英語が苦手な社会人がTOEIC800を達成する3つの英語勉強法まとめ

f:id:kei_ta1211:20180322183648j:plain

キラキラとしたビジョンだけが先行する英語への期待

ますます需要が高まってきている英語。特に社会人になって仕事の幅を広げるために英語を学ぼうと思っているひとは本当にたくさんいます。

僕の周りでもプラスアルファて身につけたいスキルとして真っ先に出てくるのが英語です。単純に仕事の幅を広げるためにも英語の需要ってものすごく高い。

どうすれば英語ってできるようになるの?と聞かれることが多く、僕自身も昔はすごく知りたかった情報でした。

学生時代の僕自身の独学については別記事にまとめてますが、改めて「いま僕が学生ならどんな英語学習をするか?」を考えてまとめたいと思って書いてます。

まず目指すべき英語力の指標

f:id:kei_ta1211:20180322194151j:plain

本当にたくさんの人たちが英語の必要性をこれだけ感じながら英語力が上がっていかないのはなぜか?

シンプルにそれは明確な目標と戦略がないからじゃないか?と思ってます。

英会話なんていきなりやってできるワケありません。

本当に英語についてたくさんの勉強法があるし、本屋にいけば溢れんばかりの英語の本が広がっています。

これだけ英語に関する情報が溢れていても僕たちの疑問はずっと変わりません。

「いったい、何をすれば英語力を伸ばせるのか??」

僕たちは絶対にネイティブにはなれないし、そもそも語学って終わりがない底なし沼に近い。

でも「きちんと時間をかけて効果のある勉強を毎日継続すること」で確実に英語力は伸ばせます。

うん、めちゃ当たり前のこと言っとるやんってなりますよね。笑

 

でもみんな分かってるけどやっていないことがほとんどだし、目標もなくダラダラと学んで結局何も得られなかった人たちが圧倒的大多数なんじゃないかって思う。

英語力の一つ指標としてのTOEIC800点

英語学習のメカニズムという本の中でビジネスパーソンが考える「使える英語力」とはなにか?という問いに3つの回答があります。

  1. 英語でプレゼンテーションができる
  2. 英語でビジネス上の交渉ができる
  3. TOEICで最低800点以上取ることができる

 1,2はどちらもそもそもの英語力が必要になります。その要件として3が挙げられるんだと思います。

つまり、「話せる」とか「交渉できる」みたいな実技応用に入る前に目指すべき英語力としてTOEIC800を取ることを目指せばいいんです。

使える!とか、アウトプット!とか、英語耳!とかではなくシンプルにまずTOEIC800取れればいい。

800点あればOKというワケじゃないけど、基本的に聞ける量も読める量も最低限備わっていることを意味します。

TOEIC公式スコア分布(参照:http://www.iibc-global.org/toeic/official_data/lr/data_avelist.htmlを見るとTOEIC受験者の中でTOEIC800レベルの人たちは約12〜14%ほどになっています。

f:id:kei_ta1211:20180322190337p:plain

*分布グラフは個人作成しています

ここまでくれば英語人材のレベルは充分クリアできていると思います。

で、ここで僕ならこう思います。

「とはいえTOEICなんて単なるテストだし使い物にならないんじゃない?」

その感覚、もちろん正しいです。

TOEICなんて点数取れたってビジネスにも英会話にも全く役立たないはず。

だからTOEICなんて全く意味ないよ、と。

でも、実際問題としてTOEICレベルの英文がきちんと聴けなくて、読めなくて、仕事に活かせるのか?英会話できるのか?ビジネスできるのか?っていう話です。

(ビジネスは仕事の予備知識がかなり豊富なら出来るかもしれませんが…)

例えば、TOEICのリスニングで長文のものは約150単語、リーディングの長文でもわずか400語ほどしかありません。

このレベルの英文を80%以上の精度できちんと理解できなくて「本当に使える英語力」とか「自在に英会話できるスキル」や「ビジネスレベルの英語力」を求めてしまうのはちょっと違う気がします。

 

だから、まずはTOEICで800点が取れる基礎力を最低限身につけよう。

もちろん、TOEICはあくまでも一つの明確な基準であり、土台であり、踏み台です。
ひとまずTOEIC800に到達するまでは英語のリスニング・リーディング力を高めていきます。

f:id:kei_ta1211:20180322193912j:plain

あとは自分の必要なシーンに応じてビジネスでも海外旅行でもかなり活用していけます。英会話なんてしっかりした基礎力さえあればアウトプットを重ねることで自然といくらでも伸ばせるのでいきなり焦らなくて大丈夫です。

TOEIC800レベルに到達するためのミニマル英語学習計画

決めるのは3つ「目標」「やること」「学習時間」

( 目  標 )TOEIC800
(やること)リスニング、リーディング、英文法、英単語
(学習時間)1.5h x 90 days = 135h(最低ライン)

「Aも効果あるし、同時にBもCもやって相乗効果で…」

と、あんまりにも難しく計画を考えたり

「よぉーし、明日から本気出す!とにかく英語やる!」

みたいな勢い&やる気だけに任せてしまうと絶対に続きません。

時間は本当に有限だし、無駄にダラダラと過ごすのは本当に避けたいです。

そのためにも、本当にシンプルでこれだけやる!という目標を決めることが大事です。

自分にあった英語学習を決める

f:id:kei_ta1211:20180322195847j:plain

このブログでは3つの英語勉強法を紹介しています。

大事なポイントは自分ができそうな学習方法で毎日継続することです。自分に合った学習方法で続けてみてください。

f:id:kei_ta1211:20180306234725p:plain

1. コツコツ独学型勉強法

こんな人におすすめ

ある程度まとまった時間がある人

自力で取り組める人

書籍を集めるのが苦じゃない人

キーポイント

独学で自分のペースで学習できる

f:id:kei_ta1211:20180306234722p:plain

2. スタディサプリ勉強法

こんな人におすすめ

コスパ高い教材・音源で勉強したい

スマホ1台で英語学習したい

学習管理や進捗を自動で記録してほしい

スタディサプリ ENGLISHを戦略的にフル活用します。

会員登録でTOEIC問題集と英文法講義、英単語の教材がまとまっているので、音読・シャドーイング・ディクテーションの素材として即使えます。

英語の実力として800点レベルを取るまでの具体的な戦略と方法は別記事【スタディサプリENGLISH】90日で結果を出す戦略的おすすめ勉強法にまとめているのでぜひ参考にしてみてほしい。

f:id:kei_ta1211:20180306234719p:plain

3. 英語のパーソナルジムへの投資

こんな人におすすめ

進捗管理を全てお任せしたい

1人じゃ絶対に続かない

英語のプロから教えてもらって最短で身につけたい

自力で英語力を伸ばすための方法は星の数くらいありますが、自分ひとりで続けていくのはなかなか難しいものです。

お金を自己投資して英語力を確実に高めるなら英語パーソナルジムが一番おすすめです。このブログでも紹介している英語のパーソナルジム「ENGLISH COMPANY」が3ヶ月という短期間で成果を出しており一番おすすめです。

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。