STAY MINIMAL

ボーダレスハウス荻窪に住む人たちにシェアハウスの本音を聞いてきた

ボーダレスハウス荻窪に住む人たちへインタビュー

前回、ボーダレスジャパン様からボーダレスハウス紹介記事の依頼を頂いて日本で暮らしながら英語で国際交流できるボーダレスハウスという選択 という記事を書かせてもらった。

今回はその第2弾として、実際にボーダレスハウス荻窪に訪問。入居している人たちの生の声を聞いてきた。シェアハウスというとイケイケな人たち、オープンな雰囲気の人たちが同じ屋根の下で暮らしているイメージがあるけど実際どんな感じなんだろうか?

まずは荻窪駅に到着。

f:id:kei_ta1211:20161102225657j:plain

そこから歩いてすぐ、5分もかからない程度の好立地にハウスがあった。ある程度自分の中に「シェアハウス」の勝手なイメージはあったけど、どんな感じのなんだろうか。

f:id:kei_ta1211:20161102225516j:plain

「着きましたよー」と案内してくれた担当者が止まった先に一軒の家を発見。思った以上に周囲の住宅街に溶け込んでいてびっくり。正直、これがシェアハウスですよと言われないと全く分からないくらい、それだけ一体感が半端じゃなかった。

f:id:kei_ta1211:20161029141845j:plain

大きい扉の前にはシンプルに「ボーダレスハウス荻窪」の文字。ということで早速お邪魔させてもらった。

今回ご協力頂いた方々

ボーダレスハウス荻窪の入居者は全部で8名。今回はそのうち男性陣3名、女性陣3名の計6名の方々に集まって頂いた。

男性陣3名

f:id:kei_ta1211:20161029232857j:plain
左からキャスパー(台湾)、パトリック(ドイツ)、梁(中国)

今はアジア系の人が多いとのこと。パトリックはドイツからのインターン生らしい。他の二人はもう何年もここに住んでいる。

女性陣3名

f:id:kei_ta1211:20161029143431j:plain
左からShokoさん、Yukoさん、Meiさん

女性陣は全員日本人。Shokoさんはオーストラリアにワーホリ経験があり、帰国後もシェアハウスで生活している。Yukoさんは普段はOL、Meiさんは看護師として働いている。

今回は引き続きボーダレスハウスさんからのご依頼を頂いたけど、突然のご訪問だったし、しかもブログ書いてる人?誰だよ?って住んでいる方々は思ったはず。それでも暖かく迎えて下さったし、とにかく居心地が良かった。正直、かなり緊張してたけど、すんなりとみなさん受け入れて下さった。(みなさん、ありがとうございました。)

f:id:kei_ta1211:20161029151028j:plain

今回は以下の質問をさせてもらった。

  • Q1.なぜボーダレスハウスに住むことにしたの?
  • Q2.実際にボーダレスハウスで日本語、英語は学べてる?
  • Q3.ボーダレスハウスでのギャップ、驚いたこと
  • Q4.住んでみて良かったこと
  • Q5.これから住もうとしている人たちに一言

ということで、5つの質問から雑談まで含めシェアハウスって実際どんな感じよ?という話を聞いてみることにした。

Q1.なぜボーダレスハウスに住むことにしたの?

 

日本の絵画とか文化に興味があったんだよね。

 

 

日本は住みやすいし好きだから。あと住む場所を探した時に、この荻窪は本当に立地が良かった。

 

 

家具家電が初めから揃っていたから。わざわざ買いたくなかったし、みんなで使うのも問題なし。居心地が良くて住むのを2年間伸ばしたよ。

 

 

海外勢は生活面での理由がほとんどだった。そもそも日本に来る時点で日本へ興味があることは前提であって、あとは住む場所を探そうと思った時に設備が揃っているシェアハウスが選ばれることが多いんだなと感じた。

 

看護の職場で外国人の患者がやって来て英語の必要性を実感したから、仕事をしながら英語を学べる環境に身を置きたかった。

 

 

