福岡でしか買えない地元限定の博多明太子まとめ【博多駅編】

「福岡でしか買えない地元限定の博多明太子まとめ【博多駅編】」のアイキャッチ画像

福岡でしか買えない限定の辛子明太子、今回は、博多駅エリアで購入できるものに絞ってニッチな地元限定の博多明太子をまとめていきます。

有名な明太子メーカーほど沢山の広告や店舗展開で多くの人に知られます。でも、福岡でしか買えない知る人ぞ知る老舗の小さな明太子屋がたくさんあります

ここで紹介している明太子をお土産に買っていけば、本物の博多通になれるはずです。

【博多駅】マイングとデイトスで買える福岡限定の辛子明太子

いとや   長谷川   ふく富

平塚明太子   あき乃屋

海千   にし川  ふくいち

博多駅のお土産売り場として有名なのがマイングデイトスの2ヶ所。

f:id:kei_ta1211:20180807183411p:plain

いわゆる有名な老舗明太子屋は広告にお金をかけられるので売り場での占有率は高めです。

なので福岡地元だけで購入できる限定明太子はひっそりと販売店の片隅に潜んでいます。

有名な明太子を買ってしまいがちですが、地元に根づく魅力的な明太子もたくさんあります。この記事ではそういった明太子を紹介していきます。

【マイング博多】福岡限定の明太子まとめ

f:id:kei_ta1211:20180807183646p:plain

 

まずはマイングで購入できる福岡限定の明太子を紹介します。

f:id:kei_ta1211:20180806215630j:plain

こんな感じで明太子売り場がひしめき合ってます。

ただし、福岡限定の明太子はこの奥にあります。時間があるならもう少し奥に進んで見てください。

*2021年9月の情報です。最新の情報は現地でご確認くださいね。

壱岐の島

いわゆる博多のお土産を集めている販売店。明太子以外でも豊富なお土産を取り扱っています。

手前のやまや・福さ屋にお客さんを取られがちですが、実はここでしか取り扱ってない福岡限定明太子がたくさんあります。

f:id:kei_ta1211:20180806215932j:plain

ここだけで取り扱っている福岡限定の明太子が「平塚明太子」「長谷川」「いとや」「にし川」です。

それぞれの特徴を簡単にまとめておきます。

平塚明太子 f:id:kei_ta1211:20180808120043j:plain

北九州の激辛明太子として地元ではかなり有名な老舗。いわゆる「唐辛子」のバリバリ効いた明太子で辛さを求めるなら必ず選択肢に入ってくる。他店と違って辛さも10段階から選べる。とにかく辛い明太子を求めている人におすすめです。

長谷川 f:id:kei_ta1211:20180808120221j:plain

博多でしか買えない辛子明太子の代表格。無着色、保存料を使わない身体に優しい明太子。知っている人は知っている玉屋食品が手がけています。

いとや f:id:kei_ta1211:20180808120246j:plain

いつもたくさんの明太子の中に隠れてなかなか見つけられない博多中洲『いとや』の辛子明太子。国産だけにこだわる老舗です。

にし川 f:id:kei_ta1211:20180808120304j:plain

飲食店だからこその食べやすい味付けが特徴。こんぶ・かつお節・さば節・にぼし・しいたけの特製漬け込みダレで熟成させた明太子は絶品。ほかにない旨味を追求した明太子を食べたい人におすすめです。

ちなみに「長谷川」はマイング博多でおすすめ地元お土産として1位を取ったこともあります。激辛な辛子明太子がお好みなら「平塚明太子」もおすすめです。

「いとや」の明太子も国産にこだわる超老舗の明太子です。購入できるだけでも本当に貴重なので、福岡限定の明太子にこだわりたい人はぜひ選んでみてほしい。

あき乃家

壱岐の島の隣にはワインの文字が際立つあき乃家があります。

福岡空港にはなく博多駅のこの店舗か本店でしか購入できない知る人ぞ知る名店です。

f:id:kei_ta1211:20180806220232j:plain

あき乃家 f:id:kei_ta1211:20180808120358j:plain

漬け込みにワインを使う唯一無二の明太子屋。「ワイン」、「塩」、「水」そして「手間」にこだわっています。まろやかさ、爽やかな食感が売りでものすごく食べやすいのもGood。博多駅を含めても福岡に3店舗しかないレアな明太子屋です。

