英語が聞き取れなかった僕が聞き取れるようになった1つの方法

f:id:kei_ta1211:20171017114637j:plain

英語を聞き取る力をつけるディクテーション

僕が英語を話せるようになるまでにやった勉強法と計画のすべての記事を読んでもらえるとわかるんですが、アメリカ留学前は計画的に勉強をしていました。

ただ、唯一どうしても苦手だったのが英語のリスニングでした。

相手が何を言っているのか理解できないって、辛いんです。アメリカ留学中もものすごく苦労しました。コミュニケーションがまず成り立たないんですよね。

現地に行って、リスニング力を上げる努力をあまりしていなかったことを改めて後悔しました。

帰国後、試行錯誤した中で最も効果の高かったのがディクテーションでした。シンプルに誰でもできる方法なのにリスニングにむちゃくちゃ効果がある。

この記事ではそのやり方を改めてまとめていきます。

効果的なディクテーションのやり方

f:id:kei_ta1211:20171015003029j:plain

ディクテーションは音の聞き取り、単語の書き取り、発音、文法理解、とあらゆる英語力アップに有効です。しかも、ディクテーションした英文を音読素材としても使うことができます。

ディクテーションの具体的なやり方は以下の通り。

紙とペンを準備→音を聴く→聞こえた音を書き出す→答え合わせ→音読

音だけ聴いて英語を書き出すだけです。

かなりシンプルだけど、これがリスニング力アップにむちゃくちゃ効果がありました。

まず、聞こえてくる英文が一つ一つクリアになったし、強く読まれるところ、弱く読まれてるところが明確になりました。それを身をもって体感できたのが一番大きかったです。

必要な教材

英語字幕(スクリプト)のある音声

答え合わせができる音声教材ならどんなものでもOK。ディクテーションの良いところは複雑な英語教材が全くいらないこと。音声と文字さえあれば、どんな教材でもディクテーションできます。

ディクテーションにおすすめの教材

初めから映画とかに挑戦してしまうと「うわー全然聞き取れない、無理っ!」ってなるので、まずはなるべく優しい教材を選んでみよう。

僕も初めに難しい教材を使ったけど、聞き取れなさ過ぎて自信がなくなって無気力のまま2日くらい過ごしちゃったりしてたので…そもそもやらなくなるのが一番もったいないので、難しすぎない教材を選ぶようにしよう。

聞いて書きとる英語リスニング300問

2017年に発売された本だけど問題豊富でかなり使いやすい1冊。これからディクテーションを始める人の入門編としても使えます。

ゼロからスタートディクテーション 

ディクテーションに特化した1冊。初心者にもとっつきやすく、英語の発音記号をもとに詳しく解説されている点も嬉しい。

TOEIC公式問題集

TOEIC批判もあるけど、正当なネイティブ発音という意味ではこれ以上に使える教材はなかなか無いです。

リスニングパートは100問全てディクテーション用素材として使えます。問題を解くだけがTOEICじゃないので、ディクテーションに有効活用してみよう。

僕がやったやり方と具体的な効果

僕なりに試行錯誤して決めたルールが以下の通り。

ルール

聴く回数は一文ずつ最大5回までと決めておく。

聴いてもよくわからないところには線を引いておく。

分からなくてもとにかく聴こえた音を書き出す

ディクテーションで何が大事か?を考えたとき、一番は「自分が聴いた音がどう聴こえているか」を把握すること。

現状で自分の耳がどう聴いているのか、答えを見てネイティヴってどう発音しているのか?このギャップを埋めていくのがディクテーションです。

①まずは一度音声を聴く

できる限り短文がいいのでディクテーション用の教材を使うと便利です。僕はまず自宅にあった音読用のアメリカ口語教本を使って書き取りしました。

長文の場合は1回目は適当に短くてもいいので細切れにしながら一通り書き取っていき、2回目からは再生する幅を広くしていきます。

②どうしても聞き取れない箇所はカタカナで

聞き取れない部分、モニョモニョ言っててよく分からない部分はまさにそのモニョモニョな音をカタカナでいいので書き出しておきます。今、自分がどう聴こえているのかが分かるし、聴こえない部分との差が分かるようになります。

③どう聴こえているか?を口で再現する

聞き取れない音の答え合わせが完了したらここからが本番。その音を自分で発音できるまで繰り返し音読してみよう。聴こえた音を自分のものにできるまで何度も何度も繰り返そう。仕上げはCDをかけてシャドーイングができるようになればベストです。

