STAY MINIMAL

僕が英語を話せるようになるまでにやった勉強法と計画のすべて

SPONSORED LINK

英語を話せるようになるにはどういう勉強法がベストか

大学時代は英文学科。当時の英語力は大学2年生の時点でTOEICスコア500程度とお世辞にも高いとは言えなかった。でも、英語が使えるようになりたいという思いから1年間のアメリカ留学を決意した。

当時、大学生だった僕が心の底から求めていたのは「使える英語力」だった。

TOEICの勉強はやっていたけど、本当にこのまま勉強を続けて英語を使ってコミュニケーションが取れるのか不安だった。結局は点数を取っても英語が使えなければ意味がない。

どんな英語勉強法なら「使える英語力」が身につくのだろうか?という迷路の中に迷い込んだ気分だった。

だからこそ、「英語をきちんと勉強したい」という思いは一層強かった。

この記事では僕が最終的に英語を使えるようになるまでにどんな計画を立てて、どんな教材を使って、どんな勉強法を実行したのかをできる限り具体的に公開していきたい。こんな人に是非読んでほしい。

  • 英語を話せるレベルに持っていきたい
  • いつか本気で英語を勉強したい
  • 英語を勉強したいけど何をすればいいかぼんやりしている
  • 付け焼き刃ではなく本物の英語を学びたい

英語を学ぶ上で知っておくべき大切なこと

そもそも英語を学ぶ前に自分の中で英語を学ぶ目的をはっきりさせておいた方がいい。あいまいな理由で英語を勉強するのは、中途半端な結果になる可能性が高い。英語の勉強を継続させるためには強い動機付けが必要になる。僕は当時「留学する」という目標が既にあったので勉強を継続できた。人それぞれ目的は違うはずだし、ここをまずは自分の中で明確にしておくことをおすすめしておく。

で、結局のところ「使える英語」ってそもそも何だろう?まずは僕がどんな英語力が欲しいかについてしっかりと考えてみた。海外留学するという目的がある以上、相手と英語を使って対等にコミュニケーションを取りたい。

シンプルに僕が学びたいのは次の2つの英語の力だった。

・英語を話す力

・英語を聞く力

この英語力を身につけるまでの大まかな見取り図をインフォグラフで表してみた。

f:id:kei_ta1211:20160620235919j:plain

僕の求めている英語力は「自分の言いたいことを英語で伝えられるコミュニケーション力」だった。

それを手にいれるためには⑴聞く力⑵話す力が必要になってくる。

まず、全体の英語力の基礎はすべて音読で高めていった。そこからさらに求める2つの力を学ぶためシャドーイング瞬間英作文という勉強法に行き着いた。最後に、全体の表現力を高めるための単語力を高めていった

まずは、英語力を高めるための具体的な計画をどうやって立てていったのかについて話していく。

英語の勉強法をもとにして具体的な計画を立てるまで

f:id:kei_ta1211:20160621000001j:plain

どんな教材がいいのか分からなかった僕にとって、本の山からできる限り失敗しない本を選びたかった。最初に「目的にあった英語の勉強法」とは何かを調べる必要があった。そんな時この一冊を手に取った。

かなり有名になったので見たことがある人たちも多いと思う。この本が僕の英語学習のすべてだと言ってもいい。

この本から英語勉強のあらゆる真実と方法論を学ぶことができた。具体的にどんな教材を使えばいいか書いてあったため、この本に載っている教材をかき集めた。

詳しい内容はこの本にすべて載っているが、簡単に中身の要点をまとめておく。

  • 日本にいても必ず英語はしゃべれるようになる
  • 英語を学ぶのに最適なトレーニングの数・種類を知る必要がある
  • 上達までの道筋をはっきりと立てておく
  • トレーニングの途中で挫折した場合の対処法を知っておく
  • 自分の目標とする姿、今の立ち位置、レベルを謙虚に把握する

参照サイトはこちら→英語上達完全マップ

きちんと時間をかけて基本に忠実に英語を勉強すれば、国内にいながら「使える英語」は身につけることができる。そのためのあらゆる教材がほぼすべて揃っていることが分かった。

トレーニングの方法を知れば英語は確実に上達する。この本を読んでそう確信した僕は早速行動に移すことにした。

英語をどのレベルまで持っていきたいか明確しよう

まずは留学までに英語を勉強するにあたって具体的な目標地点を明確にした。

  • 自分の言いたいことがスラスラと言える英会話レベル
  • 相手の言っていることを9割以上理解できるリスニング力
  • TOEICはできれば800以上

多少大げさでもいいのでこうなりたいっていう目標があるかないかで全然違ってくる。自分がどこを目指しているのか分からない=英語を勉強しなくなる、という状態に繋がってしまう。