東京での一人暮らしが嫌すぎてシェアハウスにした。住んでいる人たちと国際交流もできるし楽しそうだったから。

 

 

もともとワーホリにも行ってたから国内に戻っても英語が使える環境に身を置きたかった。

 

日本勢は女性しかいなかったというのもあるかもしれないけど、 多かった意見が一人暮らしが嫌いだから。東京にまで来て一人で住むような寂しい思いしたくない、という話で盛り上がった。

もちろん、国際交流が目的で住みながら英語を学べる環境を作りたい、そういった場所に身を置きたいのは全員一致だった。

Q2. 実際にボーダレスハウスで英語、日本語は学べてる?

シェアハウス入って英語で国際交流イェーイみたいなことはよく言われるけど、じゃあ実際のところどうよ!?という質問に対しては…

 

ボーダレスハウス荻窪では今は日本語の方が多いかな。

 

今住んでるキャスパーとリョウが普通に日本語が上手すぎる(笑) 違和感なく日本語使っちゃう。 

荻窪では今は日本語がメインになりつつあるとのこと。Shokoさん新大久保のシェアハウスに住んでいた頃は、インターン生などで短期で日本にやってくる外国人が多かったので英語を使って説明する機会が多かったとのこと。住んでいる外国人の日本語レベルによって英語を使う環境かどうかは決まってきそう。

ただ、管理人の方に質問すると、ボーダレスハウスに住んでいる外国籍の方の約6〜7割は欧米圏出身とのこと。

あとは、実際に住んでいる地域柄やその時住んでいる人たちの雰囲気によって変わってくるとのこと。このあたりは個人ではコントロールが難しいだろうし、その時々で言語環境が変化していくと思った方が良さそうだ。

 

もう長く日本にいるから日本語もそれなりに話せるよ。

 

Plz use English when you talk to me...

ある程度の期間住んで長くなってくると外国人グループの日本語が上達するので英語を使う機会は減ってくる。

ここまで話を聞いて感じたのはシェアハウスはあくまでも国際交流のための環境作りであって、住めば英語を使えるようになるわけじゃないということ。

実際にハウスに住むことで英語を身近に使える環境は整うけど、意識して学ぼうとする環境を自分で作っていく必要がありそうだ。

 

ハウスによっては英語の日、日本語の日を作って意識的に言語環境を変えてるところもあったよ。

 

 

ハウス内で誰かが日常的に使った英語ってすごく印象に残るし覚えてるんだよね。教科書を見て覚えるより、誰かが言っていたこ英単語とか表現ってなかなか忘れなかったりする。

Q3. ボーダレスハウスの本音

シェアハウスと言えば有名なテレビ番組「テラスハウス」のような展開を期待してしまうんですが実際はどうだろうか。

 

テラスハウスみたいなドラマのような展開…なんて全くナイから。

 

シェアハウス=テラスハウスみたいなイメージやめてほしいよね。ほんっと何事もない日常だから。

 

(爆笑)

 

イメージからテラスハウスをよく引き合いに出されるけど、いつもの穏やかな日常だし毎回あんなドラマのような展開も期待できない。非常に現実的な意見を頂きました…

恋愛ってある?

 

そもそも男性陣ってみんな彼女いるよね?

 

苦笑…

 

シェアハウスに住んでいる以上はみんな家族みたいなものだし。そもそも恋愛に発展する意味が分からないんだけど。

 

でも日本人の女性は男女の話(下ネタ含み)を大っぴらに話してるから、なかなか会話に入りにくかったりするよ。

 

まぁとりあえず、彼氏募集中ですので(笑)

 

シェアハウスで同じ空間で長く住んでいればお互いに家族のような感情になってくる。事実、いろんな場所に一緒に遊びに行くしボーダレスハウス荻窪では居心地が良いこともあって昔住んでいた人が遊びに戻って来ることも多いそうだ。

f:id:kei_ta1211:20161029165759j:plain

f:id:kei_ta1211:20161106135723j:plain

ただ、人それぞれに感情を持っているし入居後の恋愛は禁止ではないとのこと。シェアハウスに住んでいる以上、お互いに惹かれ合うこと無くはないだろうし、人によって捉え方は違ってくるもの。ただ、恋愛目的で入居するのは本来のボーダレスハウスの趣旨ではないのだろう。

ボーダレスハウスに住んでて驚いたことは?

