福岡博多で売られている明太子の激辛度ランキング【8選】

とにかく激辛な明太子が食べたい人のために博多の激辛明太子をまとめてみました。実際に試食してみましたが、なるべく辛い順にまとめてみてます。

 

f:id:kei_ta1211:20180306234725p:plain

辛皇 ホットエンペラー(ふくや)

f:id:kei_ta1211:20180120014319j:plain

ふくやのホットエンペラーを知らずして激辛の明太子は語れない。ほかの激辛明太子の追随を許さない揺るぎない不動の超激辛さ。とにかく辛い明太子を食べたいに人がまず一番はじめに試してほしいのがコレ。

f:id:kei_ta1211:20180125001527j:plain

ふくやには普通の辛子明太子とその2倍の辛さを誇る「どっから」っていう明太子があるんやけど、このホットエンペラーはなんと普通の辛子明太子の13.5倍の辛さを誇る。

そして極め付けは付属の特性の辛ダレ「辛皇醬」。さらに辛さを引き上げるカプサイシン量で、通常のなんと25倍までアップする。

f:id:kei_ta1211:20180120194537j:plain

 

中身は明らかに醬のツンとする香辛料に近い香り。明らかに普通の辛いとは違う雰囲気。宮川大輔に言わせると「これ、ガチで辛いやつやん」

f:id:kei_ta1211:20180125002130j:plain

下の漬けダレがそもそも赤いんだけど、そこに加わる明らかに辛い液体。

f:id:kei_ta1211:20180125003857j:plain

 

一口食べると、はじめは辛くなくて「アレ?」って思うけど徐々に辛さが襲ってきて座ってられないヒリヒリ感が口に広がる感じ。

あ、辛いねレベルじゃなくマジで冷や汗が出る辛さでした。本気で辛いもの好きじゃないと手を出しちゃいけないレベル。

辛さへの本気度は間違いなく期待を裏切らない仕上がり。ちなみに、夏に食べると汗が吹き出るくらいの仕様なのでなるべく冬の寒い時期をおすすめします。

ホットエンペラーを公式サイトで購入するならこちら↓ 

アマゾンでも購入できます。東京に住んでるならふくやの東京販売店があるので立ち寄ってみてもいいだろう。東京で博多明太子が買える場所をまとめた記事があるのでよければこちらを参考にしてみてほしい。

f:id:kei_ta1211:20180306234722p:plain

からおう(かば田)

昆布漬けで有名なかば田の「からおう」は衝撃の辛さが売り。見るからに辛い味付けが特徴的。

パッケージもかなりインパクト大の「赤い衝撃」。海外の人向けに英語表記もバッチリしてあります。

f:id:kei_ta1211:20180120200651j:plain

公式サイトには、以下の通り記述があります。

辛みはもちろんのこと、フルーティーな香りが特徴のハバネロを使用して
かば田自慢の漬物貯蔵製法で仕上げました。
≪注意≫本商品をお召し上がりになる際は辛さにご注意ください!

白ご飯と一緒に食べることで中和されるけど、普通の明太子よりも数倍辛いので辛子明太子だけじゃ物足りない人は衝撃的な辛さを楽しんでみるべし。 

かば田は福岡にもほとんど直販店がなく、基本は通販での販売を戦略にしている。福岡以外だと確実に通販サイトからの注文になるけど、本場の昆布漬けの明太子含めかなり美味しいのでぜひチェックしてみよう。公式サイトで「からおう」をチェックするならこちらから↓

f:id:kei_ta1211:20180306234719p:plain

平塚明太子の激辛明太子

f:id:kei_ta1211:20180120014828j:plain

激辛明太子を専門に作り続ける北九州の有名な老舗の平塚明太子。平塚独自の明太子作りを!という気持ちから9種類10段階の辛さを選べるようになっている。地元では日本一辛い明太子としても有名です。