目標が定まったところで改めて僕がほしい英語力は「聞く力(リスニング力)」と「話す力(スピーキング力)」の2つに絞ることができた。

どうやって英語力を高めるか トレーニング方法を決めよう

まず、さきほどの英語上達完全マップに載っている英語の勉強チャートを自分なりにアレンジしていくことにした。疑ってかかるのではなく、まずは書いてあることを素直に理解するようにした。

f:id:kei_ta1211:20160322222611p:plainhttp://homepage3.nifty.com/mutuno/05_training/05_training.html

まずは、この参照図を元に自分の目標と期限を勉強計画に落とし込んでいった。もちろん全部をいっぺんに勉強できればベストだけど、期間も限られている。

この中でも特に「話す力」「聞く力」を身につけたかったので、僕が特に注力したのは音読パッケージボキャビル短文暗唱=瞬間英作文の3点だ。

聞く力(リスニング力)を高めるための勉強法

音読パッケージ

英語の基礎体力(単語力)を高めるための勉強法

ボキャビル

話す力(スピーキング力)を高めるための勉強法

短文暗唱=瞬間英作文

これで英語力を上げるトレーニング方法が明確になった。自分が何をすべきか?がはっきりすることでモチベーションを保つのがかなり楽になった。これは大きな収穫だった。

英語を勉強したいと思っている人は、どんなトレーニングを行うかを最低限明確にしておいた方がいい。やることが決まればあとは繰り返していくだけなのでモチベーションの維持が簡単になる。

聞く力(リスニング力)を高めるための勉強法

f:id:kei_ta1211:20160324011056j:plain

リスニング力は聞く力がつくだけでなく実はスピーキングにとっても非常に大切な要素だ。なぜなら、相手が言っていることを聞き取れないとそもそもコミュニケーションが成り立たないからだ。

実は、英語の最も効果が高く英語力全体を伸ばせる方法が「音読」だ。音読が英語学習の鍵を握ると言ってもいい。

何度も何度も英語を音読して繰り返すことで、自分の声で自分の耳に英語を聞かせていく。そうやって英語の音を一つ一つ自分のモノにしていく。間違っても聴きながすだけの教材を手にとってはいけない。きちんと生の英語音声を聞いて、音読を繰り返そう。これだけでリスニング力および英語力が確実に上がっていく。

音読の基本的な流れ

  • 文章をすべて精読し英文を完璧に理解する
  • 1文ずつCDの音声を聴いたあとで読む 10回1セット
  • もう一度英文を精読し意味を確認する
  • 1文ずつCDの音声を聴いたあとで読む 10回1セットx4周
  • 全体を追いかけるようにシャドーイング 100回

教材を選び方については下記に当てはまる本を購入しよう。1冊で充分だ。

▶︎1ページ以上の長文がいくつも載っている
▶︎外国人が話す音声CDが付属している
▶︎難しすぎず中学〜高校生の英語レベルの本でいい

僕が最初に選んだ教材がアメリカ口語教本・中級用(最新改訂版) だ。留学するまでこの1冊を上記の流れに沿って何度も繰り返した。たった1冊でもきちんと読み込めば英語力は確実についてくるので心配はいらない。

日本語訳を見ながらまずは英文の完璧な理解をする

初めから音読をする必要はない。音読は英文を理解できて初めて効果がある。分からない単語、文法、表現などあらゆる箇所までしっかりと理解を深めておく。ここで95%以上、できれば100%に近い理解度を目指しておくことが大切だ。

英文をコンマごとで区切って(英語音声を聴く⇆音読)を繰り返す

精読が終わったら次は英文をコンマで区切る。

1文の音声を聴いて停止させてその1文を音読→また音声再生して1文を聴く→停止して音読

この流れを10回繰り返していく。ポイントは英語音声の発音とイントネーションをできる限り真似してみよう

それから再生・停止をかなりの回数行っていくため、楽に操作できるようにしておきたい。

f:id:kei_ta1211:20160621000927j:plain

僕の場合はiPodを使った。片手にすっぽりと収まるし、ボタンもある程度の大きさがある。小さくてちょうどいいサイズ感が英語勉強のストレスを少しでも減らしてくれた。

自分にとって繰り返すストレスの無い方法を見つけよう。

精読・音読を繰り返して英文に慣れる

英語を口に出し続けるのはかなりの疲れてしまうので、10回1セットで5分〜10分の休憩を入れていこう。まずはこの回数に身体を慣れさせることが大切。

3セット目あたりからだいぶ慣れてくると思うので、そのまま合計で5セット50回を達成してみよう。

この間で何度か英語の精読も行い、本当に英文の日本語訳と英文法が100%理解できている状態を目指すことが大事

シャドーイングでひたすら繰り返す100回

5セットが終わればどんな人でもその英文にかなり慣れてくる。ここまで来たら、仕上げにCD音声を流しっぱなしにする。英語の音声に遅れて真似するシャドーイングを行っていく。文字どおり100回を目標にしよう。

