【バリうま】島本の絶品いわしめんたいを味わい尽くしレビュー

「いわしめんたい」って知ってますか?

明太子やとんこつラーメンばかりがお土産として注目されてますが、実は知る人ぞ知る博多の名物品として有名です。通な人ほどいわしめんたいを贈り物に選ぶのですが、その魅力をもっとたくさんの人に知ってほしい。

というわけで、今回は島本の絶品いわし明太子を購入したのでレビューしていきます。

旬の時期に水揚げされたマイワシを使用

素材は国内産マイワシはすべて国内産のみ。

旬の時期に水揚げされ、明太子の旨味でいっぱいの漬けだれにしっかりと漬け込みます。

f:id:kei_ta1211:20190804123457j:plain

さらにおなかの中に、国内産原卵の辛子明太子がぎっしりと詰め込まれ、瞬間冷凍されています。

もう見た目から美味しそうですよね。

f:id:kei_ta1211:20190804123500j:plain

鮮度にこだわるのはもちろん、素材の安全性にも気を使ってくれるのが島本らしいですね。

合計4匹のマイワシが、明太子の粒と一緒に丁寧に真空パックされています。

弱火でじっくりとイワシと明太子に火を通す

イワシの一番美味しい脂が乗った部分をカットせずに明太子を詰め込んでいます。がっつりと明太子を入れ込むのではなく、イワシの身の美味しい部分をきちんと残すこだわりです。

島本は明太子づくりでも素材の味を一番大事にしているけど、イワシも同じように素材の味を失わないよう配慮してくれてます。

【調理方法】
解凍した「いわしめんたい」をフライパンで弱火でじっくりと焼きます。油は不要。イワシの表面に脂がのっているので、そのまま焼けます。中身の明太子まで火が通ったら焼き上がりの目安です。

f:id:kei_ta1211:20190804123511j:plain

というわけで早速フライパンにのせて弱火で焼いていきます。

フライパンを温めすぎると外側だけ先に焼けてしまうので注意です。

 

焼いていくうちにイワシの脂が出て、いい感じでこんがり焼けてきます。

f:id:kei_ta1211:20190804153411j:plain

この時点ですでにむちゃくちゃ美味しそう…

イワシと明太子のほのかな香りがキッチンにあふれてきます。

 

焼けてない部分にもじっくりと火を入れていきます。

f:id:kei_ta1211:20190804123526j:plain

 

中の明太子に火が通っているかは確認しにくいですが、明太子を詰めた側を確認しながら目安にしました。

f:id:kei_ta1211:20190804153341j:plain

 

 じっくり焼き過ぎないようにしていきましたが、ちょっと時間かけすぎたかもしれません。

f:id:kei_ta1211:20190804123516j:plain

中まで火は通っていると思うのでこのくらいで完成です!かなり美味しそう。

 

一応、Before Afterをのせておきます。こんな感じで、こんがり焼けました。

f:id:kei_ta1211:20190804123547j:plain
f:id:kei_ta1211:20190804123548j:plain

 

早速、お皿に盛りつけます。

以前紹介した焼き明太子に近い感じに仕上がりました。明太子の粒がほどよく焼けてます。

f:id:kei_ta1211:20190804123636j:plain

明太子は焼くと食感が強くなって粒感がさらに増します。もうこれだけで食欲が爆発しますね。

明太子の詰め具合も確認です。イワシごとにお腹の大きさが違うので1匹ごとに明太子の量も違います。

f:id:kei_ta1211:20190804123633j:plain
f:id:kei_ta1211:20190804123626j:plain

このイワシはかなり詰まってました。白身も美味しそうです。

白身と合わせて食べる明太子はピリ辛でありながら、イワシの味を邪魔しない味付けにになっています。

いやーバリバリ美味しいです!!!

f:id:kei_ta1211:20190804123635j:plain

これだけでもすでに満足なのですが、白ご飯にも登場してもらいましょう。

 

これが美味しくないわけがないですよね。

f:id:kei_ta1211:20190804123640j:plain

最高でした。気づけばイワシも全部食べきってしまいました。

見事に完食です。ごちそうさまでした。

f:id:kei_ta1211:20190804123631j:plain

 

f:id:kei_ta1211:20190804124525j:plain

島本のいわしめんたい

一番脂が乗って美味しい旬の時期に水揚げされた近海物マイワシを、鮮度を保ったまま加工、急速冷凍したこだわり原料だけを使用しました。イワシ本体はもちろん、一番脂の乗った腹身を残し、その部分に辛子明太子をほどこしてありますので、絶妙の美味しさが楽しめます。

>>Check:島本いわしめんたい(4尾入)

>>公式サイト:ひと粒に身をつくす。島本の辛子明太子

 

今回紹介したいわしめんたいの他にも、美味しい明太子料理をたくさん扱っている島本。ぜひ公式サイトをチェックして美味しい博多明太子の味を堪能してみてくださいね。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

福岡博多の明太子情報まとめ


◆まずは読みたい人気明太子記事
┣ どこよりも詳しい絶対迷わない「明太子の選び方
┣ 博多の辛子明太子「名店ランキングTOP10
┣ 辛いけど美味い「明太子激辛ランキングTOP8
┣ 福岡地元民が一番おすすめしたい「島本の明太子

◆福岡観光を楽しむなら絶対チェック
┣ 地元でしか買えない「博多限定の明太子まとめ
┣ 福岡空港で買えるお土産明太子を完全ガイド
┣ 買って帰るべき「福岡のお土産
┣ 地元民が通う「福岡のグルメ

◆美味しい明太子を食べてみた
┣ 通常の「25倍」の辛さ日本一辛いふくやの"ホットエンペラー"で窒息しかけた
┣ 昆布漬けの新鮮つぶつぶかば田の辛子明太子"雷"
┣ 白ごはんと相性抜群な絶品「ふくやの焼き明太子」が美味すぎた

◆知っておきたい明太子豆知識
東京都内で本場の博多明太子が買える販売店まとめ
┣ 博多の辛子明太子を激安で手に入れる訳アリな4つの方法
┣ 安心安全な完全無添加・無着色な明太子7選
┣ 大切な人への贈り物に「博多の最高級明太子TOP5
┣ こんなものまで!明太子を使ったニッチなお菓子&調味料