【無料】TOEICミニ模試で英語力を15分で診断する方法【対策までわかる】

f:id:kei_ta1211:20200223171432j:plain

「TOEICや英語の試験を受けたいけど、時間もお金もない。できれば無料で自分の英語力を知るいい方法ないかな。」

それ、アルクのミニ模試ならぜんぶ無料でできます。

使うのはこちら↓

TOEIC(R)ミニ模試|アルク

メールアドレスとパスワードの設定だけでOKです。

このテストの信頼度は?

f:id:kei_ta1211:20200223165621j:plain

アルク株式会社が作った模試になります。

アルクは創立50年の歴史ある会社で語学教材や研修など日本の語学教育のニーズに応えてきた会社。TOEIC実力模試などは多くの企業に採用されており、英語の先生も数多く利用しています。

なので、実力を測るテストとしてはこれ以上ない信頼度です。これを上手く活用していきましょう。

TOEICミニ模試のはじめ方

まずはこちらのリンク(TOEIC(R)ミニ模試|アルク)にアクセスしてください。

f:id:kei_ta1211:20200223150041j:plain

無料の登録が必要なので、アドレスとパスワードを設定しましょう。

f:id:kei_ta1211:20200223150124j:plain

メルマガ登録はお好みで。

完了したらログインしてTOEIC→TOEICミニ模試を選択しましょう。

f:id:kei_ta1211:20200223150154j:plain

A,B,C好きなものを受けてOKです。全25問の簡単なテストです。

では、15分まずは解いてみましょう。

解き終わったらこんな感じでスコアが出ます。

f:id:kei_ta1211:20200223150450j:plain

自分の点数を確認したら、またこの記事に戻ってきてください。

ミニ模試スコア別のレベルと対策

出た点数をもとに自分のレベルをチェックしてみてください。

TOEICミニ模試スコア別レベル一覧

A. 入門・初心者レベル

54点以下

B. 中級レベル

56〜79点

C. 上級レベル

80点以上

テスト問題がある程度自分のレベル感に応じて勉強法を選んでいきましょう。

余力がある人は、合わせて英単語力診断テストも実施しておくと良いと思います。

英単語力診断テスト|アルク

こちらも上記の点数をもとにレベル判断して良いと思います。上級レベルの単語は難しめなものもありますが、おおむねの単語力は分かるテストだと思います。

A. 入門・初心者レベルにおすすめな勉強法の記事

初心者が英語はじめるときに必要な情報すべてまとめてます

【完全初心者向け】英語学習の始めかた|TOEIC800目指せる

「英語初心者でなにをしたらいいか分からない人」「英語ができるようになりたいと思っている人」「英語を学ぶ色んな方法を知って考えたい人」「TOEIC800取ってスキルアップしたい人」こういうひと向けに1から丁寧に英語を学ぶ方法について書きました。まず何から始めるべきか?について細かく解説しています。また、必要な学習方法ややるべきことについても書いています。

>>記事を読む

初心者〜中・上級者まで対応の「英単語の覚え方」はこちら

一生使える忘れない英単語の覚え方と単語帳の選び方まとめ【保存版】

英単語を効率良く覚えるためにまず知っておきたいポイントを紹介。「脳科学に基づく正しい覚え方」を知っているだけで覚え方はガラリと変わります。知っておきたい記憶のメカニズム、英単語の効率よい覚え方など余すところなく解説していきます。 >>記事を読む

英文法がどうしても苦手な人向けのおすすめ英語スクール記事はこちら

社会人向け英文法学び直しにおすすめな英語塾&スクール6選【東京】

東京に住む社会人向けの英文法学び直しスクールをまとめています。 社会人になって英語が急に必要になる人もたくさんいると思います。人が外国語を習得するメカニズムを研究する第二言語習得研究という学問でも明らかになっているのは、単語と英文法は英語を身につけるために必要不可欠ということです。とはいえ時間がない、何から始めればいいか分からないという方も多いはず。この記事では社会人向けの学び直しに最適なスクールを紹介していきますのでぜひ参考にしてみてください。

>>記事を読む

関西の方はこちらを参考にしてみてください。

関西で英文法をスクールで1から学びたい人向けの記事

大阪で社会人が英文法をまるっとやり直せるおすすめ英語塾&スクール8校

大阪で働く社会人の方々が、英文法を1から学び直せるおすすめな英語スクール&塾をまとめていきます。英語の基礎基本はやっぱり英文法です。ただ、社会人になるとどうしても学び直す機会が減ってしまうのが現実です。とはいえ、文法を知ることが英語上達の近道なのは間違いないです。今回の記事では、社会人向けに英文法コースを行なっているおすすめスクールだけを厳選紹介していきます。