とにかく色々とありすぎるとのことだったけど、面白かったエピソードの一つとしてMeiさんの話が印象に残った。

 

昔ギリシャ人がここ住んでいたとき、夜中2時ごろにいきなり吹き抜けの廊下の方から声がしたんです。ビックリして耳をすましてみると…

 

(ギリシャ人)フン、ンググ、ウーッ!

 

って声が聞こえて、とっさにヤバイ!!誰か苦しんでいる!助けなきゃ!って思って。看護師の仕事してるから、 

急いでドアを開けてみると…

ギリシャ人が必死に「けんすい」をしてたらしい笑

f:id:kei_ta1211:20161029172015j:plain
(↑あくまでイメージ図です。)

そのギリシャ人の人が退去時した時に、けんすい棒は撤去しているらしく実物は見ることはできなかった。残念だ。

 

けんすい棒はかなり高い位置にあったし、周りの景色に自然と溶け込んでて違和感は全然なかった。笑

 

え、あれって物干し竿じゃなかったの?笑

 

違うよ!ほんと自分たちじゃ思いも寄らないことをする人たちいるからね。笑

 

他にもたくさんのエピソードがあるらしいが、とにかく色んなことが起こりすぎて話しても話しきれないとみんな言っていた。一人暮らしではまず経験できないことだし、国際交流をしていく中で文化の違いや生活の仕方など全く違う。そんな出来事の多くをシェアハウスだったら共有することができる。

そんな出来事をみんなで共有して楽しめる仲間たちがいること。これこそまさにシェアハウスの醍醐味だなと思った。聞いてる僕も本当に楽しかった。

これからも予期せぬ出来事がたくさん待ち構えていることだろう。

f:id:kei_ta1211:20161029175148j:plain
例えば、ギリシャ人(Aris)が全身タイツを着てキッチンで料理しているかもしれない・・・

ボーダレスハウスに住んで良かったことは?

具体的にはもっとたくさんあるとは思うが、今回インタビューさせてもらった全員から出た意見の中で共通していた3つの良かったポイントを紹介しておく。

1. 人脈が広がる

家族のような繋がりを持てるのはもちろん、世界中に友達ができるし、別のボーダレスハウスに住んでいる人たちとの交流も盛んに行われている。

f:id:kei_ta1211:20161029180849j:plain

東京であれば昔住んでいた人が気軽に戻ってこれる環境もある。もちろん友達を訪ねて海外旅行をするという選択肢も出てくるだろう。いずれにしても国境を越えてたくさんの仲間と繋がることが出来る。

 

別のボーダレスハウスに住んでいる仲間とも繋がれるし、共同でパーティーとかやったりもするよー。とにかくたくさんの人と交流できるのがいい!

 

以前のパーティーは道端でたまたますれ違った人たちも巻き込んでカオス状態で(笑)友達の友達の友達とかと仲良くなったりするよ。

 

日本人と海外の人たち両方と自由でオープンな関係を築いていける。住むだけで一気に世界中の仲間と交流できる環境を楽しめるのも、日本各地に拠点を持つボーダレスハウスだから出来ることだ。ここ数年で一気にシェアハウスの数が増えてきて、今後ますます繋がりの輪は大きくなりそう。

2. 刺激がもらえる

f:id:kei_ta1211:20161029181251j:plain

 

自分一人じゃ絶対に英語の勉強は続かないと思う。周りからいい刺激をもらえるし、自分もがんばろうって思える。

 

全く別の業種の人や学生で未知の領域を勉強している人たちと一緒に過ごすことで、自分じゃ絶対に気づかなかったこと、自分に足りないことも見えてきたりする。それが「頑張ってみよう」という刺激につながっていく。