このように、たった数ページの英文をかなりの時間をかけて何度も繰り返すことで英文が自分のモノになる感覚が掴める。初めは時間がかかったとしても、繰り返すうちにスピードはどんどん上がってくる。もちろん英語の基礎体力UPというおまけもついてくる。地道に、確実にやっていこう。

英単語で英会話全体の表現力アップ

f:id:kei_ta1211:20160323004529j:plain

何よりもまずは英単語を覚えていこう。使える英単語が増えるほど表現力を引き延ばせる。ある程度しゃべることができても語彙力がなければそれだけ英語の表現は制限されてしまう。無くても問題ないが、あればもっと英語で話す内容が広く深くなる。

僕が英単語を覚える際に大切にしているポイントは4つ

  • アクセントがどこにあるのかをしっかりと把握する
  • 英単語を画像などのイメージと結びつけておく
  • 英単語一つだけで覚えず例文と一緒に暗記する
  • 語源を大まかにつかんでおく

まず初めの一冊を買うとしたらどの英単語帳にすべきか?と言われたら、迷わずDUO3.0をオススメする。

あらゆるサイトで紹介されているが最もネイティブ表現に近く、かつ使いやすい単語帳だと思う。英検1級レベルになればマニアックになるし、大学受験レベルになると物足りない。この単語帳はまさにその中間を補ってくれる最良の本だと言える。

ポイントはCDを必ず購入することDUO 3.0 / CD復習用 の1枚があれば充分なので手に入れておくことをお勧めする。外国人による生の声での発音は必ず耳に入れておいたほうが良い。

英単語の効果的な覚え方

単語の覚え方は日本語で意味をきちんと理解し、あとは例文を繰り返し声に出して覚えていこう。この回数を上げていくことが大切だ。

さらに英単語の覚えるときのポイントをいくつか具体的に説明しておく。

英単語のアクセントがどこにあるかをみる

まず英単語を覚える時に着目するポイントはアクセント。日本語にはあまり極端なアクセントはないが、英語はアクセントの位置がしっかりしていないと相手に上手く伝えることができない。

例えば、"accelerate【æksélərèɪt】"は音節にするとac-cel-er-ateとなりアクセントは-cel-になる。これを意識しながら単語を発音していくようにする。

初めのうちは面倒だけど、ほぼすべての単語にアクセントは存在するので必ず押さえておこう。

Google画像検索で単語をイメージ化する

英単語を調べるときに必ず辞書を引くと思う。しかし、文字列だけの辞書だとイメージが伝わってこなかったりどの場面で使用すればいいのかしっくりこないことが多かった。色々と模索した結果、たどり着いたのがGoogle画像検索

例えば、"abandoned"という形容詞は辞書で引くと【見捨てられた】【放棄された】【恥知らずの】と色々な意味が出てくる。このままだとこの単語をどんな場面で使用すればよいのかがわかりづらい。

ここからもう一歩進むためにGoogle画像検索に"abandoned"と入力してみる。するとこういう画像が出てきた。

f:id:kei_ta1211:20160323202011j:plain
http://www.youramazingplaces.com/34-abandoned-but-beautiful-places/

f:id:kei_ta1211:20160323202357j:plain
http://www.huffingtonpost.com/2013/04/28/abandoned-farmhouse_n_3163713.html

画像になると英単語の意味がすんなりと入ってくるのが分かる。ここで着目したいのは、人ではなく建物に多くこの英単語が使われているということ。場面としては廃れた酷いありさまの建物に対して使うことを想定すればいい。

Google画像検索によって英単語をいつ、どのように使えばいいかという視点からイメージでより具体的に覚えることができる。覚えておくとかなり便利。 

英単語の語源の大まかなイメージをつかむ

語源についてある程度の知識があるかないかで単語を覚えるときのストレスがかなり違ってくる。参考にしたいのはこちらのサイト▶http://gogengo.me/

例えば、単語を大まかなくくりで書いていく。
inplicit    import    infinite

これらの英単語に共通するのは"in-"もしくは"im-"が頭につくことだ。この"in-, im-"には"内側の〜""〜でない(否定)"という意味が大まかに含まれている。

