STAY MINIMAL

英語が聞き取れない原因からリスニング上達までの勉強方法を具体的に説明する

英語が聞き取れない理由ってなんだろう?

f:id:kei_ta1211:20160329231347j:plain

僕自身、中学時代の頃はかなり英語が苦手だった。

だから最初から英語が出来てたわけじゃなくて、努力して頑張って英語を身につけていったタイプ。その中でも僕がもっとも苦手意識が強かったものリスニングだ。

英語の聞き取りってめちゃくちゃ早いスピードで喋られるし、一瞬の単語を逃したり、あれ?なんか聞いたことあるけど意味なんだっけとか考えてるあいだに聞き逃す。最悪。無理ゲーだ、ってずっと思ってた。

何を言っているのか全く理解できない。それはコミュニケーションの大きな壁を意味する。そもそも聞き取れないと会話さえできないし、興味だって湧かない。

だからこそ、なぜ英語が聞き取れないのか?という疑問は常に持っていた。

その理屈を知りたい。そう思ってたとき、大学時代のある授業がヒントになった。

大学時代の授業から得たヒントは「発音」の違い

大学時代に言語学の発音を専門にしている先生がいた。その先生の授業は面白くて毎回新しい発見があった。

そんな先生がある授業で日本の英語について語り始めた。

f:id:kei_ta1211:20160330004800j:plain

ローンチ、コンビニ、ホールディングス、トレーニングウエア・・・

「新聞や雑誌を読んでみると、カタカナ英語がたくさん見つかるでしょう。じゃあこれを"英語"で発音し直してみて。正しく発音できる?」

一通りみんなが発音していく中、ある帰国子女の女の子がスラスラと発音した。

 

launch, convinent store, holdings, training wear

 

おお!今まで発音してきたのと全然聞こえ方が違う。帰国子女はさすがやなぁ。

すると、先生が説明を始めた。

「人の発音によって聞こえ方が違っていたと思う。なんで違うんだと思う?それは英語の音がきちんと聞き取れているか、発音できているかの違いなんです。」

先生曰く、自分の中できちんと英語の音を英語として認識しているかどうか?が重要とのこと。

自分の耳で聞き取れる音は同時に自分の口で発音できる音でもある。その音に対する理解をきちんとする必要がある。なるほど、って思った。そして単純に僕が英語を聞き取れない理由が分かった。

英語の音をまず知らないし発音の仕方も知らなかったからだった。

空耳は日本語の音への置き換え

タモリの空耳アワー、一度は見たことがあるだろう。

英語を聞いているのにあるフレーズだけ日本語に聞こえてしまう現象。これは少なからずテロップの影響もあるのだが、そもそも英語を日本語の音に置き換えて理解しようとしてしまうのが大きな原因の一つだ。


空耳アワードグランプリ 2006 - 2016

聞いている音が理解できない場合、その音をなんとか理解しようと脳がこれまで聞いてきた音から似ている音を探す。それを自分の言語に置き換えようとする。(この場合は日本語)

そうすると脳が勝手に聞いた英語を日本語の音として認識してしまう。

これは英語に限らずどんな言語に対しても同じ結果になってしまう。(逆に、英語しか話さない人が日本語を聞いた場合、無意識に日本語の音から英語に近いものを探して理解しようとする。)

例えば、図でまとめるとこんな感じだ。

f:id:kei_ta1211:20160330003932j:plain

つまり、英語が聞き取れない状態は大きく分けて3つある。

  • 英語の音そのものを知らない、聞き慣れていない
  • 分からない英語の音を日本語の音に置き換えてしまう
  • 英語の音は分かっているけど意味をイメージできていない

