STAY MINIMAL

幼稚園児に英語へ興味を持ってもらうおすすめ入門教材4選まとめ

SPONSORED LINK

f:id:kei_ta1211:20170727075400j:plain

まずは幼稚園児のための英語教材選びから

東京オリンピックの開催、グローバル化が進むことでますます海外との交流が増えてくる。英語教育も小学生から義務化され英語の必要性は高まっている。

このブログでも英語初心者が英語の基礎基本をきっちり学べるおすすめ本11冊 で主に大学生〜社会人向けの英語本を紹介しているけど、今回は幼稚園児向けのおすすめ英語教材をまとめてみた。

教材を選ぶときは以下をチェックしておこう。

幼稚園児向け英語教材選びのポイント

なによりも子供が興味を持てるかを第一に

内容よりもまずは英語に慣れることから

できれば毎日続けられる飽きない教材

字の大きさや色合い、或いはキャラクターなど、本人の好みに合ったものを使うのが一番無駄がない。どんな英語学習でも上達のカギはいかに続けられるか?、つまり「継続」がポイントになる。子供が興味を持って毎日楽しく使い続けられるものを見つけることから始めよう。

まずは耳を英語に慣らすことから

英語を聞くことに慣れさせてあげるには、できるだけ早い時期から英語を聞かせてあげるのが一番。

その時に注意したいのが、覚えることだけを目的にした教材を買わないこと

ただ単調に「Apple = リンゴ」というような単語読み上げCDではなく、短くて簡単な文章を、英文のリズムを体得しながら聞けるCDを選ぶようにしよう。

幼児用おすすめ英語教材① "七田式教材"

さわこの一日はとても短い英文ばかりなので入門編としては非常におすすめ。

自然とリピートや暗唱させやすくなっており、そこから文字を見ての嘘っ子読み(読んでいる気分を味わいながらの暗唱)へとつなげることもできる。

頻度も大切なので、できれば毎日聴かせてあげよう。まずは「かけ流し」から始めて自然に馴染むのがいいだろう。

まなびポイント

  • リピートを無理やり強要しない
  • 内容をしつこく確認しない

自分のエゴで強要してしまうような野暮なことはしないのが基本。まずはこどもが音を聴いて興味を持ってもらえるよう、決まった時間にかけるようスケジュールに組み込んでみよう。

もしこの教材が気に入ってくれれば、レベルアップ版「ゆきおの一日」もおすすめ。

七田式の教材は非常に有名で効果もあることは間違いないけど、こどもがちゃんと気に入ってくれるかを第一に考えよう。

幼児用おすすめ英語教材② "フォニックス教材"

日本のフォニックス第一人者、松香フォニックスの教材。

え、フォニックスってそもそも何?という方も多いかと思うので説明はこんな感じ。

英語圏の子供や外国人に英語の読み方を教える方法として用いられている。 フォニックスでは例えば「発音 /k/ は c, k, ck のどれかで書かれる」のように、ある発音がどの文字群と結び付いているかを学び、それらの文字の発音を組み合わせて知らない単語の正しい発音を組み立てる方法を学ぶことができる。 フォニックス - Wikipediaより引用

簡潔に言うと、英語が持つ独自の発音の法則を学べるのがフォニックス。英語の音に慣れさせたいならベストな教材になる。

例えば、Timeという英単語は次のように発音する。

f:id:kei_ta1211:20170727185648j:plain

カタカナにすると上手くいきませんが・・・笑

Tだけが持っている音、Iは「アイ」という音、Mは「MU」ではない、など英語独自の音の組み合わせとなる。

アルファベットそのものが持っている英語の音を理解させ繋げるのがフォニックスの役割

「A」を「エイという文字」で「アと発音することが多い」と認識をする必要があるので、ABCの歌を歌えるだけでは読めるようにはならない。

フォニックス教材を幼稚園児のうちから実践することで、身のまわりの英語の表示やTシャツの文字などに興味を持つことができる。そうすると英語に触れるチャンスも増え、「あ、この英語なんて発音するのかな?」と自然に疑問が増えてくる。

