半年でTOEIC800点取れた英語学習計画と上達にかけた時間

f:id:kei_ta1211:20170923010232j:plain

大学生のときに英語を学びたいと思って留学を決意。別記事の僕が英語を話せるようになるまでにやった勉強法と計画のすべてでも書いていた通り欲しいのは「話せる・聞ける英語力」だったけど、一つの目安としてTOEIC800点以上を一つの目標にしていた。

この記事ではより詳しくどういう風に計画を立てたか?と何にどのくらいの時間をかけたのかについてより詳しくまとめてみる。

学習期間と点数の推移

2008年 TOEIC495点

英語はどちらかと言えば得意科目。でも受験のときにやった英文法の知識はちょっと怪しい。リスニングがかなり苦手。英語上達完全マップで言うレベル2で、英検2級の賞状を壁に立てかけてた。

2009年1月 留学決意

ここで英語をやる目的ゲット(英検2級の賞状捨てて前に進むこと決める)

2009年5月 TOEIC805点

5ヶ月後に目標だった800に到達

全員に当てはまるわけではないと思うけど、基本は半年〜10ヶ月ほどで誰にでも劇的な効果が現れる。

↓ 勉強は継続中…

2017年8月 スタディサプリTOEIC開始

2017年11月  TOEIC845点 

2017年12月  TOEIC930点

英語学習計画を立てる&実行するまで

・英語上達完全マップとの出会い

・教材費は合計しても2万円以下だった

・1日に4時間は英語の勉強に費やす

・半年間で約700時間以上はやった

そもそもの原点は単純に大学での授業が面白くなかったから。このまま何となく卒業してしまうと本当に何も残らないかも…と思い、英語をもっと極めてみたいとアメリカへの留学を決意。

紀伊国屋に原付バイクで向かい、TOEIC参考書を開いて「こんなテストで果たして留学で役立つ英語が身につくのか?」と疑問に思いながら、ふと平積みされていた英語上達完全マップとの運命的な出会いを果たす。すごく懐かしい。

立ち読みで半分ほど読んで「反復学習で英語を身につける」ところに妙に納得した。

f:id:kei_ta1211:20170923022335p:plain

引用:http://mutuno.o.oo7.jp/05_training/05_training.html

その場で書いてある教材を片っ端から探していた。当時はアルバイトでそこまでお金はなかったものの買えそうなものは全て買うことにした。確か合計で14,000円くらいだったのを覚えている。

実際に購入した教材とどのくらいの時間を目安にしたかは以下の通り。

f:id:kei_ta1211:20170924224603j:plain

学生だったので自由時間がとにかく多かった。1日に4時間以上を英語に費やしていた。

特に力を入れたのが音読パッケージと瞬間英作文。この二つをメインにとにかく毎日やっていった。

瞬間英作文(1日1時間)

音読パッケージ(1日2時間)

精読

 

多読

 

ボキャビル

ボキャビルはDUO3.0を購入。でも単語帳をパラパラとめくるだけに飽きてきて最終的にはDUO3.0復習用に落ち着いた。当時やっていた単語を覚える方法は改めて一生使える英単語の覚え方と単語帳の選び方まとめ【保存版】の中でまとめているので確認してみてほしい。

30分だけ集中して100単語を目安に覚えていった。初めは30分で100単語終わらなかったけど復習を重ねるうちに30分で100単語を何周できるか?の挑戦になっていった。

見て分かる単語が増えると明らかに読むのが楽になる。ボキャビルの効果絶大。

 

リスニング

トレーニング中に発見したこと

恥ずかしいくらい低いレベルの教材から始める

人って面白くて長く生きているとちょっとしたプライドみたいなものが出来てくる。当時大学生だった僕は「今さら中学英語!?」と思った。その一切を捨てられるかが大切。

一度、自分の英語力をなかったことにして新しく始めるつもりくらいが一番いい。変なプライドがあったらこの毎日の反復は絶対続かなかったと思う。

悔いが残った発音とリスニング力

特に僕にとって悔いが残っているのはリスニング。それまでほぼ勉強は皆無で、流れてくる英語をあたふたしながら聴いていたのを覚えている。とにかくリスニングの苦手意識が強かった。