つまり、これらの単語は内側に関することや否定系の意味が込められていることになる。じゃあこのイメージを持って英単語を分解してみよう。


inplicit
→im-「内側へ」+ ply「折る」
→意味を内に含めている
→【形】暗黙の

import
→im-「内側へ」port「運ぶ」
→国内に運ぶ
→【動】輸入する

infinite
→in-「〜でない」fin「終わる」
→終わりのない
→【形】無限の


日本語で言う部首(くさかんむり、しんにょう)に似ていると言える。ただ覚えていくだけではなかなか身につきにくいのが英単語。語源に着目することでカテゴリー化することができるし、知らない単語でもある程度の意味を予測することが可能になってくる。

また、最近は語源で英単語を覚えられる単語帳が増えてきている。僕のおすすめは英語のRootsという本。

語源で覚えていくことで、記憶だけに頼らない英語をスペルで意味予想する力をつけることができ、結果的に語彙力を倍々で増やしていくことができる。

話す力(スピーキング力)を瞬間英作文で身につける

英語を話す、と一言で言うけどじゃあどんな力をつければ英語が話せるようになるんだろうか?結論は日本語を英語に瞬時に翻訳して組み替える瞬発力だった。

20年以上も日本語だけでコミュニケーションを取ってきたから、あらゆること日本語で理解してしまうことは避けられない。じゃあ、その日本語を瞬時に英語に置き換える力をつければいい。その変換スピードが自分の英会話力になる。

f:id:kei_ta1211:20160621000124j:plain

瞬間英作文用で使った教材は2つ。

全国高校入試問題は僕が勉強した2010年のものを使った。特にどの年のものがいいってことはないし、結局は最新版になっていくので手に入りやすい年代のものを選ぶといい。

やることは簡単。「ひたすら日本語を英語に直す作業を100回繰り返す」だけ。

ちょっと例文を見てみよう。

車の運転をしている私の姉が左に曲がろうとした時、事故にあった。

この日本語を見て3秒以内に英語の翻訳が出てくるようにする。

My sister who was driving her car got into a traffic accident when she turned left.

こういう短文を数多く集めて、日本語から英語に瞬間的に切り替えしできるように何度も繰り返す。同じテキストの例文を100回は繰り返すくらいの意気込みは必要。

僕はこんなやり方をしていった。

▶︎1週間のうち5日以上、1セット1時間を2セット行う

▶︎スラスラ話すための瞬間英作文シャッフルトレーニング に載っている800フレーズのうち500フレーズを100フレーズごとに区切る

▶︎100フレーズをどんどん日本語→英語へ変換していく。これを500フレーズまで一通り行う(500フレーズまでを1周とする)

▶︎2周したら3周目から一気に500フレーズまでフル変換する。これを10周するまで繰り返す

500フレーズを10周だから5000回、一つの文章あたり最低10回は繰り返す。

もう十分いいでしょ、と思ってから何回繰り返せるかが大切。

やり方やポイントについてもっと詳しく知りたい方は瞬間英作文で効率よく英会話を上達させる方法とポイントを詳しく解説してみるの記事で説明しているので参考にしてみてほしい。

次に︎先ほど紹介した【CD2枚付】2017年受験用 全国高校入試問題正解 英語 を使う。

これは受験用の英文の長文が載っているものであればなんでもいい。使うのは解答欄の長文の日本語訳。この日本語訳を片っ端から英語に訳していく。これも同じ文章を最低でも10周は行うようにする。

勉強方法のさらに具体的な方法については英語上達完全マップ●瞬間英作文を参考にするといいだろう。

英語を英語で理解する、というのは確かに聞こえはいいかもしれないけど、そもそも英語を初めから英語として理解できる脳みそを僕たちは持っていない。少しずつ、日本語→英語への変換スピードを高めてある程度まで自動化されてからの話だ。まずは母国語である日本語を上手に使って英語を学ぼう

実践で英会話をすることの大切さ

実践をおすすめする理由は主に2つある。

①対面で英会話する経験を積むことで英会話の実感と意欲が増す

英語が口から出てこない悔しさがモチベーションになる。テキストを見ながらの勉強だと自分との戦いになってしまう。本当に意志が強くないと一人では長く続かない。話す相手がいることが英語を続ける意欲になる。

