贈り物・ギフト向け明太子に島本が絶対おすすめな3つの理由【こだわり】

この記事で分かること

贈り物におすすめの明太子が分かる

島本の魅力を地元民の目線から説明

明太子好きに喜ばれるギフトが分かる

明太子を贈り物・ギフトとして大切な人に送りたい。でも明太子のメーカーって多すぎて選ぶのって結構難しい。

それぞれのメーカーに良さがあるし、どこを選んでも美味しいのは間違いないです。だからこそ、何を選べばいいか余計に分からない…

僕も福岡地元民として、他県の人たちに明太子を贈り物として選ぶのであればふくや、かねふく、かば田など有名どころを選びたくなるところ。

ただ、そこをグッとこらえてあえて紹介したいのが明太子の島本食品。実は地元でも有名な老舗で、素材にこだわった自然の美味しさはもちろん大事な人に贈り伝えられていく明太子としてかなり有名なんです。今日は、その島本食品の明太子を贈り物として紹介してみる。

明太子の"島本"は素材に徹底的にこだわる

f:id:kei_ta1211:20180115021812j:plain

福岡の老舗ながらお洒落で飾らない、でも地元では根強いファンが多い地元民だけがよく知るお店博多明太子の島本。40 年間ずっと機械化せず、お店のとなりで一つ一つ手作りしているのが大きな特徴。そして明太子へのこだわりがとにかく強い。

国内産の真子のみを使い、明太子本来が持っている「素材の味」を最大限に引き出す熟成・漬け込みがされてます。

販売担当の方に島本の明太子のこだわりについて聞いてみました。

島本の担当者の声

弊社の辛子明太子の一番の特徴といたしましては、原料に国産たらこを使用している点です。国内に出回る辛子明太子のうち9割以上が外国産を使用しているなかで、弊社では国産のたらこのみを使用して辛子明太子をおつくりしています。

国産たらこは鮮度が良く、粒子の食感があって味がまろやかです。そのため、明太子を漬け込む調味液は素材の旨みを生かすためにごくごくシンプルにしています。

オリジナル辛子明太子を注文してみた

ここまで素材にこだわった作りをしている明太子を食べたくなったので注文。今回はオリジナル辛子明太子の切り子を注文。

f:id:kei_ta1211:20180114221909j:plain

開封した箱には「ひと粒に身を尽くす」という言葉と共に博多でしか買えない島本の明太子の説明書きがありました。丁寧さと何よりも明太子へのこだわりと情熱が伝わってきます。

取り出した切り子をさっそくお皿に盛り付けてみた。切り子なので完全に自宅用だけど、外見のぷりぷり感としっかりと身が詰まった明太子は本当に美味しそう。

f:id:kei_ta1211:20180114221550p:plain

中に詰まったひと粒ひと粒が細かく食べてなくてもぷちぷちとした食感が想像できるくらい。

f:id:kei_ta1211:20180114221528j:plain

周りの皮は想像以上に弾力がありもっちりとしてます。

そして近くで見ればわかる明太子の粒の新鮮さ。

f:id:kei_ta1211:20180204173148j:plain

食べ応えがすごくありながら、噛むたびに粒が溢れ出てきて一気に明太子のピリッとした辛さが舌を伝ってきます。 

f:id:kei_ta1211:20180114230515j:plain

箸で掴んでみると粒のきめ細やかさが分かる。食べるほどにぷちっとした食感がたまらない。特別な味付けなど一切感じず、とにかく明太子そのものの味わいが伝わってきます。

島本の特徴はなんといっても「焼酎」による漬け込みと着色料などを使わないところ。明太子の素材の味だけを楽しめるようなシンプルでやさしい味わい。まさに大切な人に送るのにぴったり。

f:id:kei_ta1211:20180204172839j:plain

粒一つひとつに素材へのこだわりが見える

明太子を贈り物にするならできる限り送る相手へ美味しいと思ってもらいたいし、健康にも気を使えるとすごく想いが伝わります。小さなこどもから大人まで安心して食べられるように配慮がされているのもかなりのポイント。