それを音読パッケージの中に丸め込んでいただけだった。いわゆる逃げていただけ。

だから留学先に行ってからも本当に苦労した。まず"n"の発音が伝わらないし正しく発音できなくて笑われたのを覚えている。

もっと早い段階からリスニングと発音は練習すべきだったと思う。

ディクテーションをもっと早く取り入れておくべきだった

効果リスニング力を上げるうえでもっともが効果が高かったのがディクテーション。

単純に聞き取った英語を細かく書き取る作業なんだけど、当時はこんな勉強法全く知らなかった。今はスタディサプリ ENGLISHでディクテーションをスマホでやれるのでかなりラク。

自分が聴こえている音とネイティブが実際にどういう音で発音しているのか?そのギャップを埋められる唯一の勉強法。取り入れてない人は絶対今すぐやっておくべき

やり込みと反復が一番の近道

・1冊のやり込み度が英語力を決める

とにかく半年間がむしゃらにやってみて出た結論がコレだった。教材の中の英文を何百回も繰り返して自分のモノにしていく方がはるかに効率もいいし効果も絶大だということが分かった。

つまり、英語教材に無駄に高額な金額を払う必要はないってこと。1冊の中に出てくる英文を一つ一つ完璧に音読できるようにすることが大切であって、発音・抑揚など全てが学べる。今、目の前に持っている教材を文字通り100回繰り返して100%仕上げたことありますか?という質問が一番大事。

半年経ってTOEIC800取った後の変化

TOEIC800点を取れた時に変わった変化は「音読に慣れたこと」だった。これ重要で英語そのものを口に出すことに全くの抵抗を感じなくなったと言っていい。

それでも800であっても「英語ってなんかまだよく分かんないなぁ」と思った。まだまだ先は長いと感じたし、これから英語を使う入り口に入った気分だった。

英語力の指標としてTOEICの点数をさらに上げるべく英語学習を再開

海外旅行にも行って改めて自分の英語力を伸ばしたいなと思ったので学習を再開。

ただ無目的に学習しても絶対に継続できない性格なので、目標の指標として再びTOEICの点数を取ることにした。

なるべく短期間で、かつ独学で英語力を上げるために利用したのがスタディサプリ ENGLISHのTOEIC対策。

f:id:kei_ta1211:20170816235601j:plain

ダラダラとやっても効率が悪いので、学習期間、英語に毎日どのくらいの時間をかけるか?、どうやって学習するかをなるべく戦略的に考えました。

実践的に問題を解きつつ理解した英語を音読・シャドーイングで定着させていく方法がぴったりだったので僕なりの学習方法をまとめておきます。

スタディサプリを使った学習計画の組み立て

目標は以下の通り設定しました。

  • 1日2時間 x 30日 = 60時間
  • 英単語は1日300単語
  • 学習中の音読回数を増やす
  • 実践問題に取り組む

英単語を超高速でインプットする

スタディサプリでは1日100単語の学習が推奨されています。

でもそのペースでのらりくらりと進みたくはないですし、TOEIC600は超えているので瞬発的かつ超時短で1日に詰め込みます。

具体的には1日300単語を高速で回していくことにしました。1単語にかける時間を本当に3秒以内にします。5日で1500単語が終わり、30日で6周できるのでスタディサプリが提案する1ヶ月に6回目にするをクリアできます

このくらいのペースでガンガンこなしていきました。

英単語の一番の落とし穴があります。それは「自分でも発音できないと意味がない」ということです。

見て分かると同時に聴いて分かる単語を増やす必要があります。なので、英単語の画面で発音が流れたらすぐに自分も発音します。そうすれば同じ300単語でも一手間でほかの人の2倍学べます。

