STAY MINIMAL

英会話教材プライムイングリッシュってどう?ガチで評価レビューしてみる

f:id:kei_ta1211:20170825020907j:plain

プライムイングリッシュの英会話教材は買いか

今回は英会話教材の結果にコミットする英会話教材【プライムイングリッシュ】 のレビュー依頼を受けたので紹介していく。とはいえ、教材名で検索すれば教材の中身についての紹介はたくさん出てくるので、ここでは僕なりに教材の中身について中立的に評価してみたいと思う。

この記事ではこんなことが分かるようになっている。

  • プライムイングリッシュ教材の主な特徴
  • 学習で気をつけるべき点と上手く活用する方法
  • この教材に向いている人

 

ただ単純に、いいですよー、オススメですよーと言うのは簡単。でもそんなレビューはあまりしたくない。だからこそ、英語ブロガーとして厳しい目を向けて教材について良いと思う点・悪いと思う点を独断で書いていきたいと思う。

英語教材の個人的な評価基準について

評価と言うとかなり偉そうに聞こえてしまうけど、僕なりに英語教材に求めるポイントはある程度決まっている。今回のPRIME ENGLISHは個人向けの英会話教材になっている点を踏まえて、以下が個人的に教材にあってほしいなと思う仕掛けになる。

f:id:kei_ta1211:20170509003818j:plain

どんな英語学習であってもいかに継続できるかが一番のポイントになってくる。興味を持てるかどうか、繰り返すための仕掛けはあるか、一人でも充分に理解しながら進められる内容になっているかどうかを重要視してみた。

もちろん、一人でやれば分からないことも沢山出てくるはずなのでそれをサポートしてくれるかどうかも重要になってくる。

以上のようにして総合的な判断を(◎→◯→△)の3段階でざっくりと評価してみた。

f:id:kei_ta1211:20170509003842j:plain

教材そのものが面白いか?は正直言うと人それぞれなので難しいところ。ただ、一つ言えるのは真面目でより実践的な内容や場面を想定してあるな、という印象を持てた。

継続するのに負担にならない量も◎、あとはCDのガイダンスがすごく丁寧で一人でも簡単にこなせる点も◎。

f:id:kei_ta1211:20170510230125j:plain
1ページの英会話の量は多くなく繰り返すのに負担にならない

繰り返すための仕掛けは難しいけど、淡々と進めていく必要があるので教材以外で何かしらの動機付けは必須だと思う。(これどんな英語学習においても絶対必要!)

文法や単語の理解は必須だけど、「英会話をすること」自体に重きが置かれている教材なので少し手薄かもしれない。

メールサポートなど学習の仕方が分からない場合の相談や疑問には答えてくれるので有効活用はしていきたい。ただし、対面で教えてくれる人がいればベストだ。メールのやり取りだけだとなかなか難しいかもしれない。

プライムイングリッシュ教材の主な特徴

プライムイングリッシュの教材の主なポイントは以下の3つ。

★音声変化で英語の音がどう変化しているのか理解できる
★独自のサンドウィッチリスニング手法
★実際の会話を声に出して擬似体験できる
★やり方に迷わない日本語の音声ガイダンス

音声変化ってそもそも何?と思う方もいるかと思うので少しだけ紹介しておく。

音声変化とは単語が単体もしくは複合で一部の音が脱落したり弱くなったり全く違う音になったりすることです。音声変化は特別なことではなく、むしろ日常会話ではそれが自然です。例えば”Thank you”もそうです。”thank”と”you”を別々の単語ではなく結合して発音しています。公式サイトより引用

実は、僕たち日本人が英語ってこう聞こえると思い込んでいる発音とネイティブが会話の中で使う発音って全然違っている。この音が変化すること(音声変化)を理解していないことが英語が聞き取れない原因になってしまう。

もう一つの売りはサンドウィッチリスニングで、英語の音に慣れるためにあえて”ゆっくり音声”で確実にネイティヴの発音を聞き取れるようにする独自の手法。これで音声変化を意識したリスニング力をさらに高めることが可能。

さらに、教材の中身である英文フレーズ量はそれほど多くなく、決まった少量のフレーズをとにかく繰り返しながらアウトプットさせる仕掛けがあるところが良い。英会話をそのまま音読させるのではなく、会話役になりきる擬似会話が特徴的だ。

また、教材の付属CDにはかなり丁寧なガイダンスが付いているので、独学であっても効果を一定に保つことが可能になっている。

プライムイングリッシュで何ができるようになるの?