あき乃家の明太子はワイン仕込みで臭みがほとんどなくまろやかさが特徴。

店員さんが勧めてくれたのが「ゆずいか明太」と「鮭明太」です。

ワインは柑橘系との相性が良く子どもやお年寄りも安心して食べられますよ。鮭明太は2020年くらいから大人気とのことで売れてるそうです。

もう一つ、とっておきのおすすめ土産と教えてくれたのが壺漬辛子明太子の「めんたれ」です。店員さんも激推ししてました。社長が面白い方だそうで、美味しいアイデアを思いつくそうです。

f:id:kei_ta1211:20180806220330j:plain

あき乃家にしかない特別な壺漬で、中には明太子の一本物が入ってます。

タレのように明太子が漬け込んであり、ご飯にかけても美味しいし明太子が食べたくなったら取り出して食べても美味しいです。

f:id:kei_ta1211:20180806220350j:plain

一番の特徴は新鮮な生明太子なのに賞味期限が3ヶ月間も保つこと。普通なら長くても15日くらいしか保たない明太子ですが、ダントツに長持ちして楽しめます。

他にいわし明太、サーモン明太、さば明太など魚との組み合わせがジューシーでおすすめだそうです。

一本から小分けで購入できるのもおすすめなので、ぜひお土産に一匹どうぞ!

長門屋

長門屋は九州・関門の美味しいものを取り扱うお店。

ここでのおすすめが無着色の明太子切れ子です。この界隈のお店の中でも最安値の260g 1,080円です。

大人気らしく、たくさん売れているそうです。無着色なので、見た目はイメージする明太子と違うかもしれませんが、味は間違いないです。

お得に辛子明太子を自宅用として買いたい人は一番おすすめなお店です。

八洋食品

八洋食品で取り扱っている福岡限定明太子が「博多ふくいち」です。

優しい味わいで250g 1,080円でコスパも抜群。

奥の裏側にある店舗でなかなか見つけにくいかもしれませんが、ふくいちは博多限定で味わい深い明太子なので、出会ってしまったら運命だと思ってぜひご購入を…

味蔵

味蔵は独自の明太子を販売しているのはもちろんですが、明太子以上に紹介しなければならない商品があります。

ついに、待望の「やま中」のお取り寄せセットが登場したのです!

博多でもつ鍋を検索すればNo.1の呼び声も多い「やま中」

社長が相当頑固な方だったそうなのですが、頼みに頼んでようやくお取り寄せができるようになったんです。地元民としてもこれはもう最高に歓喜でしかないはず。

明太子もいいですが、もつ鍋を愛する方はぜひやま中の味をご自宅で楽しんでみてくださいね。

やまや|「Yamaya Jan Base」

f:id:kei_ta1211:20200105215900j:plain

2018年くらいにオープンしたやまや専門のお土産屋。やまやの新商品を多く取り扱う、流行に敏感な観光客が立ち寄るお店です。

ここで大人気なのがドライ明太子です。

この明太子、なんと「常温で2ヶ月保つ」という明太子の常識をくつがえす革新的な1品

2021年時点ではお茶漬け、ブラックペッパー味が追加されています。ブラックペッパー味は完全にお酒のつまみらしいのですが、クセになる味だそうですよ。

味は明太子そのままで、賞味期限の短さをカバーしたのは明太子LOVERにはたまらない時代の進歩。

ここまで来て、明太子ブロガーとしておすすめしたいところなのですが…単価がものすごく高いんですよね。100gの相場から考えればリーズナブルさに欠けるのが難点。

それでもこのドライ明太子の技術が進歩して、長い賞味期限で安く買えるようになることを願う。応援してます、ふくやさん!