②自分の出来なさを実感する

英語に限らず、語学の勉強に終わりは無い。僕だって未だに聞き取れない英語がたくさんあるし、もっとこういう表現で話せたらよかったなって思うことが何度もある。謙虚に自分の実力を認めて、素直に英語と向き合ってみよう。

f:id:kei_ta1211:20170108223154j:plain

英語を話すためには当たり前だけど英語を話す練習が必要だ。対面で相手の表情を見ながら英語を話すことで、実践的にコミュニケーション力を高められる。日々の英語の勉強とは別に「英会話を実践する時間」を少しずつ増やしていこう。

僕がおすすめするのは以下の2点だ。

  • オンライン英会話
  • シェアハウスに住んでみる

オンライン英会話は本当にコスパ良く気軽に英会話の機会が得られる。

おすすめはオンライン英会話大手のレアジョブ英会話だ。アプリが出たことで、ますます英会話をどこでも気軽にできる環境になってきている。(現在はiPhoneのみダウンロード可となっている)


無料で始める英会話 「レアジョブ日常英会話」
無料で始める英会話 「レアジョブ日常英会話」
 
 
   開発元:RareJob Inc.
無料
posted with アプリーチ

こういったアプリを活用して英会話にいつでも挑戦できる環境を整えておくと便利だ。ちなみに、レアジョブ英会話には50分の無料レッスンが出来るので自分に合うかどうか判断もしやすいので初めの一歩としてはかなりオススメ。

また、もう一つの選択肢として外国人と交流できるシェアハウスに住むという選択肢もある。

早い段階でこういったサービスをうまく利用し、英会話を実践することで自分の弱点や英会話の何が難しいかを掴んでおこう。 

短期間でお金をかけて一気に英語力を高めるのも選択肢の一つ

紹介している英語の勉強法は正攻法だけど、時間根気も必要になる。英語力は欲しい、でも独学で続けるには少し自信がないかもしれない。自分で自分を奮い立たせたいけどなかなか続かない。そういった場合は、英語のパーソナルジムに通うことも視野に入れてみてもいいだろう。

おすすめは予備校をバックグラウンドに持つENGLISH COMPANYが一番良いだろう。英語勉強の具体的なメソッドを豊富に持ち、パーソナルトレーナーとマンツーマンで徹底的に英語が学べる。

最近では、第二言語習得研究が進んでどんどん英語を効率よく短期間で身につける方法が考案されている。ダラダラと続けるならこういうサービスに先行投資をしてしまって、期間を区切ってみっちりやるのも方法の一つだ。

話題の英語ジムで効率よく短期間で英語を学べる

英語勉強法と計画のまとめ

ここまでやってきたけど、実際に留学してからも正直英語には苦労した。現地の地元民が持つなまりや早い英語についていけないことが多々あった。それでも自分が言いたいことはある程度英語で表現できるようになっていた。改めて、ここまで紹介した英語の勉強法に大きな効果を感じることができた。

最後に、今回の記事のまとめや注意点を書き記しておく。

  • スケジュールと目標地点を出来るだけはっきりさせる
  • トレーニングの方法を決めておく
  • 教材は沢山いらない、結局は何回英語を繰り返し音読したか?がすべて
  • 楽して英語を身につける方法はない

英語を勉強するための明確な理由(動機付け)を持っておくことは大事だ。それから、100冊の教材から学ぶよりもたった1冊を100回音読する方がはるかに効率的で大きな効果が期待できる。あと、「聞き流すだけ」とか「たった〇〇日で喋れるようになる」と言った簡易的な表現のある教材には注意した方がいい。英語は地道に毎日続けていくしか上達の近道はない。

ちなみに、僕自身この英語勉強法を始めて4ヶ月目にTOEICを受けて目標だった800点を越えていた。

英語の勉強を支援する沢山の便利なアプリやサイトがあるけど、最終的には「英文を何回音読したか?」で英語力の基礎部分が決まってくる。

今、目の前にある英文を理解し、音声を聞き、確実に発音して自分のものにしてみよう。本当に地道な作業だけど、英文一つ一つを完璧にして自分の中にストックしていければ誰でも必ず英語力は身につけられるはず。

 

ここで紹介した方法論以外にも、初心者向けの文法書や英単語のオススメする教材を選んだ記事などブログでまとめています。よろしければ下記からどうぞ。

このブログの英語記事をまとめています

また、英語を独学でできれば基礎の基礎から英語を学びたい方には、英語初心者が英語の基礎基本をきっちり学べるおすすめ本11冊という記事でおすすめ本を紹介しているので参考にしてみてほしい。

 

おすすめ英語が聞き取れない原因からリスニング上達までの勉強方法を具体的に説明する 

おすすめアメリカ留学で僕には日本人としての価値なんてなかった【海外留学体験談】

おすすめ海外留学へ行きたい理由や目的に悩む人に伝えたい3つのこと