見た目からちょっと殺人的な赤みが特徴で口に入れた瞬間に辛さが湧き上がってくる。

福岡でもなかなかお目にかかれず、わざわざ北九州まで足を運んで買いに行く人もいたりする。

 公式サイトで「激辛明太子」をチェックするならこちらから↓

f:id:kei_ta1211:20180306234716p:plain

青唐辛子明太子(楢﨑商店)

f:id:kei_ta1211:20180120181107j:plain

博多区でひっそりと明太子販売をする楢﨑商店の自慢が青唐辛子明太子。

生の青唐辛子を漬け込みのときに一緒に使っており、強い辛さの中にほんのりと青唐辛子の風味がする。

ピリ辛でやみつきになること間違いなし。

楢﨑商店の青唐辛子明太子を購入したい方はこちらから↓

f:id:kei_ta1211:20180306234714p:plain

やまや 美味辛口

f:id:kei_ta1211:20180120195116j:plain

明太子大手のやまやで強い辛さを追求したのが美味辛口。ただ辛いだけじゃなく美味しさも同時に追求した力作。上に特辛味噌がたっぷりついており、舌が痺れてくるような美味さ。 

やまやは博多だけでなく、東京でも

f:id:kei_ta1211:20180306234818p:plain

かねふくの辛口辛子明太子

かねふくの辛口明太子もおすすめ。辛さが選べるタイプの明太子で辛口を選ぶことができる。辛口調味液と赤唐辛子を使った明太子で、普通の辛さじゃ物足りない人向けのピリッとした辛さが特徴的。ほどよく辛すぎなくていい人におすすめ。

かねふくの公式サイトでチェックしてみよう↓

f:id:kei_ta1211:20180306234815p:plain

ハバネロ明太子

九州まるいちではハバネロ明太子が有名。

実は辛子明太子って着色料を使っているところが多く、赤々した見た目が特徴的。まるいちのハバネロ明太子は自然な明太子の色ですっきりした辛さとプチプチ感のうまみにこだわっている。

辛さも旨さもこだわった明太子を選びたいならこれ。

f:id:kei_ta1211:20180306234810p:plain

ふくやツブチューブ スパイシーハバネロ味

f:id:kei_ta1211:20180120014542j:plain

チューブ型の明太子Tubu Tubeからスパイシーハバネロ味の登場。

ふくやの販売店に行けば試食ができるのでぜひ辛さを試してみてほしい。ちなみに個人的に試食した感想は「激辛ではなく食べやすいピリ辛」といった感じで相当な激辛を期待している人にとっては物足りないかもしれない。

チューブのいいところはご飯だけでなく、トーストなどにも気軽にかけて楽しめるところ。自分だけのオリジナル明太子レシピをピリ辛で楽しもう。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

贈り物に明太子を選ぶなら島本の明太子にしよう

本場の博多明太子を贈り物として選ぶなら「島本」がおすすめです。

地元福岡でも有名な老舗ながら口コミだけで広まっており、人から人に贈られ続けることで伝えられてきています。

国産の真子だけを厳選して使っており、一口ほおばるとプチプチ感と一緒に口の中に一気においしさが広がってきます。

f:id:kei_ta1211:20180114230515j:plain

無駄な着色料を一切使っておらず、焼酎漬けで明太子そのものの味を最大限まで引き立てているのが一番の特徴。

レビュー記事「贈り物・ギフト向け明太子に島本が絶対おすすめな3つの理由【こだわり】」を書いているので気になったらぜひ読んでほしい。

f:id:kei_ta1211:20180114221550p:plain

ブログ管理人も福岡出身としてかなりおすすめです。送る人への健康にも気を使った絶品の博多明太子をぜひ大切な人の贈り物にしてみませんか??

公式サイト・ご購入はこちら

辛子明太の島本をチェック

福岡 関連記事

福岡を楽しむためのガイドライン
┣ 地元民が通う「福岡のグルメ
┣ 観光前に知っておきたい「福岡のおすすめ宿
┣ 買って帰るべき「お土産
┣ 絶対食べたいもつ鍋「やま中
┗ 自宅で味わう絶品 もつ鍋 / 水炊き お取り寄せ

明太子の選び方
◆ どこよりも詳しい絶対迷わない「明太子の選び方
┣ 昆布漬けで旨み凝縮の「かば田
┗ 誰もが知る有名老舗「かねふくの辛子明太子
◆ 明太子好きにはたまらない「明太子おつまみ&調味料

小倉でバリ美味いとんこつラーメンを味わおう
◆北九州の小倉で食べられる「絶品ラーメン 」まとめ