より詳しい情報を島本の公式サイトでみたいなら博多明太子の島本へ。

明太マヨネーズもプチギフトにぴったり

明太子ももちろん美味しいのですが、ちょっとしたギフトを送りたいなら島本の明太マヨネーズもかなりおすすめ。

f:id:kei_ta1211:20180114222555j:plain

今回はプチギフト用にめんたいマヨネーズとガーリックめんたいマヨネーズを購入。島本のめんたいマヨネーズが選ばれる理由は3つ。

  • 明太子の量が他社より20%多くたっぷり入ってる
  • 冷蔵販売で鮮度が全然違う
  • 希少な国内産原卵のみ使った旨みが違う

いわゆる本当に鮮度のいい国産の明太子を使ってるから不味くないわけがない。 

f:id:kei_ta1211:20180114222623j:plain

いつもの朝ごはんであるゆで卵に思いっきりドバッとかけてみました。もうこれだけでよだれ出てきます。明太子の粒もそのまま入ってます。

味はまさに新鮮な明太子にマヨネーズそのままという感じ。コクというか食べたときのずっしりくる旨味みたいなものが全然違いました。 

f:id:kei_ta1211:20180114222715j:plain

抜群の鮮度と旨味を詰め込んでいる分、賞味期限が少し短いのが欠点になると思います。僕が購入して到着したのが1/14、賞味期限は4/20だったので3ヶ月ほど。美味しいものほど早めにお召し上がりくださいということでしょうか。

ここまで紹介した以外にもまだまだたくさんの贈り物が通販サイトにあるのでチェックしてみてください↓

島本の明太子が贈り物に最適な3つの理由

島本の明太子は何にこだわっているのか。なぜ他の明太子よりも贈り物に最適なのか、その3つの理由をまとめてみました。

1. 素材、無着色で健康と優しさにこだわりアリ

f:id:kei_ta1211:20180115020243j:plain

確か見た目だけにこだわるなら着色した赤い明太子のほうが食欲をそそるかもしれません。でも、大事な人に送るならその人の健康への気づかいまでしてあげたい

島本の明太子は着色料や添加物がなく、素材の味を楽しんでもらうために作り込まれてます。

素材も明太子全体の約1割にも満たない原卵を一切冷凍せずに新鮮なままで明太子を作り上げているのでとにかく鮮度が全然違います。これは実際に食べてみて本当に感じました。

この優しさとこだわりが「贈り物」としてホントにおすすめできるポイントです。

2. アマゾンアカウントでの支払いが可能

f:id:kei_ta1211:20180114194932p:plain

通販をする上で一番面倒なのが支払い作業。クレジットカードの登録や振り込みの手続きなどなにかと面倒だし手間もかかります。

島本はAmazonでのアカウント情報・支払い情報をそのまま使うことができます。コレ、とにかく楽。

f:id:kei_ta1211:20180114233032p:plain

ログインが完了すればAmazonアカウントの送り先と支払い情報をそのまま使って処理できます。

送り先も直送したい場合は住所を入力するだけで完了。シンプルかつ楽なのがとてもよろしい。

3. 明太子の贈り物・ギフトのためのサイト作り

f:id:kei_ta1211:20180114234703j:plain

出典:博多明太子の島本

昭和51年(1976年)創業からずっと辛子明太子にこだわり続けているのも魅力。地元では有名だけど全国的に有名じゃないのは、過度な広告はせず口コミによって広まった島本ファンを常に大事にし続けているから。

贈り物になる明太子として受け継がれているからこそ、WEBサイトも贈られる人の気持ちを考えて作られてます。

f:id:kei_ta1211:20180115001111j:plain

項目欄にプチギフト・おもたせ・ギフト・贈答があり、まさに贈り物として明太子を選べるようになってます。

実際に注文するときに通信欄があって、贈り物のメッセージや袋の枚数なども指定できます。 心意気と誠実な対応で安心して大切な人に届けることができそうです。

f:id:kei_ta1211:20180114194942p:plain

こんな素敵な明太子屋から贈り物をもらえたら嬉しくないわけがない。本当におしゃれで素朴な見やすいサイトになっているので、気になる人は詳しくチェックしてみよう。

島本の明太子はこんな人におすすめ

贈り物・贈答品で明太子を大切な人に送りたい

素材にこだわった本物の明太子を送りたい

相手の健康への願いを伝えられる素材で贈り物がしたい

博多限定の明太子の味を楽しんでほしい

島本は地元福岡の販売店舗か通信販売のみで買えるまさに福岡限定の明太子です。

地元民だからこそ知ってほしいし、応援したい明太子屋の一つ。大切な人や家族、明太子が好きな人への贈り物に島本の明太子をぜひ選んでみてください。

公式通販サイトはこちらから↓