実践問題に的を絞る

TOEIC対策だと思うと少し視点がズレちゃいます。TOEICはあくまでも指標であって、「瞬発的に英語を理解できるかどうかを測るテストなんだ」、と思えばと取り組み方がぜんぜん違ってきます。

とにかく実践問題に的を絞ります。

 

ポイントは問題を解きながら、同時に音読を必ずすること。英単語でも英文でも出てきたら絶対に自分の口で発音するようにしました。そうすれば同じ時間でも学びは確実に2倍以上になります。

動画1.5倍速で英文法を時短学習

スタディサプリ ENGLISHの一番の目玉だと言える動画講義。英語の予備校講師として絶大な支持を受けている関先生の英文法授業が簡潔でめちゃ分かりやすいです。

正直、これが一番使ってよかったと思います。

「TOEIC800近くあるし英文法は全然大丈夫やろ」と甘く見てたんですが、

「なるほどね、ネイティブってそうやって英語を使ってるんやな…」といつしかハマりこんで気づけばほぼ全動画を観ている自分がいました。

f:id:kei_ta1211:20170816234154j:plain

英語の学び直しとしてはこれ以上ないコスパの高い中身になっている。

ただ、なるべく時間をかけたくはなかったので動画速度は全て1.5倍速で再生しました。

1.5倍速ってついていけるかな?と思うかもしれませんが、集中してないとついていけません。つまり、集中して聴くためにあえて1.5倍速で流します。

もちろん2倍速でやれるなら絶対そっちの方がいいに決まってますが、聞き取れなくて巻き戻す可能性があるのなら確実に巻き戻さないと決めた1.5倍速のほうが確実に集中できる

 

スタディサプリENGLISHは独学のための英語学習ツールとしてはコスパも中身もかなり優秀。

手軽に、集中して独学で英語力を上げるならスタディサプリが一番おすすめです。

  

という訳で、最後までお読み頂きありがとうございました。

STAY MINIMAL英語ガイドマップ

戦略的ミニマル英語学習法
◆ブログ管理人の独学英語勉強法
留学で味わった英語が全く聴けない悔しさを克服したリスニング上達
英語勉強法と計画のすべて
◆英語の基礎基本レベルとしてのTOEIC800点
TOEICっている?なぜ800点なのか?
┗ 英語って何から始めたらいいか分からない人はまずこの記事から
*英語の基礎基本レベルとしてまずは800点を目指すことから

最短かつ具体的なTOEIC800英語学習戦略
■ミニマル英語学習の計画を立てよう
英語学習のヒント65
■英語の3つの勉強法
◆管理人の独学の勉強法(時間と根気ある人向け)
英語が話せるようになるまでの勉強法と計画のすべて
◆教材が全て揃ったスタディサプリ勉強法
コスパ最高のスタディサプリENGLISHをフル活用する
◆英語パーソナルジム
英会話学校なんかより100倍いい英語パーソナルジム
なぜ英語パーソナルジムがおすすめなのか?
┣ 最短、実績、効果を出す「 ENGLISH COMPANY」の魅力
┗ 英語パーソナルジムの「実績ってどうなの?

◆英語学習に役立った参考書まとめ
┗ 英語の基礎基本を学べる「11冊

話す力をつける学習方法
┣ アウトプット力をつける「瞬間英作文
┗ ビジネス英語に特化した「ビジネス瞬間英作文

英語を聞く力をつける学習方法
◆具体的なリスニング力の上げ方
┣ 英語の音をモノにする「シャドーイング
┣ 聴けない原因を探る「ディクテーション
┗ 英語の音を聞き取れる「発音の上達
◆聞く力にテコ入れする「音声変化」
┣ 音声変化を学べる「おすすめアプリ
┗ アウトプットしながら学べる「おすすめ教材

絶対的な語彙力を身につける覚え方まとめ
スタディサプリ英単語の超効率的な覚え方
英単語の覚え方

◆英語の記事をもっと読みたい人
このブログの英語記事一覧はこちら