ブログ取材|リバティイングリッシュアカデミー受講生の感想&効果まとめ

「ブログ取材|リバティイングリッシュアカデミー受講生の感想&効果まとめ」のアイキャッチ画像

東京の田町にある英語最後の駆け込み寺と呼ばれるリバティイングリッシュアカデミーについてこのブログ独自にインタビューしました。

ここでしか得られない情報、受講生の独自の感想などをまとめています。

リバティーイングリッシュアカデミーとは?

コロンビア大学で英語教授法(TESOL)を学んだ藤川氏が設立。独自に考案したグラマーテーブルを使い、英語の本質が学べるスクール。全国各地から泊りがけで通う人がいるほどの人気ぶりで、伸び悩む人が駆け込む知る人ぞ知る英語塾。オンライン受講も可。

公式サイト>>Liberty English Academy

場所:〒108-0014 東京都港区芝5-13-14 THE GATE MITA 2F

リバティイングリッシュアカデミー受講生の独自インタビューまとめ

リバティというスクールに通った人たちは、短期間で一気に英語力を伸ばして世界やビジネスの舞台で活躍の幅を広げています。

このブログでも独占的に受講生たちのインタビュー記事をまずは紹介していきます。

S.Chieさん−舞台演劇を学ぶべくニューヨーク大学院留学でキャリアアップに成功

海外留学を目指したのは、海外のカンパニーと契約したり、作品の権利をシェアしたりする交渉の中で、自分にはバックグラウンドとなる知識がないことを痛感したからです。仕事の幅と奥行きを広げるためにも海外留学しかない。そう強く思いました。

問題は志望校ーニューヨーク大学の大学院に入学するために必要なTOEFL100点の壁を突破することでした。ただ、専門塾に通ったりしましたがなかなか点数が上がらない。webサイトでいろいろ探していた時に藤川先生のアカデミーに出会いました。「完璧な英語が身につく」というフレーズに引かれて、ここしかないと思ったんです。

グラマーテーブルは、完成されたセンテンスを分解して体系立て、それをシンプルにロジカルに表現していました。ペアでスピーキングの練習をしたり、アカデミック層の方々がどんなふうにエッセイを書くかを教えて頂きました。「もっと早くこのメソッドに出会いたかった!」というのが本音です。

留学に際してフルブライトの奨学金を受けることにも成功。2年間の大学院生活を満喫。ニューヨークという舞台芸術の本場に気軽に連絡できる知人も増え、自分の仕事におけるカードが増えたと感じています。

U.Keisukeさん-コンピューターサイエンスの世界で活躍する自信を得た

リバティーとの出会いはwebサイトの検索でした。東京大学大学院に進むためにTOEFLの勉強ができる塾を探してました。教え方がどうすごいのかよく分からないまま、面白そうだなと体験授業を受けてみました。ただ最初は正直言って「何だかアヤシイな」と思いました。

verb, verbal, syntax, S V agreementなど耳慣れない言葉がポンポン出てきて「何、それ?」という感じ。それでも引かれるものがあって通い始めました。

5回目くらいのレッスンでしょうか。藤川先生のいうことがストンと腑に落ちました。例えるなら、今まで決して埋まらなかった英語というジグソーパズルのピースが、全て得られて一気に完成したような感覚でした。

結果、わずか3ヶ月間の準備で東京大学大学院に合格。英語を英語のまま理解して、自由に喋ったり、書いたりできるようになったので、次はスタンフォードかカーネギーメロン大学への合格を目指して、藤川先生の下、スピーキングとライティングを中心に英語の勉強を再開しています。

「できれば英語はしゃべりたくない」と思っていたくらいですから、自分の変わりように自分で驚いています。

T.Fushimiさん-コロンビア大学院に合格してさらに英語力を磨く毎日

目標だったTOEFL100点を取ることができ、第一志望のコロンビア大学院に合格。統計学修士過程に進学することになりました。これもひとえにリバティのおかげだと本当に感謝しています。

これまで大学受験では様々な塾に通い英語を学んできましたが、英語の根本的な体系を学べる塾はありませんでした。勘に頼りながら文法問題を解いたり文章を書いたりしていたため、高いレベルの英語をマスターしていたとは言えず、iBTのリスニング・リーディングで高得点がなかなか取れませんでした。

しかし、藤川先生のグラマーテーブルによる完璧な体系の文法メソッドとiBTクラスのおかげで、短期間でハイスコアが取れました。留学先でも先生からライティングの文法の正確さは素晴らしい!とよく褒めていただきます。正に、藤川メソッドの凄さを実感しています。

 

この他にもリバティーイングリッシュアカデミーの公式サイトでは、受講生の様々な実績や感想が綴られています。

リバティイングリッシュアカデミーのスクール唯一の強みとは?

