ビジネス英語特化の瞬間英作文で話す力を鍛える3つの方法

「ビジネス英語特化の瞬間英作文で話す力を鍛える3つの方法」のアイキャッチ画像

このブログ限定!記事の下にお得な1000円分のクーポンコードを発行中!

海外の人と対等にビジネスをするために、普段の業務に役立つビジネス英語を話せるようになりたい。日常英会話ではなく、ビジネス英語に特化して「話す力」を伸ばすための学習方法をまとめていきます。

この記事を読んでほしい人

英語で言いたいことを瞬発的に言えるようになりたい

ビジネスに特化した英会話力を鍛えたい

英語での会議に参加して発言したい

英会話の応用力を鍛えたい

ビジネス英語ってそもそも何?

ビジネス上の契約とか交渉で使える英単語と英語表現を自在に使いこなすことです。

英語がいくら完璧に流暢に話せても、ビジネスに使う英単語などを知っていないとスムーズに会話ができません。(そもそもの仕事スキルも必須です)

さらにスピード感もものすごく大切です。高度で難しい英語表現をゆっくり話すのではなく、いかにシンプルで相手に伝えたいことを伝えられる英文を即座に組み立てられるかにかかってきます。

ビジネス英語とは?

ビジネスに必須の英語表現を瞬時に、自由自在に作れること

英語で言いたいことが言えない4つの原因

英語で説得するための英文を作れるようになろう!と言うだけならものすごく簡単ですが、そもそも自分の言いたいことが瞬間的に言えないのが問題なわけで。(言えれば英語で苦労しない…)

言いたいことが英語で瞬時に出てこない主な原因は以下の4つが考えられます。

(1) そもそも英語表現を難しく考えすぎている

いかに伝えたいことを簡単で伝わりやすい英語表現にするかが重要です。ビジネス英会話をものすごく難しく高度な技術だと考えている人って実はたくさんいます。

大切なのはシンプルさ。

僕の知り合いの果物屋の輸出入をやっている社長は、知っている英単語だけ並べて仕事を回してたりします。複雑であること=ビジネス英語は全く関係ないんです。

よくある原因その1

完璧主義で難しい単語や英文を作ろうとして挫折してしまう

(2) そもそも表現に必要な英単語を知らない

自分が言いたいことを表現するために最低限でも必要な英単語は850単語。英語を850語で使えるようにしよう ~ベーシック・イングリッシュを活用して~より)

英単語を記憶して自分のものにしていないのに、自分が言いたいことが言えるわけがありません。とにかく最低限でもいいので、まずは覚えることが大前提。語学は単語をいかに知っているかが勝負の分かれ目です。

よくある原因その2

ビジネスに必要な語彙力が不足している

(3) 英単語は知っているが瞬発的に使える状態にない

単語を「覚えている」ことと「使えること」は全く違います

相手から言われたことに対して瞬時に切り返して答えたい、頭の中では言いたいことが決まっているのになかなか英語が出てこないことってありませんか?

どんなに知識として頭の中にしまっていても、それを即座に引き出して使えないと意味がありません。瞬発的に使うためには、瞬発的に使うための練習をきちんと積む必要があります。

よくある原因その3

とっさの状況で英語が瞬時に口から出てくる状態にない

(4) 言いたいことを組み立てる応用力がない

ビジネスにおいて必要なのは知っている英単語をとっさに組み合わせて、言いたいことを組み立てる応用力。

「こう言いたいのに表現が出てこない!」っていう悔しい経験ありませんか?僕もめちゃくちゃ経験してて悔しいとき、あとで英単語とか調べ直してみると「なんだ案外シンプルに言えるんだ…」って思ったりしますよね。

この応用力そのものを鍛えずに、ただフレーズばかりを覚えているだけじゃ、いつまで経っても使いモノになりません。

よくある原因その4

シンプルな単語を応用して表現する力が足りない

ビジネス英語を話すために必要なこと

いかに使えるように鍛えていくか?はものすごく大切。ビジネス英語として押さえるべきポイントは3つ。

  • ビジネス英語に必要な基礎単語だけを厳選して覚える
  • 覚えた単語を瞬発的に使えるまで鍛える
  • 難しい表現をシンプルに言い換えて伝えられる応用力を鍛える

必要最低限の単語を「使える状態」にしておいて、あとは組み合わせを自由自在に変える応用力を徹底的に鍛えることが大切。

この2つを同時に鍛えられる瞬間英作文に特化したのがSpeaKing Bizです。

f:id:kei_ta1211:20180110000609p:plain

話す瞬発力と応用力をとにかく鍛えるために作られています。スマホ表示にも対応しているところも隙間時間に学習できるのでかなりおすすめ。

*このブログ限定のクーポンコードは記事の最後に載せています。

 

ビジネス英語の瞬間英作文で鍛えられる3つの力

この3つの力は絶対的に必要です。それぞれに分けて、詳しく説明していきます。

①あらゆる文を自在に組み立てる力

f:id:kei_ta1211:20180110004441p:plain

SpeaKingBizでは、ひとつの動詞をパズルのように組み合わせを変えて何通りも文章を作る応用力を鍛えられます。

例えばさっきも書きましたが、英会話表現の丸暗記をしたところで本当にドンピシャな場面なんてまずもってないです。丸暗記の記憶力頼みの英語の覚え方だけは絶対に避けたい、というか時間の無駄ですよね。

一つの英単語を使って英語を組み立てる力をつけることで、圧倒的に英会話のバリエーションを増やしていきます。

②圧倒的な練習量による発話力

f:id:kei_ta1211:20180110004735p:plain

わざわざネイティブと英会話しなくても一人で何百回と繰り返し練習したほうが確実に早く身につきます

使えるレベルまで身につけるためには、「瞬発的に組み立てられる」レベルまで持っていけるかどうかにかかっています。

SpeaKing Bizは同じ表現を応用して、何通りもの英語表現を練習することができます。

耳と口をひたすらに動かして英語表現を脳にどんどん染み込ませていきます。

③裏打ちされた厳選ビジネス単語力

f:id:kei_ta1211:20180110005352p:plain

SpeaKingBizではMBAの学位を持つ人がビジネス英語の基礎表現に必要な160単語だけを厳選してます。

たくさん覚えるのではなく、徹底的に絞りに絞った英単語だけを何度も繰り返すことで長期記憶に入れ込みやすくなります。そうすると自由自在に表現できる応用力がどんどん身についてきます。

ここまで紹介したSpeaKing Bizを使ってどんな感じで応用力を鍛えていくのか、詳しい使い方については別記事にまとめているので参考にしてみて下さい。

SpeaKing Bizはこんな人におすすめ

  • ビジネス英語の言い回しを集中して学びたい
  • 集中して必要な表現だけを確実に言えるようになりたい
  • ビジネス英語の「使える」基礎語彙を増やしたい
  • 会話表現の丸暗記ではなく自分で応用できる力を身につけたい

f:id:kei_ta1211:20180110005630j:plain

ビジネス英会話力を高めている人は今日の10分15分を瞬間英作文の時間に当てて、どんどん発話を増やしていってます。ビジネス英語を鍛えたい人は今すぐチャレンジしてみよう。

まずは無料トライアル !!

 

クーポンコードはこちら

STAY MINIMALブログ限定

申し込み時に入力すると合計1000円分のクーポンGET!!

クーポンコードはこちら

dtw9_uHnQSesvsm5plKdZQ

気になる人はぜひ使ってみてくださいね^^

 

以上、最後までお読みいただきありがとうございました。