければ、想定した場面で言いたいことを英語でシンプルに言えるレベルまでは充分高められると思います。
毎回の課題提出と企業経験豊富なネイティブ講師が、ビジネスで通用するプロフェッショナルな英語を教えてくれます。

毎日がとにかく忙しい、でも短期集中で英会話をなんとか使えるレベルにもっていきたい方におすすめです。

気になる方はこちらのサイトから応募可能です↓

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。