【デイトス】福岡限定の明太子まとめ

f:id:kei_ta1211:20180807183906p:plain

次は博多デイトスで買える福岡限定の明太子を紹介していきます。

宗像の地元限定の海千博多ふく富、うち川が購入できます。

海千(かいせん)

宗像市を拠点に明太子作りにこだわるお店。明太子のおいしさを引き立てています。地元宗像の醤油と日本酒を使い、コク深い味わいに仕上がっています。

ふく富

アラスカ沖で取れる新鮮な明太子を素材にするふく富。写真は「千両吟味」という明太子で、着色料や保存料を一切使用せずふっくらとまるみのある味に仕上げた絶品。

うち川

美味しく楽しく「遊び」たい。そんなわくわく感をお客様にお届けしたい。それが「うち川」のコンセプト。他にはない大粒子の明太子が特に人気です。

辛子めんたいこ 海千

福岡県宗像市で1995年から販売する明太子屋。3Dフリーザーでマイナス50度の冷凍システムを完備しており、新鮮そのままの明太子を提供できる技術に定評があります。

f:id:kei_ta1211:20180807202330j:plain

僕が行った2018年8月は「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群が世界遺産に登録されたので、宗像フェア開催中でした。

老舗とは違って他にはない珍しい明太子作りにも挑戦している海千

デイトスで売られているおすすめのお土産が乾熟明太子

f:id:kei_ta1211:20180807202702j:plain

f:id:kei_ta1211:20180807202720j:plain

明太子の持ち運びに絶対必要な冷蔵。この常識を無くした常温持ち帰りの明太子は海千と先ほど紹介したふくやだけですね。

生の本場の明太子ももちろん美味しいけど、乾熟明太子はお酒のおつまみとして抜群のお土産になります。

めんたい工房 ふく富

アメリカのアラスカ湾流域で取れる輸入たらこの明太子を使った明太子を提供しているふく富

f:id:kei_ta1211:20180806220400j:plain

特に炙り明太子はかなり美味しいご飯のお供になります。

近くにはふく富のおばちゃんも常駐しているので、いつでも試食が楽しめる。気になったら食べて味見してみよう。

ちなみに、ふく富の梅の香ひじきは絶品なのでぜひ一度ご賞味を!(明太子ではないですが…)

うち川

うち川は明太子屋の中でも、特に味への遊び心があります。他とは違った視点から明太子を出してくれているので、お土産選びで「福岡限定 x 遊び心」を求める方はおすすめです。

特に人気なのが大粒子の明太子です。他にはない大粒のインパクトがはちゃめちゃです。

定番とあえてズラしたお土産としても好評。うち川の明太子、聞いたことない!という方はもったいないので、時間がある方はぜひ一度訪れてみることをおすすめします。

博多阪急店の地下1Fにある福岡限定の明太子「島本」

地元で応援している明太子があるので最後にご紹介だけ。とにかく明太子の素材にこだわり抜いているので贈り物におすすめの明太子です。

f:id:kei_ta1211:20180703233652j:plain

新鮮な国産たらこを厳選!島本の辛子明太子

福岡限定の地元限定の明太子「島本

通販に力を入れていて、全国で福岡の素材にこだわった辛子明太子を堪能できます。

f:id:kei_ta1211:20180703235642j:plain

オリジナルの辛子明太子は国産の明太子だけを使う徹底的なこだわりの高さ。

地元福岡の本場の味にこだわった明太子を大切な人に贈りたいなら断然おすすめです。気になる方はぜひチェックしてみてください。

C H E C K !!

 

ほかにも明太子の記事をまとめています。

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。

 

まずはCHECK!!

地元民がまとめる明太子ランキング【完全版】

 

地元明太子企業20社以上を総まとめ

総勢20社以上!地元明太子の口コミ評判

 

明太子 関連記事

明太子の選び方
◆ どこよりも詳しい絶対迷わない「明太子の選び方
┣ 福岡でしか買えない「博多限定の明太子たち
┣ 明太子の贈り物に「島本の明太子が選ばれる理由」
┣ とにかく辛い「超・激辛明太子ランキング」
┗ 東京で買える本場福岡の「明太子のお店一覧」はこちら
◆ 明太子好きにはたまらない「明太子おつまみ&調味料

◆知っておきたい明太子豆知識
東京都内で本場の博多明太子が買える販売店まとめ
┣ 博多の辛子明太子を激安で手に入れる訳アリな4つの方法
┣ 安心安全な完全無添加・無着色な明太子7選
┣ 大切な人への贈り物に「博多の最高級明太子TOP5
┗ こんなものまで!明太子を使ったニッチなお菓子&調味料

◆試食レポート
┣ 通常の「25倍」の辛さ日本一辛いふくやの”ホットエンペラー”で窒息しかけた
┣ 昆布漬けの新鮮つぶつぶかば田の辛子明太子”雷”
┗ 白ごはんと相性抜群な絶品「ふくやの焼き明太子」が美味すぎた