一言で言えば藤川メソッド・グラマーテーブルにあります。

日本の学校で学ぶ英語はいわば受験のための小手先のスキルに過ぎません。

本来の英語、つまり教養ある英米人が身につけている英語そのものを学ぶことが近道とされています。

とはいえ、なんじゃそりゃ?感は否めません。

そこで、グラマーテーブルを考案した藤川先生にお話を伺いました。

この独自取材を通じて、もっと分かりやすくみなさんにリバティイングリッシュアカデミーの魅力を伝えていきます。

独自取材で分かったリバティの「英語脳」へのこだわり

日本の英語教育と、本来の英語には大きなズレがあると言います。

もちろん、英語の知識として共通している点があるのは事実。ただそれ以上に英語の本質をほとんど知らないというのが現状だそうです。

いわゆるスコトーマ(盲点)というものです。私たち日本人は英語の本質をほんの一部しか学べていないのです。
藤川様藤川様

日本の英語教育だけではこのズレは一生埋まりません。

理由は、受験に出ない、テクニック的に教えられている、そもそも先生自身が英語を分かってない(話せない)などいろいろあります。

このズレを埋めていくのが、まさにリバティイングリッシュアカデミーでやっていることです。
藤川様藤川様

 

日本人の僕たちが習うのはいわゆる受験のための英語であり、英語の枝葉の部分と言えます。

 

リバティでは欧米人が使う本物の英語を体系化して学べるというのが一番の特徴です。

これは木で言えば根っこの部分にあたります。

他の英会話学校に行っても、結局は日本人向けにうまく馴染むような英語表現ばかりを学ぶことになります。枝葉のフレーズや役立つ表現などは、本質を理解して、自分の言葉にしなければ意味はあまりありませんよ。
藤川様藤川様

 

今、みなさんが学んだ英語は、いわば日本人向けに品種改良された英語というわけです。これは話せなくても仕方ないですね…

単元がとにかく細かくなり、教える側も教えられる側も「一体なにが重要で、なにが重要じゃないか」が分かりにくくなっています。
藤川様藤川様
STAYSTAY
なるほど。
このままでは、英語の本質からズレた英語しか身につきません。なので、日本の英語学習に方向性を示す必要があると感じていました。
藤川様藤川様

最短で成果が出せる「グラマーテーブル」とは何か?

日本人の英語は日本人向けに変えられ、海外に出ても日本人は英語ができないと言われてしまいます。そこで藤川先生が考案したのがグラマーテーブルという理論です。

グラマーテーブルとは?

英語の全てのスキルに通じる根本的な英語の成り立ちを、Verb(動詞)から体系立てて学ぶメソッド。世界を動かすグローバルエリートが身につけるべき完璧な英語、を簡潔かつ完璧に体系化したのがグラマーテーブルです。

藤川先生がコロンビア大学へ留学中にこの考え方を教授と話し、非常に面白い考えだというお墨付きです。

もう20年以上の実績があり、数多くの英語学習者が求めるスコアを伸ばしてきました。英語をVerbから捉えることで見える世界が変わります。
藤川様藤川様

ただ、これは小手先のテクニックを身につけてほしいわけではなく、一貫しているのは国際舞台で活躍する人たちに、最短で完璧な英語をマスターしてもらい、真のグローバルエリートとして国際舞台で縦横無尽に活躍してもらいたいという想いが込められているそうです。