聞き取れない主な原因

発音

音声変化

単語を知らない

どうしても聞き取れる感覚が無ければ、こちらの記事聞き取れなくて悔しい英語の発音を聞き取るための4つの方法も参考にしてみてほしい。

聞き取れない原因はたくさんあるけど、一番多いのが発音そのものを認識できないパターンもしくは音声変化が全く分からないパターンがほとんどです。

単語そのものを知らない場合は語彙力が必須。一生使える英単語の覚え方と単語帳の選び方まとめ【保存版】の中に効率のいい英単語の覚え方をまとめているので見て聞いて分かる単語の数を増やそう。

アプリを有効活用しよう

ディクテーションは紙とペンがあればできる気楽な学習方法だけど、自宅などゆっくり机に向かう必要があります。でもこれがなかなか続かなかったりするんですよね。

そんなときはアプリを活用するのもありです。ディクテーション用の英語アプリも増えてきており、いつでもどこでも使えます。(あまりにも雑多な場所だと聞き取りずらいかもだけど…)僕もアプリに切り替えてからとにかくディクテーションがはかどりまくってます。

スタディサプリ

f:id:kei_ta1211:20171013160746j:plain

スタディサプリ ENGLISHは英語の聞く力と話す力に的を絞ったサービス。TOEICコースと日常会話コースに分かれていて、自分の好みで選べます。

特にディクテーション機能はかなり人気で、作り込まれているので使いやすい。他の英語学習用の教材も豊富にあるので入れておいてまず損はないアプリです。

実践的な英会話を主題にディクテーションができ、紙もペンもいらないのでとにかく楽しめます。

点数評価や次ステージに進む仕掛けが施されているので、飽きずにゲーム感覚で楽しめます。これさえあれば何もいらないってくらい機能は充実してますね。 

TEDICT

TEDICT - TEDで英語を習おう

TEDICT - TEDで英語を習おう

CoCO SWING¥360posted withアプリーチ

TEDを題材にしたディクテーションアプリ。生の英語表現や、優しくない本格的な英語聞き取りができます。基礎的な面はスタディサプリを使うとして、中級以上の人から上級者まではこのTEDICT1つでほぼカバー出来ると思います。

ダウンロードしておけばホントに幅広く活用できるのでおすすめ。 


今はアプリでかなり便利なものを英語学習に活用できるようになってきています。便利なものはトコトン活用しながら、自分のやり方を常にアップデートしていこう。

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

\\ R e c o m e n d //

f:id:kei_ta1211:20181016013459j:plain

STAY MINIMAL英語学習ガイドマップ

英語をもっと戦略的に学ぼう
■ブログ管理人の独学英語勉強法
留学で味わった英語が全く聴けない悔しさを克服したリスニング上達
英語勉強法と計画のすべて

■TOEIC800点は全ての英語学習者が目指すべき通過点
TOEICっている?なぜ800点なのか?
┗ 英語って何から始めたらいいか分からない人はまずこの記事から

■最短かつ具体的なTOEIC800英語学習戦略
管理人の独学の勉強法(時間と根気ある人向け)
英語が話せるようになるまでの勉強法と計画のすべて
コスパ最強のスタディサプリ勉強法
コスパ最高のスタディサプリENGLISHをフル活用する

■短期集中で本気の英語環境を作る
┣ 英会話学校なんかより100倍いい英語パーソナルジムという選択
┣ 英語学習が加速する「本気のマンツーマンスクール
┗ 海外留学並み「徹底した英語漬けスクール

■「単語・文法」を学ばない初心者に未来なし
┣ 英語の基礎基本を学べる「11冊
┣ 1からやり直す「英語やり直しおすすめ塾
┗ コスパもクオリティも最高「英文法オンライン動画講義

■スピーキング力を鍛える方法
┣ 絶対知っておきたい「おすすめ英会話10スクール
┣ たった2日で発話力を底上げする「英語ブートキャンプ
┣ アウトプット力をつける「瞬間英作文
┗ ビジネス英語に特化した「ビジネス瞬間英作文

■リスニング力を鍛える学習方法
┣ 英語の音をモノにする「シャドーイング
┣ 聴けない原因を探る「ディクテーション
┗ 英語の音を聞き取るカギ「発音の上達
■聞く力にテコ入れする「音声変化」
┣ 音声変化を学べる「おすすめアプリ
┗ アウトプットしながら学べる「おすすめ教材

■記憶に残る英単語の覚え方
スタディサプリ英単語の超効率的な覚え方
英単語の覚え方