ではこれらの問題に対してどのように対処すれば英語が聞き取れるようになるのだろうか。一つずつ噛み砕いていってみることにしよう。

どうすれば英語が聞き取れるようになるか

f:id:kei_ta1211:20160330010120j:plain

英語がそもそも聞き取れるようにするための解決策は2つある。

  • 英単語の発音をきちんと理解する
  • 英語の音声変化に慣れる

言われて見ると単純だけど、これが意外と難しい。

単純に「聞き流すだけ」では英語を聴けるようにはならない。そんな楽な方法が通じるのはあくまでも耳が発達している幼少期だけと思っておいたほうがいい。

この2つを一気に解決するための一番の方法はディクテーションだ。

もちろん単語をまずは大量に覚えるのも必須だけど、聞く力を伸ばすためにはディクテーションが驚くほど効果が高い。

ディクテーションが簡単に出来る英語アプリ

ディクテーションは単純に聞こえた音を書き取っていくだけのシンプルなやり方だけど、音源や答え合わせとなるとなかなか手間がかかる。

僕がおすすめするのはスタディサプリ ENGLISH の日常英会話コースの中にあるディクテーション機能。これがかなり使い勝手がいい。

f:id:kei_ta1211:20170905021842j:plain

こんな感じで聞いた音をスマホで打ち込んでいく。ディクテーションは会話の中でネイティブがどういう風に発音しているかが理解できるようになるし、正しい発音の仕方も学べるのでリスニングの学習にかなり効果がある。

f:id:kei_ta1211:20170905022227j:plain

自分のレベルに合った英語をディクテーションできるし、このスタディサプリ ENGLISHでは約16,000字の書き取りができるので十分すぎる量をこなすことができる。

ただ聞くだけじゃリスニング力は伸びない。聞こえた発音にフォーカスしてどんな音に聞こえているのかを客観的に確認するためにもディクテーションは絶対にやった方がいい。

 

発音の仕方を体系的に学ぶ

発音の仕方そのものが分からない場合もあるので、発音音声変化というものを学ぶためにも本を読んでみよう。読み込んで独学できるのであれば「英語舌のつくり方」が一番いい。シンプルで難しくなく、かなり分かりやすくまとめられている。発音そのものに全く自信がない人はぜひ手に取ってみてほしい。

 

英語の意味をイメージできていないなら

そもそもの英語の基礎でつまづく場合は単純明快。英語の能力不足だ。

  • 単語力の不足
  • 文法力の不足

単語・文法は参考書などで地道な勉強が必要になる。

とはいえじっくりと勉強する時間は学生でもない限り確保することは難しい。英文法については以下の方法が個人的にベストだと思っている。

独学での英文法やり直しに「受け身学習法」がベストな3つの理由

聞き取る以前に英語のルールをしっかりと把握しておかないと、音だけに反応して理解度が全くついていかない。これは非常にマズい。

英単語は地道に覚えていくしかない。覚えるべき単語が凝縮されているのはDUOが一番おすすめ。

英単語を語源から覚えてイメージをつけていくことも大切だ。

 

まずは量をこなして英単語・英文法の理解度を深めて基礎力をつけていこう。

万能薬的な英語の勉強方法は「音読」

過去のまとめ記事でも紹介させて頂いたが最強かつミニマルな英語勉強法は「音読」に行き着く。

keita-itten-project.hatenablog.com

このブログを通じて今後も伝えていきたいのは、英語を勉強する上で「音読」が全ての鍵を握っている。

口から出した自分の声は自分の耳に聞かせる行為でもある。これによって英語の音を徐々に自分に覚えさせていくことができる。

ここで必要になるのが生の英語音源。何度も紹介させて頂いている素晴らしい英単語帳であるDUO 3.0を買う場合、DUO 3.0 / CD復習用というCDを必ず同時に購入しておきたい。この教材以外でも必ずCD付きでネイティブ外国人が発音しているものを購入することをお勧めする。

自分の中に落とし込める英語の数を増やしていくこと。それは過去の記事でも紹介しているが「何度も繰り返し音読し、自分の血肉にしていく」ことが大切だ。

 

まとめ ーリスニング上達に向けてー

リスニングは沢山英語のシャワーを聴いておけばいいわけではない。英語の発音をすべて理解して聴き込むのであれば効果はもちろんあるだろう。でも、ただ漠然と聞き流しているだけでは効果なし。きちんと英語の音を認識させるためにディクテーションをまずは有効活用していこう。

自分なりの教材があればその教材を使って行なってもいいし、先ほど紹介したスタディサプリ ENGLISHのディクテーション機能を大いに活用してもいいだろう。

 

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。 


過去記事

英語初心者でも分かりやすい参考書をまとめています。英語の基礎は確実につけておこう。

英語初心者が英語の基礎基本をきっちり学べるおすすめ本11冊


過去記事

地道なコツコツ型の英語学習法を総まとめ。理想と現実をしっかり把握して英語と向き合うための方法を書いています。

僕が英語を話せるようになるまでにやった勉強法と計画のすべて