たくさんの人たちが世界に羽ばたいていく。そのための確固たるメソッドこそグラマーテーブルのすべてと言えます。

グラマーテーブルで得られるモノ

  • 英語を英語のまま考える力
  • コアを学ぶことによる学習時間の大幅な短縮
  • 目的地を意識した学習ができる

一度、英語の本質、根っこの部分を学べば、応用は自由自在にできるようになってきます。

もう英語学習で二度と道に迷うことも、二度とやり直すこともなくなります。

Check!!→グラマーテーブルの詳細はこちら【公式サイト】

リバティに通えばTOEFL iBT100, TOEIC900, IELTS7.5に到達できる

基礎基本さえ身につけてしまえば、自在に英語がわかるようになります。例えばTOEIC900, TOEFL iBT 100などのスコアに自然と到達します。
藤川様藤川様

これは英語学習におけるスコアとしてのゴールと言える数値です。リバティイングリッシュアカデミーでは、明確にこの目標に向かって一直線で英語力を伸ばしていきます。

常にゴールが見えているので、迷うことはありません。

あとは海外留学、大学院進学、就職転職、ビジネス、海外転勤などご自身の目標によって、さらに高めていけばいいのです。

多くの方達から「TOEIC, TOEFLなどである程度のスコアアップはしても、一向に英語力が上がった気がしない」「長い英語学習の中、ずっと霧の晴れない状況から抜け出せずなかなか自信が持てない」という声を聞きます。

日本の英語教育が本来の英語からズレた日本人英語を教えていれば、そう感じるのはむしろ当然です。

グラマーテーブルというものに、完璧な英語を習得するために必要な本質をシンプルに体系化しています。この体系を学ぶことで、一気に壁をブレイクスルーできます。

料金について【他社比較表付き】

入会金¥50,000-(税込)

グループレッスン 期間 講義 受講料
短期プログラム 3ヶ月 全24回(週2回) ¥280,000-
基本プログラム 6ヶ月 全48回(週2回) ¥500,000-
長期プログラム 9ヶ月 全72回(週2回) ¥750,000-

講義は1回90分:定員15名程度まで(各コース共有)

基本は6ヶ月間で目標を達成するためのプログラムを準備しています。

プライベートレッスン 期間 講義 受講料
短期 プログラム 相談可 全24回(週2回) ¥528,000-
基本プログラム 相談可 全48回(週2回) ¥960,000-
長期プログラム 相談可 全72回(週2回) ¥1,368,000-

マンツーマンレッスンは完全個別レッスンなので、効果をいち早く、より高く望む人に最適なコース。一人ひとりの目標までの締め切り、できるようになりたいこと、あらゆる目的に柔軟に対応できるコースです

 

他の短期集中英語スクールとも比べてみました。

期間 コンサル 入会金 受講料
(1ヶ月あたり)
ENGLISH
COMPANY
3ヶ月 週2回 50,000円 165,000円
PROGRIT 2ヶ月〜 週1回 50,000円 164,000円
TORAIZ 1年 週2回以上 50,000円 100,000円〜
RIZAP
ENGLISH
3ヶ月 週2回 50,000円 150,000円
リバティ
イングリッシュ
アカデミー
3ヶ月〜 週2回 50,000円 140,000円~

他の短期スクールと比べて見れば、 グループレッスンを選べば料金設定的には同等で決して高すぎるわけじゃないことがわかると思います。

具体的な受講と英語力を伸ばすまでの流れ

日本人に足りないのは「英語の根本的な成り立ち(本質)」です。

学校に通っても、この本質を教えてくれる場所はほぼありません。リバティではその本質を体系化している点が大きな特徴となっています。

レッスンフローは以下の通りです。

すべてのコースでグラマーテーブルを3ヶ月〜6ヶ月で習得してもらいます。

グラマーテーブルをマスターすれば、今までの不完全な「日本人英語」から、「教養ある英米人が身につけている完璧な英語」へとブレイクスルーが起きてきます。

その後は一気に英語学習そのものが楽しくなり、目標に向かって一直線に歩んでいけます。

【ブログ限定】リバティの受講を考えている人向けの割引特典

このブログ限定で最大入会金が無料になるキャンペーン特典があります。

藤川先生にぜひ会ってみたい、グラマーテーブルの極意を感じてみたい、英語力を根本的に高められる質の良いスクールに通いたい、という方々はぜひこちらからお問い合わせしてみてください。

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。