f:id:kei_ta1211:20170509011706p:plain

英会話教材は各社で力を入れている部分が違うので、何を売りにしているかは非常に重要になってくる。教材を実際に使ってみて僕なりに感じた他の教材と違う点は以下の通り。

  • 英語の音声変化を目で見て理解できる
  • CD垂れ流しで練習できる
  • なりきりで英会話を擬似体験

結論として、プライムイングリッシュから学べる一番のポイントは英語の音声変化だ。

例えば、以下の英文を見てみよう。

f:id:kei_ta1211:20170815175144j:plain

そもそも日本語表記で英語を表現することは不可能だけど、ここではカタカナを使ってみる。普通に読むと「ハヴィングアカップオブコーフィー イズ ワンオブザベストタイム フォーミー」となるが、実際にネイティブが英会話の中で話すと全く違う発音に変化する。

例えば、"cup" と "of" は音がつながって"カップォブ"となり、しかもこの"of"は「オブ」ではなく全然ちがう母音の音で弱く軽く発音される。

こうした英語の音声変化には一定のルールがあるので、覚えてしまえば一気に会話の英語が聞き取りやすくなる。逆に言えば、この音声変化のルールを知らないと英会話の英語を聞き取れなくて当たり前なのだ。

プライムイングリッシュではこうした音声変化がかなり詳しく解説されており、特にカタカナ表記で視覚的に音の変化が理解できるのが大きな特徴。

ネイティヴからいきなり話しかけられた時に、瞬時に発音の細かい音まで理解できるようになる。

プライムイングリッシュ独自の動画でも音声変化が学べる

サマー先生が英語の音声変化講座をYoutube動画にアップしてくれているので、教材と合わせてチェックしてみよう。

ネイティヴが会話の中でどうやって英語の音を変化させているのか分かりやすく学ぶことができる。

プライムイングリッシュのおすすめポイント

リスニングにとにかく苦手意識がある人向け

英語の音声変化を視覚的に学べる

声に出すアウトプットで音声変化をしっかり定着させる

CDが秀逸で聞き流したままで手順良く学べるようになっているので、例えば車や電車の中でも「これどうやるんだっけ?」と迷う必要がないのがポイントだ。より詳しい情報は公式サイトも確認しておこう。

プライムイングリッシュのイマイチと思った点

イマイチな点

英語フレーズの丸暗記になりがち

カタカナで音を理解してしまうかも

英文の単語・文法の解説がサラッとしている

英文の単語・文法について事細かくて詳しい解説はないため、「なぜこういう意味になるのか?」を充分に理解できない可能性がある。独学では理解力に限界があるので、ここがおろそかになってしまうとただ英文フレーズが音の丸暗記になってしまう可能性がある。

また、音声変化についてカタカナ日本語の補助が付いているけど、「英語の発音は日本語で表せない」のは大前提だということを理解しないといけない。このカタカナ英語は一度染み付くと厄介なので注意が必要だ。あくまでも補助として使い、最終的には英語の音そのものを理解できるようにしておこう。

ここに注意しながら学びたい

前に書いたイマイチな点をカバーできるサービスがプライムイングリッシュには整っているので、英語教材の良い点を上手く活用しながら効率よく学んでいければ効果は最大限になるはず。

その1会話文の文法や単語について必ず理解を深める

その2カタカナ(日本語)発音から最終的には離れる

その3単なる丸暗記ではなく英文を自分で組み立てる

まずは英文の単語・文法を確実に理解すること。分からなければメールサポートなど受け付けてくれるのでどんどん質問した方がいいだろう。

それから、カタカナ表記はあくまでも補助的で音が繋がっている手がかりとして理解すること。最終的には、英語には英語の音があることを理解することが大切。

最終的には覚えたフレーズを活用して別の表現にも応用していく工夫が必要だ。これは瞬間英作文などで身につけることができるので、単純に覚えるだけじゃなく使える英語にしていきたい。丸暗記ほど面白くないものはない!

ちなみに、プライムイングリッシュでこの点がサポートされてないか確認したところ「フレーズ添削サービス」という特典を設けているとのこと。

これは自分で作成した英文をネイティブが添削してくれるサービスだ。これもぜひ活用したい。

この3点に注意しながら学べば、プライムイングリッシュを英会話教材としてフル活用できると思っている。リスニング力アップと英文フレーズを使いこなす力は確実につけられる教材だと思うので、正しく使って効果を最大にしていきたい。

プライムイングリッシュで英語力は伸ばせるか?

f:id:kei_ta1211:20170510231732j:plain

プライムイングリッシュを使うべき人を僕なりに考えてみた。

  • 英語力はそこそこ(TOEIC400〜600)
  • リスニングに苦手意識が強い人
  • ネイティブの流暢な英語になると途端に聞き取れず意味不明な人
  • 自然な会話フレーズを確実にマスターしたい人

特に、リスニングに対する苦手意識が強い人には心強い教材になっている。英語を聞き取りたい、でもなかなか上手くいかないし何だか英語が全然違う発音に聞こえてしまうんだけど…と言う人にはピッタリの教材。

英語を聞き取る力を集中して鍛えることで「I don't @$&^#@...」と聞こえなかった音も鮮明に聞き取れるようになってくる。その実感まで

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。