3. 一緒に空間を作り上げていく感覚

 

掃除当番、買い出し、電球の交換など生活のあらゆる面で協力しながら生活しなきゃいけない。

 

ハウス内でのルール作りとか最近やれてないね(笑)ホント、しきり役がいないとカオスな感じに…

生活面でも協力していく必要があるし、逆に言えばハウスをどうやって運営していくか?面白くしていくかは住んでいる人みんなで考えて行くことになる。その楽しみ方はシェアハウスでしか味わえないものかもしれない。

f:id:kei_ta1211:20161029183144j:plain
↑シェアハウスをカジノ風にしようと提案。ドレスコードまで設けてみんなでUNOを楽しむ。

f:id:kei_ta1211:20161029232757j:plain
↑誕生日サプライズで風船300個を膨らましてリビング全体が風船まみれに…

こういう感じでボーダレスハウス全体を自分たちで作り上げ、一緒になって盛り上げていく楽しさがある。 

これから住もうと思っている人たちに一言

 

Everybody in this house is so kind.

 

不満という不満ってほとんどないですね。本当にずっと住みたいくらい良い。

 

もし迷ってるなら住んじゃえばいい。最高だよ!

 

うんうん。間違いない。

そのとき、住んでいる人たちの雰囲気でシェアハウス全体の環境が変わってくる。そして、シェアハウスの環境は自分では選べない。そのとき、その場所での巡り合わせで形になっていくんだなぁって話を聞いて思った。

f:id:kei_ta1211:20161029235006j:plain
ボーダレスハウス荻窪に住んでいる人たちはその変化をトコトン楽しんでいた。

最後に、僕が今回訪問してみて改めて感じたボーダレスハウスの良さをまとめておく。

  • 相手の文化や慣習の違いを生活の中で学べる
  • ハウス内の住人は必ず日本籍5:外国籍5になるよう配慮されている
  • 別のハウスとの交流が盛んでたくさんの人と繋がれる
  • 自分から語学や相手の文化を学べる環境がある

もし住みたいと思えば迷わず住んでみるのもアリだなって思った。

受け身のままだと何も変わらないし、自分から環境に飛び込んで行くチャンスがあればボーダレスハウスの人たちはきっと暖かく迎え入れてくれるだろう。

それから、シェアハウスと言えば言語(特に英語)を学ぶことばかりに目が行きがちだけど、外国人と一緒に住むことで様々な文化や慣習の違いを知れることは何より貴重な体験になる。これこそがボーダレスハウスに住む一番のメリットではないかと思っている。

生まれ育った環境も違えば、考え方も、生き方も全く違う。そんな仲間のことを受け入れていくと同時に、逆に日本人である自分自身が相手に何ができるかも考えるはず。

日本人ってどんな文化や慣習を持ってるんだろう?日本の文化や歴史、慣習などについて必死で向き合うことは、英語を学ぶこと以上に大事なことだと思う。

そういったあらゆる違い、変化、出来事を丸ごと引っくるめて楽しんでいく。それこそがボーダレスハウスに住む一番の醍醐味だと感じた。

f:id:kei_ta1211:20161106125750j:plain

国際交流に興味のある人は是非検討してみてはいかがだろうか。ボーダレスハウスのみんなが新しい仲間を待ち望んでいる。

f:id:kei_ta1211:20161029231125p:plain

ボーダレスハウスとは

▶公式サイトhttp://www.borderless-house.jp/jp/

BORDERLESS HOUSEは「ソーシャルビジネスで世界を変える」という強い信念を持つ株式会社ボーダレスジャパンが運営する多国籍コミュニティシェアハウス。 国籍を超えたハウスメイトとの最高の出会いと、たくさんの新しい価値観に触れる充実した異文化シェアハウスライフを提供している。

2016年現在、日本・韓国・台湾を中心に計125棟1194部屋を提供。国内には東京・京都・大阪に計80棟を展開している。(2017年4月現在)

f:id:kei_ta1211:20161029231142p:plain