まなびポイント

もし、こどもたちが平仮名やカタカナなど文字にすごく興味を持っているなら、一緒にアルファベットも覚えさせてみて興味を持つかどうか観察してみよう。

もし興味があるようならフォニックスを導入してみて、自然とアルファベットの音を覚えるよう促してみよう。

幼児用おすすめ英語教材③ "洋書ワークブック"

本が好きなら洋書ワークブックで外国を体感させてみるのもあり。「pre-school」と書いてあるものが幼稚園児向けだ。

おすすめはI Know the Alphabet (Preschool) という洋書ワークブック。

色を塗ったり点と点を結んだりするものが多いので、こどもが一人でも楽しめるように工夫されている。

もちろん、親子一緒に「Aの字のところに宇宙飛行士がいるね」とワークブックの内容を印象付ける話しかけとともに使ってあげると、より英語に興味を持ってもらえる可能性が高い。

洋書は本物の英語に触れる良いきっかけになるけど、幼児向けの本は絵本でも難解なものが多く、英語入門段階から取り入れるのはかなり難しい。たとえCDがついていても右から左へと聞き流してしまいがちなので、まずはI Know the Alphabet (Preschool) のような同じ年代の子供達が楽しむ洋書ワークブックからはじめてみよう。

幼児用おすすめ英語教材③ "フラッシュカード"

フラッシュカードで英単語を楽しみながら覚えよう。

フラッシュカードとはカルタのように何十枚かがセットになったカード。表に絵と文字、裏に文章が書かれたものや、表に絵、裏に文字が書かれたものなど様々なタイプがある。ただ、外国製のフラッシュカードには、CD音源がついているものはまずない。そのため、英語に自信がない場合は日本のものを使っても構わないが、まずはあえて外国製を使うことをおすすめしたい。

外国製を使うメリット

外国人には馴染みがあり日本人には馴染みのない不思議な単語がある

イメージで英語を連想できるようになる

あえて日本語との結びつきをなくせる

例えば「rake(くまで)」や、「wagon(子供が乗って遊ぶ手押し車)」など、外国製フラッシュカードに当たり前に出てくる単語が、日本人の子供達にとっては不思議でインパクトがあり記憶に残りやすい。

また、日本語は一切書いていないので、子供達の母語である日本語と絵が直接強く結びつくのを防ぎ、たとえ発音が曖昧であっても、絵と英語(の文字)のイメージだけを結びつけることが可能。イメージから英語を連想できるようになる。

f:id:kei_ta1211:20170727183328j:plain

発音がわからない場合は一緒に電子辞書を引いて音声を聞き、一緒に発音してみよう。こどもの上達の速度が早すぎて逆に笑われてしまうこともあるかもしれないが、それも一つの楽しみ。

まなびポイント

単語を覚え始めたら、順にめくって発音したり、絵と文字を真似して白紙のカードに書いてみると効果的。こどもたちは自分の作ったカードの方が愛着を持って使う場合があるので、英単語のさらなる定着にもつなげられる。慣れてきたら、動作ばかりを集めた"Action Words"や、形容詞の反意語を集めた"Opposites"なども合わせて活用しておきたい。

幼稚園児の入門教材まとめ

f:id:kei_ta1211:20170727190400j:plain

こどもたちの英語学習はまず受け身からスタートしてみよう。聞いたり読んだりする「インプット」の工程を大切にすることで、後々うまく話したり書いたりする「アウトプット」へとつなげられる。

好きな教材が見つかれば同じ系統で揃えて英語への興味をどんどん繋げていこう。とにかく楽しむことが第一。面白く楽しそうな教材がこどもたちの英語力を高める一番の近道だ。

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。


過去記事

英文法のやり直し、一人じゃ難易度は高い。実はもっと受け身になっていい。受験生向けオンライン授業がかなり良い。立ち見するほど人気の講師の授業は分かりやすく飽きさせない。

社会人の英文法やり直しは参考書+オンライン英語講習が近道


過去記事

英語も第二言語習得研究が進み、短期間で効率よく鍛える方法が確立されつつある。そんな中で流行り始めている英語パーソナルジム。英語学習に短期時間とお金を投資する選択肢もある。

マンツーマン短期集中で英語上達!英語パーソナルジムおすすめ8選