>>記事を読む

B. 中級レベルにおすすめな勉強法

中級レベルになってくると、リスニング力、リーディング力で自分の課題が分かれてくると思います。それぞれに効果的な学び方があるので、自分にとって必要な勉強法を選んで突き進むことをおすすめします。

リスニングに悩みがある人はこちら

英語が聞き取れない原因からリスニング上達までの勉強方法を具体的に説明する

僕自身、英語の中でもっとも苦手だったのがリスニングです。めちゃくちゃ早いスピードで喋られるし、一瞬の単語を逃したり、あれ?なんか聞いたことあるけど意味なんだっけとか考えてるあいだにまた聞き逃す。なにこの難しさ、無理ゲーじゃね?、ってずっと思ってました。この記事では、リスニングに超絶悩みを持っていた僕が英語を聞き取れない原因と対策についてまとめた集大成の記事です。

>>記事を読む

リーディングに悩みがある人はこちら

音読がすべてを解決してくれます。僕が500→800まで到達したときも、ほぼ音読練習だけやってました。効果の高い方法をこちらの記事にまとめています。

僕が英語を話せるようになるまでにやった勉強法と計画のすべて

この記事ではTOEIC500前後だった僕が、最終的に英語を話せるようになるまでにどんな計画を立て、どんな教材を使って、どんな勉強法を実行したのかをできる限り具体的に公開していきます。どう英語を勉強すれば話すための英語力が身につくのか?そんな疑問に答えてくれたのが「英語上達完全マップ」でした。僕なりの経験も踏まえて「成果の出るやり方で英語をきちんと勉強したい」という人に向けて書いた記事です。

>>記事を読む

手取り早く勉強したい人向けのおすすめスクール記事はこちら

マンツーマン短期集中で英語上達!英語パーソナルジムおすすめ8選

マンツーマンの短期集中な英語パーソナルジムおすすめを厳選してまとめます。ひとりで英語学習を継続するのはなかなか難しいものです。だからこそ、英語のパーソナルジムで短期間で効率よく学ぶのがかなり人気になっています。ダラダラとお金を払い続けるだけの英語学習は無駄でしかありません。この記事では、短期集中で英語力を一気に伸ばせる、投資する価値のある英語パーソナルジムを8つ厳選して紹介していきます。

>>記事を読む

C. 上級レベルにおすすめな勉強法

独学で「話す力」をさらに鍛えたい人向けの記事

"瞬間英作文"で話す力を上達させる効率的なやり方とポイント

英語力って1日で一気に伸びるものではなく、少しずつ積み上げていくものです。その中でも一番大変だったのがスピーキングです。英会話学校に通ったけど、まぁ話せるようになるわけありません。 どうしようか…と考えていたときに出会ったのが「瞬間英作文」でした。 この瞬間英作文がネイティブと普通に会話するよりも瞬間英作文の効果は絶大でした。 やるほどに英語が口をついて出てくるようになる。そんな感覚さえ持つことができるようになりました。 今回は、そんな効果のあった僕独自の勉強方法を詳しく紹介していきます。

>>記事を読む

発音が悪くて悩んでいる人向けの記事

ある程度英語でコミュニケーションできるからこそ、意外と盲点になるのが発音です。この記事では英語の発音をピンポイントで学ぶ方法を紹介していきます。

英語初心者のための発音練習法とコツ|英語特有の発音11つをマスター

英語を学ぶ上で避けては通れないのが発音です。英語が聞き取れる人は、簡単に言えば脳みその中に「英語の音」が入っている状態です。逆に言えば「知らない発音は聞き取れない雑音になる」ということです。リスニング力を上げるためには発音は必要な分はマスターしていく必要があります。この記事では、英語の発音が苦手な人に向けて「僕たち日本人が知っておくべき発音」だけを厳選し、その練習方法についてまとめていきます。

>>記事を読む

英語力をさらにブーストさせたい人向けの記事

英会話スクールはなるべく選ばないように。ネイティブと話せるという特権だけで、ゆるく課金するシステムのところが大半です。どうせ通うならガッツリ学習できる場所に一点集中することをおすすめします。

留学並み|東京で英語漬けできるスクールおすすめ5社徹底比較

「英語を学びたい、でも一人じゃ続かないのでスクールに通うことも検討したい」←こういう疑問におすすめの失敗したくない英語スクールが知りたい方向けに3社をまとめています。英語教育に根ざした実績あるスクール、コーチング力のあるスクール、コスパ重視完全オンライン完結のサービスです。

>>記事を読む